理想の就活/転職のための
自己分析サイト

レーサーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今レーサーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいレーサーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのレーサー適性診断結果

あなたの適性度は60%で、レーサーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。レーサーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

レーサーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.幼少期からレースで結果を出している
2.圧倒的に運動神経が良く体力もある
3.度胸がある
4.スピードを出して走るのが好き
5.ストイックな生活に耐えられる
6.車の知識に長けている
7.語学力が高い
8.交渉能力が高い
9.社交性がある
10.人のモチベーションを上げるのが上手い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 幼少期からレースで結果を出している 』

だいぶ兼ね備えている

レーサーとは基本的に20歳前後の時期からキャリアをスタートさせても、プロとして成功するのは難しい世界と言われています。一般的には幼少期からレーシングカートで腕を磨き、その中で卓越した才能を見せつけてきた選手が自動車メーカーなどからスカウトされ、ステップアップしていく仕組みです。つまり、小学生・中学生くらいの時期にカート走行をたくさん経験して自分の能力に明確な自信をもてる人には向いています。

『 圧倒的に運動神経が良く体力もある 』

十分に兼ね備えている

モータースポーツの世界でサーキットや市街地コースを走る際は相当高い能力を必要とします。コックピットの中で全身を使って激しい運動をするほか、2時間前後のレースに耐えられる持久力も必要になってくるため、圧倒的に高い運動神経と体力を持ちあわせた人が有利です。

『 度胸がある 』

そこそこ兼ね備えている

どんなに運動神経が高くて体力が十分にあっても、度胸がない人は絶対にレーサーとして成功できません。例えば、モータースポーツの世界では雨でもレースが進行されますが、度胸のある人は視界が悪い中でも怖がらずに全開でアクセルを踏んで速く走れます。また世界各地の難コースには、レーサーに度胸がないと速いタイムを刻めない名物コーナーが多数あり、度胸の有無も成功できるかどうかの分かれ目となります。

『 スピードを出して走るのが好き 』

あまり兼ね備えていない

レーシングカートの最高速度は100km/hに満たないレベルですが、カテゴリが上がっていく毎に乗る車の最高速度というものは上昇していきます。例えばF1カーは最高速度が340km/h前後に達するほか、インディカーは約380kn/hまで達します。大概の人は時速200km/h・300km/hの世界に神経が耐えられない中、どんな速いスピードにも神経が耐えられる特殊な感覚をもった人には向いた世界です。

『 ストイックな生活に耐えられる 』

あまり兼ね備えていない

モータースポーツの世界とは「1チーム1カー」ではなく、「1チーム2カー」体制が基本です。つまりチーム内に同じ条件の車で走っている選手がもう一人存在する中で、首脳陣から常にチームメイトとの比較をされ続けます。そんな中、モータースポーツの世界では常に2人のドライバーが信じられないほどストイックな生活をしながらチームメイトに打ち勝つための努力をしています。例えばチーム側の通達により食べ物・飲み物に制限があったり、トレーニング最優先で夜遊びができないなど、キャリアを通じて続くストイックな生活が続きます。引退までそういった生活を続ける自信がある人には向いていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

『 車の知識に長けている 』

そこそこ兼ね備えている

典型的な文系脳の持ち主で、コンピューターなども含めた機械いじりが苦手な人はレーサーとして成功するのは困難です。モータースポーツの世界においては、ドライバーとチームスタッフの共同作業がより速い車を作っていく仕組みになっています。そのため、理系脳の持ち主で車という機械に関する高度な知識を持っている事も、成功の必須条件となってきます。

『 語学力が高い 』

十分に兼ね備えている

日本は世界的な自動車大国ですがモータースポーツの本場ではなく、この分野の本場とは西欧地域です。世界的なレーサーになっていくには、イギリス・フランス・イタリアを中心とした西欧圏の人々と完璧な英語で話せなければなりません。そのため、英語が話せない人はサーキットを離れたらひたすら英語のレッスンを積み重ねて英語を覚える必要があります。それも、現場では相当高度な専門用語が飛び交うため、中途半端ではなく極めて高い語学力が必要です。

『 交渉能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

モータースポーツという競技は多額の活動資金が必要になる中、ドライバーに対しても資金の提供を求めてくる傾向にあります。そのため、多くのレーサーはオフシーズンになるとビジネスマンとして様々な企業を巡り、個人スポンサー獲得のための営業活動を行います。その際、交渉能力が低いと思うようにスポンサーを集められませんので、高い交渉能力も持ちあわせていなければなりません。

『 社交性がある 』

そこそこ兼ね備えている

世界中を転戦するレーサーは、グランプリウイークやオフシーズンに様々なイベントに出席して新たなファン獲得に努める事を求められます。そういった文化があるため、社交的でファンサービスが良い人は重宝され、シートを獲得しやすい傾向です。

『 人のモチベーションを上げるのが上手い 』

十分に兼ね備えている

モータースポーツとは個人競技ではなく明確な団体競技です。例えばピット作業ではクルーの素早い作業が明確なタイム差につながるほか、ファクトリーでのスタッフ達の賢明な夜通しの作業なども結果に大きく関わってきます。そんな中、ウィナーインタビューなどにおいてスタッフのモチベーション向上につながる感謝の言葉を忘れずに述べられる人は求心力を高め、成功しやすいところがあります。つまり、レーサーとはモチベーターとしての能力の高さも成功要素となる職業です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのレーサー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る