理想の就活/転職のための
自己分析サイト

心理学者に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今心理学者の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい心理学者に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの心理学者適性診断結果

あなたの適性度は33%で、今の時点では心理学者の仕事に向いているとは言えないようです。心理学者を目指したい場合は、まず診断結果の詳細を読み込んで必要な資質を理解するようにしましょう。自分に足りない部分がわかったら、あとは一つづつ克服していけるよう努力あるのみです。

心理学者に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人間に対する興味が強い
2.目標や目的を立てるのが得意
3.好奇心が旺盛
4.フットワークが軽い
5.子どもが好き
6.気持ちを切り替えるのが上手い
7.数学が得意科目
8.考察するのが好き
9.柔軟な思考を持っている
10.自分を疑って見つめ直せる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 人間に対する興味が強い 』

十分に兼ね備えている

心理学者は人間の心理状態に関する研究を続ける役職です。そのため人間に対する興味を持っている人ほど、この職業に対する適性が高いと考えられます。人間に対する興味を持っていれば、どれだけ辛い研究が続いたとしても諦めることなく仕事を続けられるでしょう。

『 目標や目的を立てるのが得意 』

だいぶ兼ね備えている

心理学者は目的もなく研究を続けるような職業ではありません。明確な目的や目標を持って研究を続ける人がほとんどです。特に1つの事柄に対して深く追求したいと考えている人が研究者の道に進んでいるでしょう。心理学者で言えば、何かの事象に対する心理状況を深く知りたいという目的で研究が進められます。心理学者は研究に対する具体的なイメージを持っている人が向いている職業だと言えます。

『 好奇心が旺盛 』

あまり兼ね備えていない

幼い頃からどんなものにも興味を持っていたという人もいるのではないでしょうか。あらゆることに対する好奇心の強さは心理学者としての仕事をこなしていく上で重要な要素です。心理学者の研究対象は人間なので、街を歩く人の関係性や心理状況に常に興味を持っておくことも必要かもしれません。また好奇心を持って行動している自分の心理状況も研究対象となる可能性もあります。このように人間の心理に関する全てのことに好奇心を持てる人ほど、心理学者としての適性が高いと考えられます。

『 フットワークが軽い 』

あまり兼ね備えていない

心理学者の研究対象は様々な場所に存在しますが、全ての人から情報を仕入れられるとは限りません。取材を受けてもらえるときや研究に協力してもらえるときには、素早く行動して研究対象の気持ちを冷やしてしまわないように注意するのも重要なポイントです。フットワークが軽ければ研究に関するオファーにも瞬時に対応できるでしょう。フットワークが軽い人ほど、研究に関する資料も集めやすいと考えられます。心理学者になりたいのであれば、フットワークを軽くする努力も必要かもしれません。

『 子どもが好き 』

あまり兼ね備えていない

心理学者の研究内容によっては年齢制限がないケースもあります。大人と子どもでの心理状況の違いを研究することもあるでしょう。そのため子どもと接する機会の多い職業だと言えます。子どもが好きだという人は心理学者に向いているでしょう。子どもは素直に気持ちを表現してくれることも多いので、子どもとのコミュニケーションを取るのが上手い人は良い研究資料を集めやすいかもしれません。

スポンサーリンク

『 気持ちを切り替えるのが上手い 』

兼ね備えていない

心理学者の研究は全てが上手く進むわけではありません。失敗することが多い職業だと思っておいた方が良いかもしれません。その失敗をもとに新たなチャレンジを行って研究を進めていくというのが、この職業の基本です。心理学者は諦めずにトライ&エラーを繰り返すのが大切でしょう。そのため気持ちを上手く切り替えられる人ほど、心理学者としての適性が高いと言えます。過ぎたことを悔いるのではなく、その失敗を糧にできる人は良い心理学者になれる可能性が高いです。

『 数学が得意科目 』

兼ね備えていない

心理学者は膨大なデータを纏める役割も持っています。その纏められた膨大なデータを見ながら、数字を用いた根拠の提示を行うのも心理学者の仕事です。数字を用いた根拠の提示を行うには数学的な計算も必要になってきます。そのため数学が得意だという人は心理学者に向いている可能性が高いでしょう。特に平均値を割り出すことや相関係数を出すことが得意である人は、心理学者の適性が高いと考えられます。

『 考察するのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

心理学者は「何故この状況下でこのような心理状況に陥ったのか」といったものを考察するのが仕事です。その考察が間違っていた場合には、また最初から考察する必要も出てきます。毎日考察を繰り返す職業とも言えるので、考察するのが好きな人にとっては魅力的な仕事だと言えます。普段から様々なことに関する考察を行っている人は、心理学者に向いています。

『 柔軟な思考を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

心理学者には柔軟な思考力が必要です。1つの角度から心理状況を読み取るのは難しく、研究を深めていくのも難しいと言えます。そのためあらゆる角度から物事を捉えるような柔軟な思考力を持っている人ほど、心理学者に向いていると考えられます。心理学者は客観的な思考力も持っている方がいいでしょう。柔軟な思考力と客観的な思考力を持っていれば、自分の性格上では理解できないような心理状況が生じた場合にも研究が滞る可能性が下がります。

『 自分を疑って見つめ直せる 』

兼ね備えていない

心理学者には否定的な考え方も必要になります。特に自分の研究に対する否定的な考え方や疑いの目は持っておいた方がいいでしょう。自分の研究に対する否定的な考え方を持っていれば、何かおかしなポイントが出てきたときに何が原因で研究が間違った方向に進んだのかが判明しやすくなります。普段から否定的な考え方も持ち合わせている人は心理学者に向いているでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの心理学者適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る