理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ラジオパーソナリティ適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今ラジオパーソナリティの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいラジオパーソナリティに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのラジオパーソナリティ適性診断結果

あなたの適性度は56%で、ラジオパーソナリティの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ラジオパーソナリティを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ラジオパーソナリティに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.何にでも好奇心を持って話を聞ける
2.アドリブ力がある
3.幅広い知識を持っている
4.聞き取りやすい声を持っている
5.言葉選びのセンスがある
6.ラジオが好きで愛情を持って仕事ができる
7.コミュニケーション能力が高い
8.相手に応じた適切な距離感を持てる
9.企画力がある
10.サービス精神旺盛
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 何にでも好奇心を持って話を聞ける 』

あまり兼ね備えていない

ラジオパーソナリティが担当する番組では、常に自分が興味のある話や音楽を扱うとは限りません。出演者が話している最中に興味がなさそうな様子がリスナーに伝わってしまうと、それだけで番組の印象が悪くなります。初めて知る分野や難しいと思える内容であっても、何にでも好奇心を持つ姿勢があるかどうかがラジオパーソナリティに求められるポイントの1つです。幅広いジャンルに興味を持って接することで、話を広げられて楽しい番組を作っていくことにつながります。

『 アドリブ力がある 』

あまり兼ね備えていない

ラジオ番組は収録ではなく、生放送の場合も多く見られます。生放送の場合、予定していたタイミングで音楽が流れない、予定よりトークが長引いてしまうなどのトラブルが起きるリスクも高くなります。何らかのトラブルが起きてしまった場合でも、焦らず冷静に対処できる対応力が、ラジオパーソナリティに求められる能力の1つです。急なトラブルに臨機応変に対応できるかどうかが、信頼されるラジオパーソナリティを目指すうえで必要なポイントです。

『 幅広い知識を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

番組の内容にもよりますが、ラジオではさまざまなジャンルの話題を扱う可能性があるため、ラジオパーソナリティにも幅広い知識が求められます。豊富な知識を持っていることで、その話題に興味を持って話を広げやすくなります。良いラジオパーソナリティを目指したいのであれば、普段からニュースをチェックしたり、話題の作品に触れたりしながら教養を深めていくことが大切です。

『 聞き取りやすい声を持っている 』

だいぶ兼ね備えている

テレビ番組の場合、MCの声が聞き取りにくくても、テロップを使って文字情報で補うこともできます。またMCの表情や仕草から、どのような場面か想像することも可能です。ですがラジオは声からしか情報を得られないため、ラジオパーソナリティが声でしっかりと伝えたいことが伝えられるかどうかが良い番組を作るために必要なポイントです。聞き取りやすいラジオ番組を作るために、活舌が良くする練習をするのも1つの手です。

『 言葉選びのセンスがある 』

十分に兼ね備えている

声だけで情報を伝えていくラジオパーソナリティの仕事で大切なポイントの1つが、相手に伝わりやすい言葉を選べるかという点です。ラジオパーソナリティの言葉選びが悪いと、何が言いたいのか伝わりにくいラジオ番組になってしまいます。センスが良い言葉選びで、話題に合わせたトークをできる方であれば、一流のラジオパーソナリティとしてリスナーに伝わる番組を作りやすくなります。

スポンサーリンク

『 ラジオが好きで愛情を持って仕事ができる 』

そこそこ兼ね備えている

テレビではなく、ラジオのパーソナリティを目指したいなら、ラジオへの愛情が必要不可欠です。ラジオをテレビより下に見ている、ラジオそのものに興味がない方だと、ラジオパーソナリティの仕事中にラジオへの興味の無さが伝わってしまうかもしれません。本当にラジオが好きでラジオパーソナリティをやっている方は、自然とトーク中にラジオへの愛が伝わってくるので、リスナーも番組を楽しみやすくなります。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

ラジオパーソナリティは1人でトークを続けることもありますが、さまざまなゲストの方を番組に招く機会も多くあります。ゲストの方の中には、話すのが得意な方もいれば、人見知りでトークが苦手という方もいるでしょう。性格の異なるゲストであっても、トークを盛り上げることができるコミュニケーション能力の高さも、ラジオパーソナリティには必要な能力です。

『 相手に応じた適切な距離感を持てる 』

だいぶ兼ね備えている

ラジオ番組を作っていくうえで大切なポイントの1つが、特定の主張などに肩入れすることなく、すべての方に適切な距離感を持って接することができるという点です。客観性がなく、特定の意見に賛同するような番組は、リスナーから嫌われる可能性が高くなります。公平性を保ちながら、客観性のある番組作りを行っていくことがラジオパーソナリティには必要です。

『 企画力がある 』

そこそこ兼ね備えている

ラジオパーソナリティは話すだけではなく、ラジオ番組を作っていく過程にも関わることがある仕事です。打ち合わせ段階から参加して、企画を出したり番組を演出したりする機会もあるでしょう。そのため一流のラジオパーソナリティには、企画を出す能力や演出をする能力も求められます。企画から関わると大変な部分も多くありますが、0から番組作りに携わることで、自分が伝えたいことが伝えられる番組を作っていくことが可能です。

『 サービス精神旺盛 』

あまり兼ね備えていない

ラジオ番組は、作る側だけではなく、聞いてくれるリスナーがいて初めて成立するものです。そのためラジオパーソナリティが言いたいことを一方的に言っているだけだと、番組そのものが成立しなくなります。リスナーを楽しませたいという気持ちを常に忘れず、サービス精神を持って取り組めるかどうかもラジオパーソナリティには必要な能力です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのラジオパーソナリティ適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る