理想の就活/転職のための
自己分析サイト

購買適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今購買の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい購買に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの購買適性診断結果

あなたの適性度は56%で、購買の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。購買を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

購買に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.交渉が得意
2.語学力がある
3.大卒、もしくは大卒予定
4.データ分析力がある
5.マルチタスクが得意
6.相場に敏感
7.フットワークが軽い
8.業務改善の工夫が得意
9.柔軟に対応できる
10.人当たりの良い対応ができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 交渉が得意 』

あまり兼ね備えていない

購買の大切な仕事として、仕入れ先との価格交渉があります。自社のコストの負担を減らすために、できる限り価格を抑えて買い入れできるよう交渉を行います。ただし、仕入れ先と信頼関係を築くことも大切ですので買い叩くのではなく、両者にとって最善の着地点を見出せるような交渉を行う必要があります。交渉力のある人は、購買の仕事に適性があると言えます。

『 語学力がある 』

あまり兼ね備えていない

仕入れ先は、日本国内のみとは限りません。中国や東南アジア、アメリカなど世界各国と取引をする場合もあります。海外とやり取りをする購買の仕事を担当するのであれば、中国語や英語などの語学力は必須スキルとなります。今はまだ語学力に自信がないという人でも、これから学んで身につけていこうという向上心のある方であれば、素養があると言えるでしょう。

『 大卒、もしくは大卒予定 』

そこそこ兼ね備えている

購買の仕事をするには、メーカーなどの企業に就職するというのが一般的です。メーカーで購買の仕事をする人は、総合職である場合が多いです。総合職採用でメーカーへの就職を希望する場合は、大学を卒業した方が良いと言えます。特に大手企業の場合は、四年制大学を卒業している方が採用されやすい傾向にあります。大学を卒業できるよう、受験や勉強を頑張れる方であれば、素養があると言えます。「購買」の求人そのものが多くはないため、購買部門があり人員も多い大手企業であれば、「購買」担当になりやすいと言えます。ただ、新卒で入社して購買部門に配属されるという例は稀で、社内のいくつかの部署で経験を積んでから購買部門へ異動するというケースが多いです。最初は違う仕事になるかもしれないという覚悟を持った上で就職しましょう。

『 データ分析力がある 』

だいぶ兼ね備えている

購買の仕事のなかには、「サプライヤー(仕入れ先)を選定する」という仕事もあります。単純に「見積もりをとって一番安い業者を選ぶ」のではなく、様々な角度から多角的に分析してから、仕入れ先を選びます。安く仕入れることができればコストを抑えることができ、自社の利益に繋がりますが、仕入れ先が無理のある安い価格で仕事を請け負っている場合、納品前に倒産してしまって期日までに納品されない、といったトラブルが起こることも考えられます。こうしたトラブルを防ぐためにも、仕入れ先の財務状況について確認をすることは大切です。また製品の品質についても、過去の販売実績、売上推移のデータなどから分析し、見極め、適正なサプライヤー選定しなければなりません。データの分析力がある人であれば、購買の仕事に適性があると言えます。

『 マルチタスクが得意 』

十分に兼ね備えている

購買の仕事は、各企業によっても異なりますが、必要なものを買い付けるために、需要予測をして計画を立てるところから、仕入れの際の価格交渉、物流会社との調整など一連の流れに関わります。仕入れる物も、一つだけを担当するのではなく、社内の各部署に対応して何種類も担当することが多いので、マルチタスクが得意な人に向いています。業務分担が決められていて一つの仕事に集中したいという人には不向きと言えます。

スポンサーリンク

『 相場に敏感 』

そこそこ兼ね備えている

物の値段は、季節や社会情勢など様々な理由によって変動します。そうした相場を日々チェックして、ベストなタイミングで買い付けができるよう相場に敏感な人は、購買担当として重宝されるでしょう。

『 フットワークが軽い 』

そこそこ兼ね備えている

購買の仕事は、海外に直接出向いて買い付けに行く場合もあります。また、サプライヤー選定の際には、きちんとした品質管理が行われるかを見極めるため、実際に工場などに出向くこともあります。社内のデスクワークに徹したい、外出が多い仕事は好きではないという人には、購買の仕事は向いていないと言えます。フットワーク軽く、自分の目で見て確かめる労力を惜しまない人であれば、購買の仕事に適性があります。

『 業務改善の工夫が得意 』

だいぶ兼ね備えている

購買の仕事では、より納期を短縮できないか、コスト削減できる部分はないか、など日々業務改善の工夫をすることが求められます。常に「もっといいやり方はないか」と創意工夫できる人であれば、購買の仕事に素養があると言えます。

『 柔軟に対応できる 』

そこそこ兼ね備えている

購買の仕事をするのであれば、納期遅れなどのトラブルなどが起きても柔軟に対応することが求められます。小さなトラブルであってもパニックになりやすいという人には、購買の仕事は不向きと言えます。トラブルが起きても落ち着いて代替案を考え、なるべく影響を小さくできるように冷静で柔軟な対応ができる人に向いています。

『 人当たりの良い対応ができる 』

あまり兼ね備えていない

購買の仕事は多くの人と関わります。取引先とたくさんのやりとりをすることはもちろん、社内の各部署からも納期や在庫についてなど問い合わせがきます。スピード感を大切にしながらも、人当たりの良い対応をすることが大切です。多くの人と関わることがストレスになりやすいという人には務まりません。周囲と信頼関係を築きながら仕事をしていくことができる人であれば、やりがいを感じ楽しく購買の仕事をしていくことができるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの購買適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る