理想の就活/転職のための
自己分析サイト

検事に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今検事の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい検事に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの検事適性診断結果

あなたの適性度は48%で、検事の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。検事を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

検事に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.正義感と責任感がある
2.法律の知識がある
3.論理的な思考が得意
4.集中力がある
5.冷静沈着な性格
6.何事にも動じない精神力がある
7.人の本性を見抜くのが得意
8.必要な時には人に厳しい対応を取れる
9.コミュニケーション能力が高い
10.体力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 正義感と責任感がある 』

そこそこ兼ね備えている

検事は正義感と責任感がなければできない仕事です。検察官である検事は検察庁で事件捜査や裁判における公判立会その他の任務にあたるほか、法務省での勤務など日本の刑事司法・行政にかかわる重要な仕事を遂行します。日本では起訴独占主義と呼ばれる原則があり、犯罪の被疑者を起訴するかしないかの決定権をもつのが検察です。したがって、公平公正で悪を許さない正義感と、重大な任務を完遂する責任感が不可欠だといえます。

『 法律の知識がある 』

あまり兼ね備えていない

検事の職務は憲法その他の法令や判例を前提として行われます。たとえば、警察を指揮して事件を捜査したり自ら捜査にあたったりする場合は、被疑者の行為が何という法律のどのような規定に抵触するのかについての見定めが重要です。さらに、外形的には犯罪と考えられる事件であっても、刑罰を科さなければならない違法性があるかどうかについて、当該法令の立法趣旨や事情を考慮して判断する必要があります。感情論ではなく法を重んじる考えが得意である人は検事に向いているでしょう。

『 論理的な思考が得意 』

そこそこ兼ね備えている

検事には論理的思考と判断力が求められます。法を重んじる考えとも関連しますが、犯罪捜査にあたる際、被害者と加害者の供述に加えて証人や証拠を的確に検証し、道筋を立てて考えることが必要です。なぜこうなるのか、このようにいえるのかを合理的に考え、何が本当かを判断する力がなくてはなりません。さらに、担当検事として被疑者を起訴するのか、起訴猶予を含む不起訴にするのかの判断を適時行える判断力が必要です。

『 集中力がある 』

あまり兼ね備えていない

検事の仕事には集中力が欠かせません。膨大な証拠や証言を精査しなければならない犯罪捜査はもちろんのこと、その他の職務にあたっても集中力を欠いていれば誤った結果を招きかねないだけでなく、その影響が広範囲に及んでしまうのが検事の仕事です。もっとも、一般的には司法試験に合格して司法修習を終えることが検事を含む法曹へのルートとなっています。この過程をクリアできる集中力は相当なものだといえるでしょう。

『 冷静沈着な性格 』

そこそこ兼ね備えている

検事には冷静沈着な性格が向いています。法的な考え方や論理的な思考を支えるうえで、冷静沈着な性格が欠かせません。たとえば、発生した事件の内容によっては、一般人であれば激怒したり悲しんだりといった感情が前面に出てもおかしくありません。しかし、検事は物事の事実(真実)がどこにあるのかを見極める必要があります。心が乱れたり、一方に肩入れしてしまったりしては正しい見方ができなくなる恐れがあります。

スポンサーリンク

『 何事にも動じない精神力がある 』

だいぶ兼ね備えている

検事は一般人では目にすることのない場面に立ち会うことがあります。そのため、何事にも動じない精神力が必要です。たとえば、凄惨な事件現場への臨場や、死刑執行への立会などがあります。強靭な精神力がなければ逃げ出したくなるかもしれません。凶悪な被疑者の取り調べもタフな仕事だといえるでしょう。また、公判立会では被告人や証人が発言を翻す可能性があります。想定外の事態が生じても動じない精神力の持ち主は検事向きです。

『 人の本性を見抜くのが得意 』

十分に兼ね備えている

検事は警察から送致され、または自らが逮捕したり呼び出したりした被疑者を取り調べます。必要に応じて証人から話を聞くこともあり、目の前の被疑者が真犯人なのか、証人の供述に嘘は無いかといった判断に必要となる、人を観察する能力が重要です。中には観察眼が無くても証拠を頼りに判断できるケースもあるでしょう。しかし、たとえば被疑者が真犯人だとして、刑罰を求めて起訴するか起訴猶予とするかの決定に観察眼が関係するケースは少なくないといえます。

『 必要な時には人に厳しい対応を取れる 』

兼ね備えていない

検事には被疑者やその関係者にとって厳しい処分をしなければならないことがあります。しかも、それは珍しいことではありません。軽微な事件であれば、起訴猶予や略式請求による罰金といった処分もありますが、重大事件になれば被告人を無期懲役や死刑に処するよう求刑することもあります。そして、公判では関係者を含めた傍聴人がいる中で、ときには被害者側にとっても辛い話を毅然とした態度でしなければならないのが検事の仕事です。

『 コミュニケーション能力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

検察官独立の原則や独任制官庁という言葉がありますが、独立して任務にあたる一方で、検事は法務・検察という組織の中で働く一員です。したがって、組織人としての指揮命令系統の中で上司や同僚、部下と連携して職務にあたれるコミュニケーション能力が欠かせません。また、被疑者や被害者、証人や警察とのやり取りを円滑に行うためにもコミュニケーション能力が重要です。

『 体力がある 』

だいぶ兼ね備えている

検事は意外と体力勝負の仕事です。24時間待ったなしの事件捜査に従事する可能性があり、レアケースだとしても被疑者と格闘する可能性がないとはいえません。また、法務省でさまざまな調査や企画立案などの職務を遂行する場合は、時間がいくらあっても足りず、ハードワークになるケースも考えられます。体力に自信がある人は検事向きかもしれません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの検事適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る