理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

診療放射線技師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今診療放射線技師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい診療放射線技師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

診療放射線技師に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの診療放射線技師適性診断結果

あなたの適性度は62%で、診療放射線技師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。診療放射線技師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

診療放射線技師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.向上心がある
2.コミュニケーション能力がある
3.根気強い
4.丁寧かつ慎重な人柄
5.責任感がある
6.強い精神力を持つ
7.物理が好き
8.機械やコンピューターに強い
9.細かい異変に気付ける高い洞察力
10.協調性がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
診療放射線技師適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 向上心がある 』

だいぶ兼ね備えている

診療放射線技師の仕事は、知識や技術を駆使して、直接見ることのできない体の内部を撮影し、病気を発見するためのサポート・治療を行う仕事です。撮影はボタンを押すだけだと思いがちですが、わかりやすく映し出すためには技術が必要になります。また、医療に関する知識やコンピュータ技術は日々進歩しています。そのため診療放射線技師は、常に向上心を持ち経験を積みながら技術を磨いたり、進歩に対応していくためにも柔軟な姿勢で新しい知識を取り入れていくことが必要不可欠になります。

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

診療放射線技師は、患者と接する機会も多くなります。患者さんのほとんどは病気や治療・検査に対する不安を抱えており、不安を解消してリラックスさせることも診療放射線技師の大切な仕事になります。そのためには、丁寧で安心できる説明はもちろん、コミュニケーションを取ることも重要になります。小さなサインを見逃すことなく、患者さんの気持ちに寄り添いながら思いやりを持ってコミュニケーションを取ることで、患者さんも安心して検査や治療等に専念することができます。

『 根気強い 』

十分に兼ね備えている

診療放射線技師は、病気の早期発見に繋がる重要な役割を持っています。撮影した画像や少ない情報の中から病気を見つけ出さなければいけないため、小さな異常も見逃さないようにしっかりと確認していく必要があります。そのため、集中して物事に取り組める人や根気強さに自信があるという方に向いている仕事だといえます。

『 丁寧かつ慎重な人柄 』

十分に兼ね備えている

体の内部を撮影し病気の発見や治療に繋げる診療放射線技師は、正確さが求められる仕事です。それだけではなく、精密な機械や危険性の高い放射線物質やX線等を扱うので、繊細な操作や安全管理も徹底しなければいけません。そのため、診療放射線技師は、一つ一つの工程をしっかりと確認しつつ細心の注意を払いながら丁寧で慎重に物事を進めることができる人に向いている仕事だといえます。

『 責任感がある 』

そこそこ兼ね備えている

放射線物質やX線の取り扱いには危険を伴います。それらを扱う診療放射線技師はミスが許されない重大な仕事になります。また、診療放射線技師の仕事は、隠れている病気を見つけ命を救うサポートをするという大きな責任を伴う仕事です。毎日同じ作業を繰り返すことが多いため効率を重視してしまいがちですが、一つ一つの検査の重みを忘れずに、強い責任感を持って仕事に取り組む姿勢も診療放射線技師には大切になります。

スポンサーリンク

『 強い精神力を持つ 』

十分に兼ね備えている

診療放射線技師は、撮影や報告書の作成など似たような作業を繰り返すことも多くなります。また、正確性や安全性を重視するためプレッシャーを感じやすく、勤務先によっては当直やオンコールがあり不規則な生活リズムでストレスを感じることもあります。診療放射線技師は、病気を発見し命を守るという重要な役割を担う仕事です。とても価値のある素晴らしい仕事だと誇りを持ち、プレッシャーやストレスに負けないくらいの強い精神力を持つことも大切になります。

『 物理が好き 』

兼ね備えていない

診療放射線技師になるためには、解剖病理学や画像解析技術、放射線についての基礎知識や被ばくについてなど幅広い知識を必要とします。専門性が高く物理に基づいた知識を多く学ぶ必要があるため、物理に苦手意識がない場合は学ぶことに困難を感じる可能性が少ないでしょう。

『 機械やコンピューターに強い 』

そこそこ兼ね備えている

診療放射線技師は、検査機器やコンピューターを利用したマシンを使用します。マシンには複雑な操作が必要なものもあり操作方法はそれぞれ異なります。また、医療技術の進化とともに新しいマシンの開発も行われているため、そのたびに操作方法も覚えていかなければいけません。それに加えて、近年ではパソコンに画像を表示させて診断を行なうことが主流になっており、パソコンを操作する機会も多くなります。そのため、機械操作などに苦手意識がなく継続的に対応していける人が診療放射線技師に向いているといえます。

『 細かい異変に気付ける高い洞察力 』

だいぶ兼ね備えている

診療放射線技師は、検査や治療を受ける患者さんの体調に異変があった場合、すぐに対応しなければいけません。診療放射線技師の仕事は、常に側で検査を行うわけではなく、患者さんから離れた場所でマシンの操作を行うこともあります。離れた場所からでも患者さんから目を離さずに業務をこなし、瞬時に異変に気づける高い洞察力を持つことも必要になります。

『 協調性がある 』

そこそこ兼ね備えている

医療現場で活躍する診療放射線技師は、病気の特定や技術の向上のためにも医師や同じ技師同士の連携が必要不可欠となっており、チームワークが重視される仕事でもあります。気になることはすぐに相談し一緒に考えたり、新しい情報を同僚と共有することで、職場全体のレベルアップにも繋げることができます。決して自分一人でできる仕事ではないので、協調性を持って仕事に取り組むことを忘れてはいけません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの診療放射線技師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
診療放射線技師適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 診療放射線技師に向いているか向いていないか
  • 診療放射線技師の職業適性度
  • 診療放射線技師に必要な10の資質
  • 解説で診療放射線技師に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

診療放射線技師とは?

診療放射線技師とは、医療の現場で検査や治療などのために、放射線を扱う専門家のことです。

高度な治療技術が要求される現代の医療現場では、欠かせない存在の職業と言えるでしょう。

診療放射線技師の仕事内容は、主に検査と治療に分けられます。

検査ではX線を使用したレントゲン検査や、乳癌の早期発見のためのマンモグラフィーなどが挙げられます。

その他にも内臓や脳などの様子を診るためのCT検査やMRI検査、超音波検査なども診療放射線技師が行う仕事です。

診療放射線技師が行う治療としては、癌患者の方に行う放射線治療があります。

診療放射線技師の仕事は、健康診断から癌治療まで、医療現場の多岐にわたって必要とされているのです。

診療放射線技師になるには?

放射線技師は国家資格です。

そのため放射線技師になるためには、診療放射線技師国家試験に合格しなければなりません。

また国家試験を受験するのにも、3つの条件があります。

高校卒業後に放射線技師を目指す場合は、都道府県知事か文部科学大臣が指定する短大や専門学校などの養成施設で、3年以上勉強しなければなりません。

大卒後に試験を受けるためには、大学で4年間の診療放射線技師養成課程を修了する必要があります。

また海外で放射線技師の学校を卒業した人や免許を取得した人も、厚生労働大臣が認可すれば、国家試験の受験が可能です。

医療従事者として必要な基礎知識の他、放射線治療技術学や診療画像技術学、核医学検査技術学などの専門知識を身につけたうえで、臨床実習を行う必要があります。

国家試験の合格者は例年7割を超え、令和3年度の合格率は86.1%でした。

診療放射線技師の給料・年収

診療放射線技師の年収は、複数の調査からまとめると、505万~550万位です。

診療放射線技師の男性の平均年収は560万円ほど。

女性の平均年収は490万円ほどです。

これは男女間で、給与に差別があるという訳ではありません。

体力に勝る男性が、夜勤や時間外のオンコール勤務に対応する場合が多く、特別手当を多く得ていることに起因しています。

年齢別の年収も見ると、就業間もない20代前半だと年収330万円前後で、経験を積んだ50代後半になると年収700万円を超えるようになります。

60歳以降になると就業形態と給与体系が見直されて、年収が減少していく傾向にあります。

診療放射線技師の就職・転職先(求人)

診療放射線技師の就業先は、病院をはじめとした医療機関がほとんどです。

第一に挙げられるのが、地域医療の基幹となる総合病院でしょう。

その他にも高度な検査や治療が求められる大学病院や、日常的に骨折などの診断が要求される整形外科で働く技師も多くいます。

また病院以外でも、保健所や検診センターなどでの就業も可能です。

医療現場以外でも、診療放射線技師は必要とされています。

放射線を扱う医療機器メーカーや、日常的に放射線と向き合っている原子力発電所などです。

非破壊検査を行っている工場など、工業分野でも就業する機会があります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0