理想の就活/転職のための
自己分析サイト

義肢装具士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今義肢装具士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい義肢装具士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの義肢装具士適性診断結果

あなたの適性度は51%で、義肢装具士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。義肢装具士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

義肢装具士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.一つ一つの作業を丁寧にこなせる
2.向上心を長期間持ち続けられる
3.コミュニケーション能力が高い
4.人の喜びがやりがいにつながる
5.工作などのモノづくりが好き
6.アイデアが豊富
7.他人への思いやりの気持ちが強い
8.忍耐強い
9.障がい者に対する理解がある
10.使命感が強い
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 一つ一つの作業を丁寧にこなせる 』

兼ね備えていない

一つひとつの作業を丁寧にこなせる人が義肢装具士に向いています。義肢装具士とは患者のニーズに合わせて手や足の代わりとなる義肢を作ることが主な仕事です。工場のようにすべて同じ型の製品を生産するわけではなく、それぞれの体型や要望に合わせて柔軟に形状を変化させなければいけません。装着後に不具合があれば再び作り直すというケースも多いので、一つひとつの作業を丁寧に進める力が問われます。

『 向上心を長期間持ち続けられる 』

兼ね備えていない

向上心を持ち続けられる人も義肢装具士に向いています。義肢装具士は資格取得が必要な仕事ですが、資格があるからといって努力を怠れば技術は一気に落ちてしまいます。義肢装具の業界は常に変化と進化を続けているので、日々向上していく技術や知識に対応できる向上心が必要です。資格取得後もスキル向上に前向きに取り組み、たゆまぬ努力を継続できる人におすすめできます。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

義肢装具士はコミュニケーション能力が高い人も向いています。義肢製作に取り組む前には理学療法士や医師、看護師と十分なコミュニケーションを取って、それぞれの意見を適確にヒアリングしなければいけません。また利用者間とも意思疎通を十分に取り、要望を受け入れながらより良い義肢を制作しなければいけないからです。特に医師と理学療法士はそれぞれで意見が異なるケースもあります。どちらかの要望を優先したり意見が偏ったりすると適切な装具が作れないので、チームプレイが得意であることも重要です。

『 人の喜びがやりがいにつながる 』

十分に兼ね備えている

義肢装具士は人の喜びが自分自身のやりがいにつながる人も向いています。義肢とは身体が不自由な人をサポートする義肢を作るのが仕事です。義肢があることで利用者の行動範囲やできることが広がり、同時に精神的にも大きな充足感を得られます。義肢を必要としている人が喜ぶことが自分にとっても嬉しいと思えることが義肢装具士にとっては重要です。

『 工作などのモノづくりが好き 』

そこそこ兼ね備えている

工作などのモノづくりが好きな人も義肢装具士に向いています。義肢装具の制作は利用者の採型・採寸からスタートし、適した素材の調達、組み立て・調整まで行います。全ての工程における作業はハンドメイドで、機械化は一切されていません。一から十まで自分の手腕と技法に委ねられるので、自分自身でコツコツとものを作り上げていくことが好きは人に適している職業です。

スポンサーリンク

『 アイデアが豊富 』

十分に兼ね備えている

義肢装具士はアイデア豊富な人が適した職業です。義肢を必要としている人は、一人ひとり状況や体型、必要とする部位や希望が違います。基本やマニュアルをベースとしながらも、時には柔軟に対応していかなければいけません。利用者や医師の希望を最大限反映して柔軟に対応するためには、アイデア力も必要となってきます。そのため、迷いが生じたり困難な状況にぶつかったときでも、別の道を切り開くためのアイデアを模索できる人が義肢装具士に適した人材です。

『 他人への思いやりの気持ちが強い 』

兼ね備えていない

義肢装具士は、義肢を必要とする利用者の心を思いやれる人が向いています。義肢を必要としている人すべてが義肢装着を心から望んでいるわけではなく、義肢を装着することに抵抗感を持っている人も少なくありません。特に事故などで突然義肢が必要になった人は、義肢を装着する自分自身の状況を受け入れることができないケースも見られます。利用者の思いや苦しみに寄り添いながら、温かい心で対応できる人材が求められる職種です。

『 忍耐強い 』

だいぶ兼ね備えている

忍耐強さも義肢装具士に求められる能力です。義肢を作る際には利用者に適した完成品に到達するまで何度も修正・手直しする必要があります。自分で良いと判断した義肢であっても、実際に装着したら不具合が出るというケースは案外多いです。そのため忍耐強く修正に対応できる人が適している仕事といえます。

『 障がい者に対する理解がある 』

そこそこ兼ね備えている

義肢を必要とする人は障がい者手帳を保有している人がほとんどなので、障がい者に対する理解があることも義肢装具士には重要です。体が不自由なことはもちろん、不自由さから生じる様々な弊害や精神状態、障害に伴いそれぞれが抱えている悩みなどに理解がなければ義肢装具士は務まりません。障がい者に対する正しい知識があってこそ素晴らしい義肢装具完成へとつながっていくのです。

『 使命感が強い 』

十分に兼ね備えている

義肢装具士は医療に携わる一員としての使命感を持った人材が適しています。義肢装具は利用者の身体的サポートをするだけではなく、治療の一環として用いられることも少なくありません。例えば義肢を装着することによる麻痺の軽減、痛みや炎症の緩和・改善などです。医療の一部分を担う使命感と意識の高さを持った人材が義肢装具士に向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの義肢装具士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る