理想の就活/転職のための
自己分析サイト

心療内科医に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今心療内科医の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい心療内科医に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの心療内科医適性診断結果

あなたの適性度は42%で、心療内科医の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。心療内科医を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

心療内科医に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.医学に詳しい
2.話を聞くのが得意
3.献身的な性格
4.相手のペースに合わせられる
5.説得力のある話し方ができる
6.推理をするのが好き
7.観察眼がある
8.偏見を持たない
9.薬学に興味がある
10.感情的にならない
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 医学に詳しい 』

十分に兼ね備えている

心療内科医は医学に興味があって詳しい人に向いています。心療内科医として働くためには医師免許が必要で、大学の医学部を卒業して国家試験に合格しなければなりません。さらに専門医として働けるようになるために、現場経験を3年程度は積むことが必要です。心療内科医になるには医学の中でも特に精神的な病気に関する知識やノウハウが求められるため、医学に詳しいことはほぼ必須と言えます。

『 話を聞くのが得意 』

あまり兼ね備えていない

心療内科医は患者の話を聞いてカウンセリングをしながら診療を進めていきます。そのため、話を聞くのが得意な聞き上手の人は心療内科医に適性があります。患者が「この先生に話したい」と思ってくれるとスムーズに治療が進むでしょう。患者に指示をすることよりも、話を聞いて何が問題なのかを読み解くのが心療内科医にとって欠かせない仕事です。話を聞くのが得意で、人付き合いの仕方に自信がある人は心療内科医に向いています。

『 献身的な性格 』

あまり兼ね備えていない

献身的な性格の人は心療内科医に適しています。心療内科では患者に薬を投与したり、手術をしたりしたらすぐ治療が完了するということはほとんどありません。数ヶ月や数年という単位で根気強く治療を進めていく必要があります。患者は病気によって大きなストレスを受けているので、心療内科医は献身的にサポートすることが大切です。患者を支えようと自然に思える人は心療内科医として働きやすいでしょう。

『 相手のペースに合わせられる 』

兼ね備えていない

心療内科医は相手のペースに合わせて話をしたり、治療を進めたりすることができる人に向いています。精神的に患っている人は会話のペースが遅くなったり、話を理解するのに時間がかかったりすることがよくあります。忙しかったとしても相手のペースを大切にして、じっくりと時間をかけて対応できると心療内科医として信頼を獲得することが可能です。

『 説得力のある話し方ができる 』

そこそこ兼ね備えている

話に説得力がある人は心療内科医に適性があります。心療内科医はカウンセリングを通して患者や家族に納得してもらう必要があるからです。日常生活で何に気を付けたら良いか、仕事や家庭生活でどんな取り組みをしたら良いかを提案することがよくあります。その提案を受けて、患者が意欲的に取り組めるようにするには説得力のある話し方をすることが大切です。論理的に話を組み立てて、納得してくれるように話せる力がある人はカウンセリングを通して治療を進めやすいでしょう。

スポンサーリンク

『 推理をするのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

推理をするのが好きな人は心療内科医に適しています。患者は必ずしも自分の不調を正確に説明できるわけではありません。特に心療内科では精神的な病気の影響で、表現があまりできない患者もいます。そのような患者の様子や言動からどのような病気の可能性があるかを推理するのが心療内科医の役割です。推理小説が好きな人は心療内科医として活躍できる素養を持っていると言えます。

『 観察眼がある 』

兼ね備えていない

観察眼がある人や、他人の観察をするのが好きな人は心療内科医として活躍できます。ちょっとした患者の立ち振る舞いに気付いたのがきっかけで病気の診断ができる場合があるからです。てんかんの発作のように特徴的な症状が出る病気もたくさんあります。診断ができれば効果的な治療法を選んで進められるようになるので、患者を隈なく観察する能力がある人は名医になれる可能性があります。

『 偏見を持たない 』

だいぶ兼ね備えている

心療内科医にとって偏見を持たずに相手を受け入れられることは欠かせません。心療内科にかかる患者は精神科には通いたくないといった考え方を持っていることがほとんどです。周囲に偏見を持たれたくないから病院に行くことはできなかったという人もいます。このような患者を受け入れる寛容さが心療内科医には不可欠です。ありのままに相手を受け入れられる人は心療内科医として患者に信頼されます。

『 薬学に興味がある 』

そこそこ兼ね備えている

薬に興味があって医療に携わりたい人は心療内科医に向いています。心療内科医ではさまざまな種類の医薬品を併用して治療をすることがよくあるからです。確定診断ができた場合には治療法が確立されていることがよくありますが、複雑な症例の場合にはどの薬を使うかを患者ごとに考えなければなりません。薬に興味があって学ぶ意欲があると、効果のある治療を選び出しやすくなります。

『 感情的にならない 』

兼ね備えていない

あまり感情的にならず、冷静さを保てる人は心療内科医に適性があります。患者が感情的になってしまって手を付けられなくなることもありますが、冷静に話を聞いてあげるだけで自然に落ち着いてくることがほとんどです。医師が冷静さを失うと収拾がつかなくなってしまうので、感情的にならない性格を持っているのは大切です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの心療内科医適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る