理想の就活/転職のための
自己分析サイト

検疫官に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今検疫官の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい検疫官に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

検疫官に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの検疫官適性診断結果

あなたの適性度は44%で、検疫官の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。検疫官を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

検疫官に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.集中力がある
2.洞察力がある
3.仕事に対する責任感が強い
4.幅広い知識を学ぶ意欲がある
5.人の心を開かせる話し方ができる
6.状況を見極める判断力がある
7.トラブルにも冷静に対応できる
8.チームに対して献身的
9.外国語が得意
10.様々な資格を取る意欲がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 集中力がある 』

あまり兼ね備えていない

検疫官は沢山の人の命を預かる業務についています。判断を1つ誤るだけで患者の生命だけでなく、社会に大きな影響を与えてしまう可能性が大きいです。そのため業務をしている間は、常に集中力を切らさないでおく必要があります。緊急時にも対応しなければならないため、何時でも対応できるようにしておかなければなりません。

『 洞察力がある 』

十分に兼ね備えている

検疫官の仕事内容にはサーモグラフィーなどの器具を用いて、異常のある乗客を速やかに誘導することが含まれています。仕事内容はそれだけでなく、乗客の反応を見ながら健康状態を調べたり、より高度な内容の検査を行うこともあります。どんな細かなことも見逃さない洞察力も、検疫官の仕事を行っていくためには必要になってくるでしょう。

『 仕事に対する責任感が強い 』

そこそこ兼ね備えている

検疫官の業務は水際で感染症を食い止めることです。社会的な影響も大きいため、責任も重大な仕事だと言えます。自分の判断によって大規模な感染症が国内に流入してしまうかもしれないため、どんな状況でも仕事をやりきることが求められます。そのためには大きな責任を背負う覚悟が必要です。困難な仕事になりますが、その分やりがいも大きいので充足感は得られます。

『 幅広い知識を学ぶ意欲がある 』

そこそこ兼ね備えている

検疫官の業務内容は多岐にわたります。その業務を実行していくためには、様々な知識が求められるでしょう。当然検疫法に関する専門知識は必須となりますが、それだけでなく感染症に関する知識や人体に関する基本的な知識も必要です。看護師の知識も検疫官には必要となります。小児看護学・老年看護学・成人看護学・精神看護学・在宅看護学・母性看護学・基礎看護学が、必要となる看護師の知識です。

『 人の心を開かせる話し方ができる 』

十分に兼ね備えている

検疫官の仕事の中にはカウンセリング業務も入っているので、人と関わる能力も必要です。ただ機械的に話を聞くだけでなく、相手の心を開かせるような話し方も求められます。患者の心をうまく開かせることができないと、重要な情報を得られなくなる恐れも出てきます。多くの人間を相手にするので、一人が反抗的な態度をとってしまうと業務は滞ってしまうかもしれません。そうならないためにもなぜこの検査が必要なのかを、相手にしっかり納得させる必要があります。短い時間に相手の信頼を勝ち取るためには、高い対人能力が必要です。

スポンサーリンク

『 状況を見極める判断力がある 』

兼ね備えていない

検疫官の仕事場は、空港のような人の出入りが激しい場所です。人が多く出入りするだけでなく、やらなくてはならない仕事も次から次へとやってきます。ただ無計画に仕事を進めていくようでは、すぐに手詰まりになってしまうでしょう。時々刻々と変化していく状況の中で、今自分が取るべき最善の行動を取っていく必要があるのです。そのためには、情報に飲まれることなく起こっていることを把握して、解決していく能力が求められてくるでしょう。

『 トラブルにも冷静に対応できる 』

兼ね備えていない

検疫官の仕事は計画通りに進むとは限りません。計画にないことが起きても、自分たちの判断で対応しなくてはならないでしょう。疫病や感染症という目に見えない事柄を管轄する仕事なので、異常な事態が起こったとしても第三者は分かりづらいことがあります。そういった状況でも冷静に対処をし、判断を下していかなくてはなりません。対応に失敗してしまうと空港内にパニックが広がる可能性があります。そうならないように、危機に対応できる能力が検疫官には求められます。

『 チームに対して献身的 』

兼ね備えていない

検疫官の仕事は一人で行うものではありません。複数の仕事仲間と業務をこなしていくため、高い献身性が求められます。相手を傷つけるような発言を控えるだけでなく、必要とあれば改善点をあげることも求められるのです。たとえ嫌われる役になっても、業務が上手くいくことを優先しなければなりません。仕事やチームへの献身性が、検疫官には不可欠です。

『 外国語が得意 』

あまり兼ね備えていない

検疫官が相手にするのは日本人だけではありません。旅行者の中には外国の方もいます。外国の方の中には日本語を理解できる人もいますが、そうでない人が大多数です。言葉のわからない人と意思疎通するためには、外国語の知識が必要になります。外国語の知識は日々の仕事に不可欠ではありませんが、日常会話ができる程度の知識は持っていたほうがいいでしょう。たとえ言葉は通じなくても、相手の意図を汲み取る意欲は必須になります。人間に興味がある人のほうが、検疫官に向いていると言えるでしょう。

『 様々な資格を取る意欲がある 』

だいぶ兼ね備えている

検疫官は厚生労働省に所属する、国家公務員です。検疫官になるためには試験に受かる必要があるのですが、その試験を受けるためには資格を取っておかなければなりません。検疫官になるためには看護師の資格と普通免許が必須です。この2つの資格だけでなく3年以上の臨床経験も、試験を受ける際に求められます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの検疫官適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • 検疫官に向いているか向いていないか
  • 検疫官の職業適性度
  • 検疫官に必要な10の資質
  • 解説で検疫官に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る