理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

花火師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今花火師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい花火師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

花火師に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの花火師適性診断結果

あなたの適性度は48%で、花火師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。花火師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

花火師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.手先が器用
2.忍耐力がある
3.責任感が強い
4.体力がある
5.集中力がある
6.メンタルが強い
7.勉強熱心
8.行動力がある
9.花火が好きだという情熱がある
10.デザインセンスがある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
花火師適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 手先が器用 』

そこそこ兼ね備えている

花火師の仕事では、手先の器用さが必要となる作業が多いです。玉皮と呼ばれる殻に、星という名前の火薬を並べていき、星を飛ばすための割火薬を詰めます。その星の並べ方や、使用する星の種類、割火薬の分量によって、色や形などが決まります。そして、花火の大きさは、10cmから1m程度です。そのサイズに、綺麗に星を並べていかなければなりません。さらに、花火がきれいに開くよう、割火薬の分量調整も、慎重に行う必要があります。そのような、整った星並べや、精密な割火薬の調整ができる、手先の器用さを持っている人が、花火師に向いています。

『 忍耐力がある 』

そこそこ兼ね備えている

花火師として働くためには、長い時間をかけて技術を習得しなければなりません。まずはベテラン花火師に弟子入りして、技術を身に付けることになります。花火師に関することわざに、「玉貼り3年、星かけ5年」というものがあります。花火を丸く作れるようになるまで3年、火薬並べができるまで5年かかるという意味のことわざです。そのことわざ通り、花火師として活躍できるようになるまで、10年近くの年月がかかることは決して珍しくありません。そのような長い時間をかけた修行でも、心が折れない、忍耐力のある人が、花火師に向いています。

『 責任感が強い 』

だいぶ兼ね備えている

花火師の仕事では、当然火薬を扱います。つまり、危険と隣り合わせの仕事です。もし、火薬に引火すれば、大爆発を起こし、人の命に危険が及ぶ恐れがあります。そのような危険な環境だということをしっかり把握し、責任感を持って働ける人が、花火師に向いています。また、花火には、スポンサーを始めとする、大勢の人が携わっています。そのため、花火作りを失敗したり、納期に間に合わなかったりするということは、あってはいけません。花火に携わる人のためにも、納期通りに良質な花火を作り上げるという、責任感が必要です。

『 体力がある 』

だいぶ兼ね備えている

花火師の仕事は、体力的に厳しいです。夏の繁忙期になると、数千個から数万個の花火を作らなければならないこともあります。そのため、常に休まず手を動かし続けなければなりません。場合によっては、休日返上で作業をすることもあります。そのような厳しい状況でも、身体を壊してしまうことのない、体力がある人が、花火師に向いています。

『 集中力がある 』

十分に兼ね備えている

花火師の仕事は、どの花火を作る場合でも、殻に火薬の星を並べて、割火薬を詰めるという基本的な流れは同じです。つまり、同じ作業をひたすら続けていくことになります。そのような作業の繰り返しでも、ペースを落とさず続けられる、集中力がある人が花火師に向いています。同じ作業の繰り返しが苦痛、時間が経つと飽きて、ペースが落ちてしまうという人は、花火師向きではありません。

スポンサーリンク

『 メンタルが強い 』

そこそこ兼ね備えている

花火師の仕事は、似たような作業を何時間も続ける必要があります。そして、危険な火薬を取り扱うため、気を抜くことができません。そのような環境でも働き続けることができる、メンタルの強い人が、花火師に向いています。また、花火師の修行をする際には、師匠から強く叱られることは珍しくありません。危険と隣り合わせで、責任感が求められる仕事なので、花火師を育てる側も自然と厳しくなります。そのような厳しい叱責を、しっかり受け止めるためにも、メンタルの強さが必要です。

『 勉強熱心 』

あまり兼ね備えていない

花火師の技術は、人から手取り足取り教えてもらうものではありません。他の花火師の技術を参考にしながら、自分だけの技術を身に付けなければなりません。そのため、技術向上のために、花火師の技術や花火の仕組みなどについて、熱心に勉強ができる人が花火師に向いています。また、花火師は、火薬類製造保安責任者や火薬類取扱保安責任者といった資格を持っておくと、色々と有利になる場合があります。その資格を取得するためには、熱心に勉強しなければなりません。

『 行動力がある 』

あまり兼ね備えていない

花火師は、一人前になったとしても、仕事を見つけるのが大変です。狭い業界なので、求人が出ないことは非常に多いです。また、人づてに紹介してもらうことで、仕事を得られる場合もあります。そのため、花火師には、色々な人に自分を売り込んで、仕事を得られる行動力がある人が向いています。待っているだけで仕事の依頼が来る方が良いという人は、花火師向きではありません。

『 花火が好きだという情熱がある 』

そこそこ兼ね備えている

花火師は、決して楽な仕事ではなく、高給取りというわけでもありません。それでも花火師として働き続けるためには、花火が好きだという情熱が必要です。好きな花火に携われるということが、大きなモチベーションとなります。また、他の花火師に弟子入りしたり、仕事を得たりする際にも、花火に対する情熱が欠かせません。情熱がなければ、弟子入りを断られたり、仕事を回してもらえなかったりする恐れがあります。

『 デザインセンスがある 』

兼ね備えていない

花火を作るためにはまず、色や形などのデザインを決めることになります。そのため、花火師には、デザインセンスが求められます。大勢の人の心を掴むことができる、花火デザインを作れるセンスのある人は、花火師に向いています。また、花火師には、独創的なデザインセンスも求められます。他の人とは異なる独創的な花火を作れれば、代わりのいない花火師として活躍できるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの花火師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
花火師適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 花火師に向いているか向いていないか
  • 花火師の職業適性度
  • 花火師に必要な10の資質
  • 解説で花火師に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

花火師とは?

花火師とは、花火の製造、企画、打ち上げ準備、打ち上げ、後片付けを行う職人のことです。

花火の製造は主に秋から春にかけて行われる事が多いです。

その理由は夏は花火打ち上げの繁忙期になるからです。

打ち上げ花火の製造には長年の経験とセンスが要求されます。

会社によっては市販されている手持ち花火の製造も行っています。

企画とは夏祭りやイベントなどで、どのような種類の花火をどのくらい打ち上げるのかを考えます。

その後、イベント開催者との打ち合わせを行います。

打ち上げは、実際に花火会場に出向き花火を打ち上げる作業です。

危険な作業ですが、花火師として一番の腕の見せ所になります。

花火師になるには?

花火師になるために特別な資格や免許などは必要ありません。

しかし、入社前に取得しておくと有利な資格として「火薬類取扱保安責任者」があります。

この資格は国家資格の1つで、取得していると火薬類の製造・取扱いの知識ありと見てもらえるでしょう。

合格率は30%ほどです。

花火師になりたいから、すぐに応募して面接というわけにはいきません。

その理由は、花火師が所属している煙火事務所の大半が中小企業なのであまり人を募集していないからです。

就職サイトなどで求人を見つけるのは難しいでしょう。

そのため、自ら煙火事務所に連絡して応募する積極性が必要になります。

また、繁忙期である夏は短期のアルバイトを募集することもあるので、まずはアルバイトに応募して花火師になりたい熱意を伝えるのも有効な手段かもしれません。

花火師の給料・年収

国税庁のデータを基に算出すると花火師の平均年収は300万円前後です。

初任給は15万円前後です。

一人前になるのは5年~10年かかると言われてます。

しっかりと経験を積み、一人で作業を行えるようになると収入もアップします。

何十年も経験を積んだ技術力の高いベテランだと年収1000万円を超える人もいるようです。

また、臨時の収入があるのが花火師の特徴です。

ボーナスもそうですが、繁忙期である夏の手当が非常に多いです。

会場設営や撤去などの作業は残業になるので手当が発生します。

また、会社によって違いますが夏に夏季手当を出してくれる会社もあります。

花火師の就職・転職先(求人)

花火師は煙火事務所に入社することになります。

会社によっては、花火の製造だけを行う会社、打ち上げだけを行う会社もあります。

応募する際はその煙火事務所が花火の何を行う会社であるのか、しっかりと調べましょう。

花火師と土木作業員は仕事の知識が共通する部分が多いです。

そのため花火師から土木会社へ転職する人、またはその逆もあるようです。

夏だけ花火師として活動し、閑散期である秋から春は土木作業員として働く人もいます。

近年では、プログラムを使用して音楽やライトの演出、噴水に合わせて花火の打ち上げを行うこともあります。

花火師自身がプログラムを作成する場合もあるようです。

今後はプログラミングの知識も必要となっていくのかもしれません。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0