理想の就活/転職のための
自己分析サイト

心理カウンセラー適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今心理カウンセラーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい心理カウンセラーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの心理カウンセラー適性診断結果

あなたの適性度は56%で、心理カウンセラーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。心理カウンセラーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

心理カウンセラーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.話を聞くのが上手い
2.感情をコントロールできる
3.人に流されない
4.自信を持っている
5.相手の立場になって考えられる
6.勉強熱心
7.気配りができる
8.人の役に立つことが好き
9.失敗や悩みを抱えた経験がある
10.秘密を守ることができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 話を聞くのが上手い 』

あまり兼ね備えていない

心理カウンセラーは、悩みを抱えている人の話を親身になって聞くことが求められています。話を聞くのが下手だと、クライアントが思うように自分の心の内を話すことができなくなってしまうでしょう。心理カウンセラーとクライアントの信頼関係を築くことが、クライアントの悩みを解決に導くために必要不可欠です。聞き上手な人であれば、うまく信頼関係を築いていくことができるため心理カウンセラーに向いていると言えます。

『 感情をコントロールできる 』

あまり兼ね備えていない

心理カウンセラーは、クライアントのカウンセリングの中でさまざまな話を聞くことになります。相手によってはなかなか話をしてくれなくてもどかしく感じる場面も出てくるかもしれません。しかし、そんな時にイラッとした感情を表に出したりするとうまくカウンセリングができなくなります。心理カウンセラーには、自分の感情をしっかりコントロールしていつでも冷静な対応ができる力が求められているのです。

『 人に流されない 』

そこそこ兼ね備えている

人が言っていることにすぐ流されたり、相手に感情移入しすぎてネガティブな気持ちになってしまったりする方もいるかもしれません。しかし、心理カウンセラーという職業をする上では、人に流されずにいることがとても重要なポイントになるのです。日々仕事をする中で自分というものをしっかり持っていなければストレスに押し潰されてしまう可能性があるため、強い気持ちを持っている人が心理カウンセラーに向いています。

『 自信を持っている 』

だいぶ兼ね備えている

心理カウンセラーはクライアントと接する機会が多い仕事です。話している中で、少しでも不安な様子や自信のない様子を見せてしまったら、それだけでクライアントにネガティブな印象を与えてしまうことになります。そうなるとカウンセリングにも支障をきたすため、心理カウンセラーは自信を持っている人が向いていると言えるでしょう。しかし、自信を持ち過ぎて周りが見えなくなるのは逆効果なので要注意です。

『 相手の立場になって考えられる 』

十分に兼ね備えている

クライアントは自分の苦しい思いや悩みを解決したくてカウンセリングを受けに来ています。それなのにも関わらず、心理カウンセラーにつらい気持ちを理解してもらえず、一方的に決めつけるような話をされてしまったら、もうカウンセリングを受けたくないと思ってしまうかもしれません。心理カウンセラーは、専門家としての知識を持ちながらも、相手の立場に立って物事を考え柔軟に対応する力が求められているのです。人の気持ちを考えて親身に行動できる人は、心理カウンセラー向きです。

スポンサーリンク

『 勉強熱心 』

そこそこ兼ね備えている

心理カウンセラーになるために専門的な知識を勉強したり資格を取ったりしていても、クライアントによって対応の仕方や必要になってくる知識は違うため、日々勉強して知識をアップデートしていくことが大切になってきます。勉強を怠って知識を増やしていくことができなければ、そこで成長は止まってしまいます。それでは、クライアントにとってベストなカウンセリングを行うことが難しくなるのではないでしょうか。そのため、勉強熱心でいつも向上心を持ちながら働ける人は心理カウンセラーに向いています。

『 気配りができる 』

そこそこ兼ね備えている

カウンセリングを受けに来るクライアントのことを考えて、カウンセリングルームを清潔に保ったり、落ち着いた雰囲気を演出するために植物などを飾ったりするなど、細やかな気配りができる人は心理カウンセラーに向いています。なぜなら、このような小さな優しさがクライアントの心に届いて、よりカウンセリングがしやすくなる可能性が高いからです。人に対して気配りができていると思うのであれば、心理カウンセラーを目指してみるのも良いかもしれません。

『 人の役に立つことが好き 』

だいぶ兼ね備えている

人のことに興味がなく自分のことしか考えられないと、心理カウンセラーとしてクライアントの気持ちに寄り添うことができなくなってしまいます。心理カウンセラーとは悩みを抱えているクライアントの役に立つ仕事なので、人の役に立つことが好きだったり、人の喜ぶ顔を見て嬉しいと感じられたりする人が向いているのではないでしょうか。また、そういう人が心理カウンセラーの仕事をするとモチベーションが高く維持できるはずです。

『 失敗や悩みを抱えた経験がある 』

そこそこ兼ね備えている

カウンセリングを受けに来るクライアントは、何かに対して悩んでいるものです。そのモヤモヤを解決するために心理カウンセラーがサポートすることになります。そういう時に、心理カウンセラー自身が何かに対して悩んだり失敗してしまったりした経験があると、より親身に話ができるようになったり、言葉に説得力が増すようになったりします。自分の過去をネガティブに捉えず、ポジティブに考えて仕事に活かすと良いでしょう。

『 秘密を守ることができる 』

あまり兼ね備えていない

心理カウンセラーの仕事をしていく中で、クライアントの話にはプライベートな部分もたくさん出てくるでしょう。話しにくい内容を勇気を出して伝えてきてくれるクライアントの気持ちを尊重することが求められるため、聞いた話を外に漏らさないなど、秘密を守ることができる人が心理カウンセラーに向いています。仕事で聞き得た情報は自分の中にしっかり留めておくことが大切なのです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの心理カウンセラー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る