理想の就活/転職のための
自己分析サイト

受付適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今受付の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい受付に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの受付適性診断結果

あなたの適性度は56%で、受付の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。受付を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

受付に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.第一印象が良い
2.清潔感がある
3.姿勢が良い
4.自然な笑顔を作れる
5.マナーを守って礼儀正しく振る舞える
6.記憶力に自信がある
7.機転が利いて臨機応変に対応できる
8.会社の非を自分の非のように感じられる
9.聞き上手
10.とにかく人と接することが好き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 第一印象が良い 』

あまり兼ね備えていない

受付は、その会社に訪れた人が一番最初に立ち寄る場所です。企業の顔ともいえる大事な入口なので、ここで悪い印象を持たれてしまうと、その印象を後々までずっと引きずられることにもなりかねません。よって、見た目の第一印象が良い人が、受付に向いているといえます。これは、必ずしも美人でなければならないということではありません。周囲にキツイ印象を与えそうな人が受付にいると、用事があって会社に訪れた人でも、足がすくんで声かけをためらうことにもなりかねないのです。気軽に話しかけられる雰囲気を放っている人の方が、受付に向いているといえます。

『 清潔感がある 』

あまり兼ね備えていない

仕事以前に人として生きていく上で大切な清潔感ですが、受付という仕事には特に大事な要素です。受付のイメージは、その会社のイメージにもつながります。受付に清潔感のない人がいれば、その会社の全社員が清潔感がないと思われることにもなりかねません。時と場合によっては、大事な取引の成立に、大きな影響を与えることにもなるでしょう。髪型や髪の色、化粧などの物理的な清潔感のほかに、立ち振る舞い方などでも良い印象を与えることが必要です。

『 姿勢が良い 』

そこそこ兼ね備えている

見落としがちになりそうな大事な要素として、姿勢の正しさがあります。これまで様々な場所で見てきた受付の人を思い出しても、背筋がピンと伸びている人が多かったことが分かるでしょう。丸まった背中からは覇気のなさが感じられ、やる気のない会社だと思われてしまうかもしれません。姿勢の正しい人が受付にいると、常に前進を目指す向上心のある会社という印象を与えることができます。

『 自然な笑顔を作れる 』

だいぶ兼ね備えている

笑顔は人を幸せな気分にさせるための大事なツールですが、自然に作れることがポイントです。ぎこちない笑顔は相手に緊張感を与えてしまい、警戒心を抱かせることにもなりかねません。あくまで自然に作った笑顔で、相手の緊張感をほぐす働きを担うことが大事な要素になります。

『 マナーを守って礼儀正しく振る舞える 』

十分に兼ね備えている

ビジネスで必須のマナーは、受付においても例外ではありません。敬語を流暢に話すことはもちろん、二重敬語などにも注意する必要があります。また、言葉遣い以上に意識しなければならないのが態度です。ある法則によると、話の内容を判断する要素の半分以上は、視覚からの情報というデータも出ています。つまり、同じ内容の話をしても、態度によって、相手に与える印象が大きく変わってしまうのです。言葉遣いだけでなく、相手に良い印象を与えられる態度も受付に必要なスキルだといえます。

スポンサーリンク

『 記憶力に自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

意外に思うかもしれませんが、記憶力の良さも受付として働くうえで有利になる要素です。部署を言わずに社員の名前だけで尋ねられても、どの部署にいるかを把握していれば、時間短縮にもなります。相手にも、余計なストレスを与えずに済むでしょう。また、以前に自分がその会社を訪れたことを受付に覚えてもらえているのも、その会社に対して良いイメージを持つきっかけになることがあります。和やかな雰囲気で商談がすすみ、大きな利益を生み出すことにもつながるでしょう。

『 機転が利いて臨機応変に対応できる 』

そこそこ兼ね備えている

マニュアルを覚えることは大事ですが、すべてマニュアル通りに働けばよいというわけにはいかないのが受付です。時には、とんでもない注文をつけてくる人もいるかもしれません。しかし、そういう時ほど、柔軟な対応が求められます。0か100かという2択だけではなく、融通の利いた折衷案を瞬時に思いつける人が受付に向いている人なのです。

『 会社の非を自分の非のように感じられる 』

だいぶ兼ね備えている

受付で他の部署の非をとがめられると、自分には関係ないと思いたくなるかもしれません。しかし、そのような態度は必ず表面に出てしまい、火に油を注ぐという結果にもなってしまいます。部署は違っても、相手にとっては受付も同じ会社の人間です。他の部署の責任でも会社全体の責任だと真摯に受け止める姿勢が求められます。

『 聞き上手 』

そこそこ兼ね備えている

何かを聞かれることが多い職種なので、聞き上手であることは大事です。また、しっかりと聞くだけではなく、しっかりと聞いているという態度を相手に示すことも大事だといえます。あまり真剣に聞いていないのではないかという印象を持たれてしまうと、信頼を損なうことにもなりかねません。じっと相手の目を見つめながら聞き、適度に相づちを打てることも受付に必要なスキルの1つです。

『 とにかく人と接することが好き 』

あまり兼ね備えていない

これまでの人生の中で、接客の仕事が楽しかったという人は受付に向いているかもしれません。毎日不特定多数の人との意思疎通が必要な受付には、高度なコミュニケーションスキルが求められます。人前で話すのが苦手という人には、おススメできません。これまでに接客業で楽しんでこられた人は、受付でも楽しめることが予想できます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの受付適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る