理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

不動産デベロッパーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今不動産デベロッパーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい不動産デベロッパーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

不動産デベロッパーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの不動産デベロッパー適性診断結果

あなたの適性度は69%で、不動産デベロッパーの仕事に向いているようです。不動産デベロッパーの仕事内容、年収、やりがいなどを調べて、あなたの希望に合うかどうかチェックしてみましょう。もし希望に沿うようであれば、具体的に動き出すことをオススメします。

不動産デベロッパーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.チームワーク意識を高く持てる
2.コミュニケーション能力が高い
3.責任感が強い
4.街作りに携わりたい気持ちが強い
5.リーダーシップがとれる
6.柔軟な対応力がある
7.マネジメント能力が高い
8.学ぶ意欲が高い
9.街の価値向上に興味がある
10.チャレンジ精神がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
不動産デベロッパー適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 チームワーク意識を高く持てる 』

十分に兼ね備えている

不動産デベロッパーは社内の人たちだけでなく、土地のオーナーや建設会社など社外の人とも関わりを持ちながら仕事を進めていきます。多くの人と連携をとりながら不動産開発のプロジェクトを進めていく必要があるため、チームワーク意識が求められます。考え方が違う人たちと仕事をすることもあるため、自分のことだけでなく周りのことも考えて、お互いに支え合いながら仕事に取り組むことが大切です。そのため、人と協力しながらチーム一丸となって努力をすることに魅力を感じる人は向いているでしょう。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

社内外問わず、様々な人と関わる機会が多い不動産デベロッパーは高いコミュニケーション能力が求められます。不動産デベロッパーは様々な業務を担当しますが、その中で特に土地の調査や仕入れの際にコミュニケーション能力が発揮されます。年齢や考え方が違う人と情報交換をしたり、土地の交渉を行なうため、幅広い年齢の人と関わる機会が多くあります。円滑なコミュニケーションがとれないとプロジェクトを上手く進めることができないため、高いコミュニケーション能力が求められます。

『 責任感が強い 』

そこそこ兼ね備えている

建設会社や企業、土地のオーナーなど様々な人と関わりをもつ不動産デベロッパー。多くの人と連携をとりながらプロジェクトを進めるためには、プロジェクトを最後までやりきるという強い責任をもって仕事に取り組む姿勢が重要です。経験を積むことでプロジェクトのリーダーを任されることもあるため、責任感のない人には向いていないでしょう。

『 街作りに携わりたい気持ちが強い 』

だいぶ兼ね備えている

プロジェクトを上手く進めるだけでなく、街の方向性を決めることも不動産デベロッパーの仕事の1つです。プロジェクトが成功することで、その街に住む人の生活が変わったり、地域活性化につながることがあります。不動産デベロッパーは地図に残る仕事を通して、街づくりに携わる大きなやりがいを感じることができます。そのため、カタチに残る街づくりに携わりたい気持ちが強い人に向いているでしょう。

『 リーダーシップがとれる 』

兼ね備えていない

不動産デベロッパーは多くの人と連携をとりながらプロジェクトを進めていきますが、その中でリーダーシップを発揮することが重要です。プロジェクトが問題なく進んでいるのか、建設会社や設計士など関わる人たちと連絡をとりながら状況を把握して、管理していく必要があります。そのため、社内の従業員だけでなく、関わる全ての人たちへ気配りをしながら牽引していきます。プロジェクト成功までの道を描き見せながら、チーム一人ひとりの能力を引き出せる環境をつくるために、高いリーダーシップ能力が求められます。

スポンサーリンク

『 柔軟な対応力がある 』

だいぶ兼ね備えている

不動産デベロッパーの仕事は一筋縄ではいかないことが多くあります。考えたプランに対して納得してもらえないことが続いたり、プロジェクトの方向性が急に変わったり、計画通りに進めることができない場合もあります。そのため、状況を把握して臨機応変に対応する姿勢が求められます。また、大規模なプロジェクトの場合は長期間に及ぶため、トラブルが発生しても冷静に対応し続ける忍耐力が必要です。

『 マネジメント能力が高い 』

十分に兼ね備えている

不動産開発には多額のお金と多くの人の協力が必要になります。そのため、不動産デベロッパーは予算やスケジュールなどのマネジメント能力が求められます。プロジェクトを上手く進めるための人材配置や工程管理も行なうため、様々な視点から物事を考え行動する必要があります。全体像を把握しながら、チームを動かすことのできるマネジメント能力がある人は向いているでしょう。

『 学ぶ意欲が高い 』

十分に兼ね備えている

不動産デベロッパーの主な仕事は土地開発ですが、その他に不動産売買や賃貸仲介などの仕事も担当します。そのため、不動産デベロッパーになるには、国家資格である宅地建物取引士の資格が必要です。また、業務範囲が広いためそれに合わせた知識を学ぶ必要があります。成果をだすためには日々の仕事をこなすだけでなく、不動産に関する知識を学び続ける姿勢が求められるため、学ぶ意欲が高い人は向いているでしょう。

『 街の価値向上に興味がある 』

そこそこ兼ね備えている

不動産デベロッパーは基本的に土地の取得から建設までを担当します。しかし、街づくりは土地開発が完了すれば終わりではありません。その街に住む人たちが安全に豊かな生活ができるように管理をする必要があります。そのため、不動産デベロッパーはプロジェクトが終わったあとも建物のメンテナンスなど、長い時間をかけて街づくりに関わります。長期的に街づくりに携わることができるため、街の価値を高めることに興味がある人は向いているでしょう。

『 チャレンジ精神がある 』

十分に兼ね備えている

不動産デベロッパーは多くの人と関わる仕事のため、自分1人で仕事を進めることはできません。関わる人の状況によって対応が変わることもあります。自分で考えた企画に対して納得してもらえなかった場合はもう一度考え直すなど、前向きに努力し続ける姿勢が大切です。そのため、一度失敗してしまっても、反省点を活かしてチャレンジし続ける精神がある人は向いているでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの不動産デベロッパー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
不動産デベロッパー適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 不動産デベロッパーに向いているか向いていないか
  • 不動産デベロッパーの職業適性度
  • 不動産デベロッパーに必要な10の資質
  • 解説で不動産デベロッパーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

不動産デベロッパーとは?

不動産ディベロッパーというのは、その名の通り、街作りを行ったり、不動産建設の開発や企画、販売などを手掛ける仕事です。

土地の仕入れから、そこに建てる建物の配置、それぞれの外観のデザインや設計、建設、運営管理など、その業務範囲は非常に多岐にわたります。

場合によっては、自治体から都市開発についての相談を受けることもあるでしょう。

街そのもののイメージを大きく左右するだけに、大きな責任を伴う仕事ですが、その分やりがいも大きいと言えます。

地図に残る仕事を手掛けてみたいと考えている方にとっては、おすすめの仕事です。

不動産デベロッパーになるには?

不動産ディベロッパーとして仕事をするために、必ずなくてはならないという資格はありません。

ただし、不動産に関する仕事だけに、持っておいた方がよい資格はいくつかあります。

例えば、土地の売買に従事したいということであれば、難易度は高いものの不動産鑑定士や測量士の資格を持っておくに越したことはありません。

それ以外に、建物の設計に関する仕事をしたいという場合は、建築士資格を備えておいた方がよいでしょう。

他にも、土地家屋調査士や管理業務主任者、司法書士、行政書士なども不動産ディベロッパーとして働く上で持っておいて損はありません。

不動産デベロッパーの給料・年収

不動産ディベロッパーの年収は、勤務先の報酬体系によって変わってきます。

統一的なデータが示されているわけではありませんが、ある求人サイトによると、大手の不動産開発会社の中には社員の平均年収が1000万円を超えているようなところも少なくありません。

もっとも、基本的には経験が高くなるほど収入が増えていく傾向がある職種だけに、新人の頃から年収がその水準に達するケースはあまりないでしょう。

駆け出しのころは400万円から500万円の年収しか得られなくても、経験とともに1000万円以上の収入を見込めるというのが不動産ディベロッパーの魅力の一つです。

不動産デベロッパーの就職・転職先(求人)

不動産ディベロッパーの主な就職先は、各地にある不動産開発会社です。

大手以外に中小の会社もあるので、まずはそういったところで経験を積んだ上で、ある程度実力が身に付いたところで全国展開をしているような大手へとキャリアアップするというのもよいかもしれません。

また、それ以外に、仕事の幅は限られてくるものの、建築会社や工務店などに就職して街づくりの一端を担うという選択肢もあります。

街づくりのニーズは将来的にも無くなることはなく、むしろ今後ますますその必要性は高まる可能性もあるため、不動産ディベロッパーは将来有望な仕事の一つであると言えるでしょう。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0