理想の就活/転職のための
自己分析サイト

声優に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今声優の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい声優に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの声優適性診断結果

あなたの適性度は56%で、声優の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。声優を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

声優に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.感受性が豊か
2.個性と協調性を両立できる
3.滑舌がよく訛りがない
4.探究心を持っている
5.多様な人との会話が得意
6.文章を正しく読むことができる
7.仕事への情熱が高い
8.勉強熱心
9.歌唱力がある
10.どんな仕事も前向きに取り組む
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 感受性が豊か 』

あまり兼ね備えていない

声優は役者のうち、声だけであらゆる演技をこなす人です。そのため、発音一つを例にしても様々な感情を込めて表現できる技能が求められます。高度な技能を持つには感情を正確に表現する工夫が欠かせませんが、そのためには特定の感情がどのように表現されるかを正しく認識しなければいけません。感情が変化すると共に表現方法も変わりますが、その変化は傍目には分かりにくいこともあります。質の高い演技を行うには感受性を磨き、感情の変化に伴う表現の変化を正しく把握することが重要です。

『 個性と協調性を両立できる 』

あまり兼ね備えていない

役者は他とはひと味違う、独自の個性を持つことが重要とされています。どこにでもいそうな凡庸な感じではなく、その人でなければ成り立たないと思わせるほどの強い個性は役者の強い武器になると言えるでしょう。声優も例外ではなく、代わりになるような人が見つからないほどの個性を持てば長く仕事を続けることは決して難しくありません。一方で声優の仕事は多くの場合、複数の同業者と共に行います。個性を強調するのは悪いことではありませんが、他の人の演技を妨げるような振る舞いはあってはならないことです。個性を発揮しつつ、周りの人と歩調を合わせられる協調性が声優志望者に求められる素質と言えるでしょう。

『 滑舌がよく訛りがない 』

そこそこ兼ね備えている

声優は言葉で演技をする役者なので、話し方に問題があると仕事が成り立たないと言っても過言ではありません。同じセリフでも滑舌の良し悪しで聞きやすさは雲泥の差が生じます。滑舌が悪いとセリフを正しく聞き取れないので縁起が下手と酷評される事態は避けられません。同様の理由で訛りも忌避される傾向にあります。特定の訛りや方言が重視される場合もありますが、役者は様々な役柄をこなさなければいけません。個性的な話し方だけではなく、平坦で没個性な発音が求められることもあるので、滑舌や訛りの矯正は不可欠です。

『 探究心を持っている 』

だいぶ兼ね備えている

役者の一種である声優は人間に限らず、動物や架空の存在に至るまで様々なキャラクターの声を担当します。人間とは異なるイメージを持つキャラクターを自然に演じるには普遍的なイメージを正しく表現する技能が欠かせません。どのような表現が適しているかを学習することが大切ですが、自分が知らないことを正確に表現することは困難なのも事実です。自分が演じる役柄に繋がることなら何でも詳しく調べるほどの探究心が声優に求められる姿勢です。

『 多様な人との会話が得意 』

十分に兼ね備えている

セリフで様々な感情を表現する声優は会話の演技力が特に重視されます。声の演技は他の人との会話がほぼすべてと言えることから、状況に応じた適切な話し方を正しく理解していることが重要です。知識よりも豊富な経験が求められる事柄なので、普段からあらゆる人と分け隔てなく会話ができる人が声優向きと言えるでしょう。

スポンサーリンク

『 文章を正しく読むことができる 』

そこそこ兼ね備えている

声優は台本を読み、自分が担当するキャラクターのセリフを話す仕事です。そのため、台本に書かれている文章を正しく読むことが何よりも重要です。台本は単に書かれた文字を正しく読むだけではなく、意味も理解しなければいけません。文章が持つニュアンスを正しく読み取り、キャラクターの感情に応じて的確に表現することが優れた声優の条件と言えます。

『 仕事への情熱が高い 』

そこそこ兼ね備えている

声優に限らず、質の高い仕事を続けている人はその仕事に対する情熱を抱き続けている共通点があります。センスがあり、技能も長けていながら仕事を辞めてしまう人は決して珍しくありませんが、これは仕事への情熱を喪失したのが理由です。自分はこの仕事には向いていないなど、ネガティブな感情を抱くと情熱が大きく減退し、仕事を続けることが困難になります。いつまでも情熱を失わず、前向きな姿勢で臨む人ほど声優の仕事に適任であることは間違いありません。

『 勉強熱心 』

だいぶ兼ね備えている

声優は単に台本をキャラクターの口の動きに合わせて読む仕事ではありません。演技の方法を工夫する、世界観を形成する様々な事柄について詳しく学ぶなど、常に新しい知識を持つように勉強を続けることが大切です。

『 歌唱力がある 』

そこそこ兼ね備えている

声優が歌手として活動するケースは少なくありません。キャラクターソングを担当する、あるいは声優自身の名義で歌を歌うなど内容は様々ですが、声優だから声の演技だけを行えばよいという考え方は古いと言えるでしょう。プロの歌手に匹敵するほどの歌唱力を持たなければ第一線での活躍は難しいと言っても過言ではありません。

『 どんな仕事も前向きに取り組む 』

あまり兼ね備えていない

一流と高く評価される声優の多くは仕事を選り好みせず、前向きに取り組んでいます。演じる役柄が新しい表現力を育むきっかけになるのは珍しくないので、仕事に誇りを持ち、真摯に取り組む人は仕事を選びません。漠然としたイメージで声優を目指すのではなく、どんな役柄でもやり遂げようとする気持ちが成功の条件です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの声優適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

ピックアップ職業適性診断

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る