理想の就活/転職のための
自己分析サイト

校正者適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今校正者の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい校正者に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの校正者適性診断結果

あなたの適性度は56%で、校正者の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。校正者を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

校正者に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.地味な作業もいとわない
2.文字が好き
3.細かいことに気が付く
4.黙々と作業ができる
5.柔軟に対応できる
6.集中力がある
7.漢字の読み書きが得意
8.外国語が得意
9.色々なことにアンテナを張れる
10.専門で掘り下げたい分野がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 地味な作業もいとわない 』

あまり兼ね備えていない

校正者は大きく目立つ仕事ではありません。しかし、間違った情報を出さないようにするためには必要な仕事です。人に褒められることが少なく、目につくこともほとんどないけれどしっかり働き続けなければなりません。そのため、普段から地味な作業でもいとわずに行える人、ほめられなくてもやりがいを持ち続けられる人が校正者には向いています。縁の下の力持ちといわれるようなら向いているかもしれません。

『 文字が好き 』

あまり兼ね備えていない

校正者はとにかく文字を相手にしていく仕事です。そのため、文字が好きなことは必須の条件といえます。必要な情報を入れるにも文字を見る必要がありますし、実際に校正作業を行っていく段階でも文字に触れることになります。常に活字に触れていくことになるので、それが苦でなくできる人なら仕事も楽しく行えるでしょう。活字中毒だと思っている方は特に向いている仕事といえます。

『 細かいことに気が付く 』

そこそこ兼ね備えている

校正者の仕事はとにかく間違いや疑義のある部分を見つけていくことです。それは学んでできる部分だけではなく、もともと持っているセンスや勘に頼る部分も多くなります。とにかくおかしいと気が付くことができなければ調べることすらできませんから、見落としにつながってしまうのです。ちょっとしたことでも気が付く人、日常の中でどうでもいいことが気になるといわれる人なども、校正者に向いているかもしれません。ほかの場面ではちょっと嫌がられるぐらいの細かさが生かせる仕事です。

『 黙々と作業ができる 』

だいぶ兼ね備えている

校正者が集まる部署などでは、みな集中して仕事をしています。短時間でチェックを行うのですから、集中力が途切れるようなことはできるだけ避けたいものです。雑談をしたり、落ち着かずに動き回ったりしていると他の校正者の迷惑になることがあります。ほかの職場であれば積極的に話しかけることはメリットになることもありますが、校正の仕事の場合は、自分自身だけではなく周りの人のことも考えて、集中すべき時は黙って仕事に集中するというようにメリハリをつけることが大切です。

『 柔軟に対応できる 』

十分に兼ね備えている

校正者といっても仕事の形は様々です。文字の間違いのチェックだけの場合もありますし、内容にまで踏み込んでチェックをすることもあります。かけられる時間も異なることがあります。相手が何を求めているのかなどをつかんでそれに合わせた対応をすることが求められるのです。しっかり決まった自分のやり方だけではなく、その都度求められていることに合わせた仕事ができる人が向いています。

スポンサーリンク

『 集中力がある 』

そこそこ兼ね備えている

校正者がかけられる時間は意外と短いことがあります。記者や作家が書きあがるのがぎりぎりになった場合、急いで校正を済ませなければならないこともあるのです。しかも見落としは許されません。だからこそ、短時間でもしっかり集中して仕事ができる人が向いています。集中力をほめられた経験がある方などは校正の仕事をスムーズに進めやすいでしょう。

『 漢字の読み書きが得意 』

そこそこ兼ね備えている

日本語の文章の校正の場合には、漢字の間違いなどをチェックすることが多いです。漢字の読み書きが得意だと仕事に役立つでしょう。単に漢字が書けるだけではなく、どのような場面で使うのか、似たような感じの使い分け、送り仮名の付け方などまで知っておきたい所です。勉強していくこともできますが、もともとある程度得意な人の方がストレスなく仕事につなげられます。目指すのであれば漢字の勉強などをしていくとよいかもしれません。

『 外国語が得意 』

だいぶ兼ね備えている

最近は情報も国際化が進んでいて、海外のことについて取り上げた文章を校正する可能性もあります。ある程度外国語に親しんでいると誤りに気づきやすくなったり、調査がしやすくなったりします。また、そもそも外国語の校正を求められる場合もあるかもしれません。外国語が得意な方はその力を伸ばしていくのも仕事につながる可能性があります。

『 色々なことにアンテナを張れる 』

そこそこ兼ね備えている

場合によっては内容について知っていないと間違いに気づけないこともあるかもしれません。内容面も含めた校正を求められることもあります。そのようなとき、広いジャンルをカバーできるようにアンテナを張って情報収集しておくことも校正者には必要です。日常の中でもニュースなどを見て情報収集するなどの努力も必要です。

『 専門で掘り下げたい分野がある 』

あまり兼ね備えていない

場合によっては専門的な内容の校正、あるいは校閲などを求められることもあります。自分の興味のある分野や好きなことなどは深く掘り下げておくと、こうした専門的な依頼を任されることもあります。広く情報収集するだけではなく、自分の強みとなるような専門分野を一つ持っておくと、就職の際のアピールにもつながりやすいでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの校正者適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る