理想の就活/転職のための
自己分析サイト

不動産デベロッパーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今不動産デベロッパーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい不動産デベロッパーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

不動産デベロッパーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの不動産デベロッパー適性診断結果

あなたの適性度は31%で、今の時点では不動産デベロッパーの仕事に向いているとは言えないようです。不動産デベロッパーを目指したい場合は、まず診断結果の詳細を読み込んで必要な資質を理解するようにしましょう。自分に足りない部分がわかったら、あとは一つづつ克服していけるよう努力あるのみです。

不動産デベロッパーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.チームワーク意識を高く持てる
2.コミュニケーション能力が高い
3.責任感が強い
4.街作りに携わりたい気持ちが強い
5.リーダーシップがとれる
6.柔軟な対応力がある
7.マネジメント能力が高い
8.学ぶ意欲が高い
9.街の価値向上に興味がある
10.チャレンジ精神がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 チームワーク意識を高く持てる 』

そこそこ兼ね備えている

不動産デベロッパーは社内の人たちだけでなく、土地のオーナーや建設会社など社外の人とも関わりを持ちながら仕事を進めていきます。多くの人と連携をとりながら不動産開発のプロジェクトを進めていく必要があるため、チームワーク意識が求められます。考え方が違う人たちと仕事をすることもあるため、自分のことだけでなく周りのことも考えて、お互いに支え合いながら仕事に取り組むことが大切です。そのため、人と協力しながらチーム一丸となって努力をすることに魅力を感じる人は向いているでしょう。

『 コミュニケーション能力が高い 』

兼ね備えていない

社内外問わず、様々な人と関わる機会が多い不動産デベロッパーは高いコミュニケーション能力が求められます。不動産デベロッパーは様々な業務を担当しますが、その中で特に土地の調査や仕入れの際にコミュニケーション能力が発揮されます。年齢や考え方が違う人と情報交換をしたり、土地の交渉を行なうため、幅広い年齢の人と関わる機会が多くあります。円滑なコミュニケーションがとれないとプロジェクトを上手く進めることができないため、高いコミュニケーション能力が求められます。

『 責任感が強い 』

そこそこ兼ね備えている

建設会社や企業、土地のオーナーなど様々な人と関わりをもつ不動産デベロッパー。多くの人と連携をとりながらプロジェクトを進めるためには、プロジェクトを最後までやりきるという強い責任をもって仕事に取り組む姿勢が重要です。経験を積むことでプロジェクトのリーダーを任されることもあるため、責任感のない人には向いていないでしょう。

『 街作りに携わりたい気持ちが強い 』

そこそこ兼ね備えている

プロジェクトを上手く進めるだけでなく、街の方向性を決めることも不動産デベロッパーの仕事の1つです。プロジェクトが成功することで、その街に住む人の生活が変わったり、地域活性化につながることがあります。不動産デベロッパーは地図に残る仕事を通して、街づくりに携わる大きなやりがいを感じることができます。そのため、カタチに残る街づくりに携わりたい気持ちが強い人に向いているでしょう。

『 リーダーシップがとれる 』

あまり兼ね備えていない

不動産デベロッパーは多くの人と連携をとりながらプロジェクトを進めていきますが、その中でリーダーシップを発揮することが重要です。プロジェクトが問題なく進んでいるのか、建設会社や設計士など関わる人たちと連絡をとりながら状況を把握して、管理していく必要があります。そのため、社内の従業員だけでなく、関わる全ての人たちへ気配りをしながら牽引していきます。プロジェクト成功までの道を描き見せながら、チーム一人ひとりの能力を引き出せる環境をつくるために、高いリーダーシップ能力が求められます。

スポンサーリンク

『 柔軟な対応力がある 』

兼ね備えていない

不動産デベロッパーの仕事は一筋縄ではいかないことが多くあります。考えたプランに対して納得してもらえないことが続いたり、プロジェクトの方向性が急に変わったり、計画通りに進めることができない場合もあります。そのため、状況を把握して臨機応変に対応する姿勢が求められます。また、大規模なプロジェクトの場合は長期間に及ぶため、トラブルが発生しても冷静に対応し続ける忍耐力が必要です。

『 マネジメント能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

不動産開発には多額のお金と多くの人の協力が必要になります。そのため、不動産デベロッパーは予算やスケジュールなどのマネジメント能力が求められます。プロジェクトを上手く進めるための人材配置や工程管理も行なうため、様々な視点から物事を考え行動する必要があります。全体像を把握しながら、チームを動かすことのできるマネジメント能力がある人は向いているでしょう。

『 学ぶ意欲が高い 』

兼ね備えていない

不動産デベロッパーの主な仕事は土地開発ですが、その他に不動産売買や賃貸仲介などの仕事も担当します。そのため、不動産デベロッパーになるには、国家資格である宅地建物取引士の資格が必要です。また、業務範囲が広いためそれに合わせた知識を学ぶ必要があります。成果をだすためには日々の仕事をこなすだけでなく、不動産に関する知識を学び続ける姿勢が求められるため、学ぶ意欲が高い人は向いているでしょう。

『 街の価値向上に興味がある 』

そこそこ兼ね備えている

不動産デベロッパーは基本的に土地の取得から建設までを担当します。しかし、街づくりは土地開発が完了すれば終わりではありません。その街に住む人たちが安全に豊かな生活ができるように管理をする必要があります。そのため、不動産デベロッパーはプロジェクトが終わったあとも建物のメンテナンスなど、長い時間をかけて街づくりに関わります。長期的に街づくりに携わることができるため、街の価値を高めることに興味がある人は向いているでしょう。

『 チャレンジ精神がある 』

あまり兼ね備えていない

不動産デベロッパーは多くの人と関わる仕事のため、自分1人で仕事を進めることはできません。関わる人の状況によって対応が変わることもあります。自分で考えた企画に対して納得してもらえなかった場合はもう一度考え直すなど、前向きに努力し続ける姿勢が大切です。そのため、一度失敗してしまっても、反省点を活かしてチャレンジし続ける精神がある人は向いているでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの不動産デベロッパー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • 不動産デベロッパーに向いているか向いていないか
  • 不動産デベロッパーの職業適性度
  • 不動産デベロッパーに必要な10の資質
  • 解説で不動産デベロッパーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る