理想の就活/転職のための
自己分析サイト

保健師適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今保健師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい保健師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの保健師適性診断結果

あなたの適性度は56%で、保健師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。保健師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

保健師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.明るく親しみやすい
2.人を気遣うことができる
3.観察力がある
4.協調性がある
5.自身の健康管理が得意
6.忍耐力がある
7.分かりやすい説明が得意
8.ポジティブな思考
9.子供が好き
10.向上心がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 明るく親しみやすい 』

あまり兼ね備えていない

保健師は人々の健康の相談にのるのが仕事であるため、誰もが心を開いて話せるように明るく親しみやすい人柄であることが求められます。暗い顔をしたとっつきにくい印象だと、悩みを相談することができません。自分から明るく話しかけられることはもちろん、誰もが気軽に話しかけやすい人柄であることが保健師に必要な資質と言えるでしょう。

『 人を気遣うことができる 』

あまり兼ね備えていない

保健師は健常者だけでなく、障害を抱える人と関わることの多い職業です。障害を抱える人は健常者には理解しにくい問題を抱えていることがあるうえ、コミュニケーションが上手に取れない人もいます。保健師はそれぞれの立場を理解し、健康上のどんな悩みを抱えているのか理解する度量が求められます。相手の話をしっかり聞くことで信頼を勝ち取ると、話しにくいことまで打ち明けてくれるようになります。

『 観察力がある 』

そこそこ兼ね備えている

保健師は相手の話し方や動作などから、どのような症状を抱えているのか推し量る洞察力が必要になります。痛みについて言及していなくても、歩き方や仕草で痛みを我慢しているとわかることもあります。病気を極端に怖がる人の中には、症状があっても知るのが怖いからと精密な診断を避ける人もいるでしょう。病気の早期発見や予防を促進するために、ちょっとした変化にも気づける洞察力があることが、優秀な保健師の資質となります。

『 協調性がある 』

だいぶ兼ね備えている

保健師は自分一人で人々の健康を守るのではなく、医療や福祉、教育など地域の様々な機関と連携して業務を進める必要があります。それぞれの機関とうまく連携が取れなければ、地域社会の健康を守ることはできません。そのため、誰とでも円滑に業務を行うための協調性が求められます。また、単に協調性があるだけではなく、それぞれの機関を繋ぐ架け橋としてリーダーシップが必要になることもあります。

『 自身の健康管理が得意 』

十分に兼ね備えている

保健師は人々に健康に関するアドバイスをする仕事なので、自分の健康管理がきちんとできることも必要な資質となります。体調を崩してばかりいる不摂生な保健師のアドバイスは、誰も素直に聞く気にはならないでしょう。自分のアドバイスに説得力を持たせるためにも、健康管理はしっかりできなければなりません。自分が健康であることで、人にも有益なアドバイスができます。

スポンサーリンク

『 忍耐力がある 』

そこそこ兼ね備えている

保健師の仕事は、成果が見えるわけではありません。治療で痛みを取り除いてあげたり、薬で症状を和らげてあげたりすることはできないからです。保健師は病気を予防することや、健康な生活習慣などを啓蒙することが仕事であるため、直接的に感謝されることもほとんどありません。そのため、成果が見えなくてもコツコツと地域の人々に健康的な生活を啓蒙する忍耐力が必要になります。

『 分かりやすい説明が得意 』

そこそこ兼ね備えている

保健師は小さな子供からお年寄りまで、幅広い年齢の人に健康のアドバイスを行います。そのため、誰もが分かるように説明する能力が求められます。どれだけ良いアドバイスをしていても、相手に理解してもらえなければ意味がありません。理解してもらえなければ、実践してもらうことも難しくなります。小さな子供でもわかるように難しい単語は使わず、実践しやすい健康のアドバイスをすることが大切になります。

『 ポジティブな思考 』

だいぶ兼ね備えている

保健師は人と関わることが多い仕事であるため、人間関係でストレスを抱えることも多くなります。そのため、あまり細かいことにクヨクヨせず、ポジティブな思考になれる人に向いている仕事です。医療機関や介護機関、教育機関などと連携する中で生まれるトラブルや、利用者との間にトラブルが生じることもあります。嫌なことがあっても、気を取り直して明るく接することができる人は保健師の資質を備えています。

『 子供が好き 』

そこそこ兼ね備えている

保健師は、小さな子供を持つママさんから健康相談を受けることが多い仕事でもあります。子供は感情のコントロールをするのが苦手であるため、体調が悪いとぐずったり、泣き止まなかったりすることもあります。そのため、保健師は基本的に子供が好きな人に向いている仕事です。機嫌が悪い子どもに保健師が優しく接してくれると、ママさんも安心して相談することができます。

『 向上心がある 』

あまり兼ね備えていない

保健師は人々の健康の相談に答えられるように、常にアンテナを張り巡らせておくことが必要です。巷で間違ったダイエット法や健康法が流行っている場合は、適切な方法をアドバイスしなければなりません。新型ウイルスが流行すれば、予防方法なども理解しておかなければならないでしょう。そのため、新しい病気や症状、予防法などについて学び続ける向上心が求められる職業です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの保健師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る