理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

プロジェクトマネージャーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今プロジェクトマネージャーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいプロジェクトマネージャーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

プロジェクトマネージャーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのプロジェクトマネージャー適性診断結果

あなたの適性度は42%で、プロジェクトマネージャーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。プロジェクトマネージャーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

プロジェクトマネージャーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.企画力がある
2.プレゼンが得意
3.スケジュール管理力に優れている
4.仕事を最後までやり抜く力を持っている
5.リーダーシップを発揮できる
6.人やスケジュールの調整が得意
7.交渉力がある
8.問題解決力がある
9.コスト意識が高い
10.臨機応変に柔軟な対応ができる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
プロジェクトマネージャー適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 企画力がある 』

そこそこ兼ね備えている

プロジェクトの企画力をはじめ、任されたプロジェクトを深堀して形作っていく企画力が求められます。社内でのプロジェクト、クライアントから依頼されてのプロジェクトなどさまざまですが、企画することや提案ができる能力が必要です。これまでにない事業や内容のケースも多いため、柔軟な発想力や企画力を持てる方が向いています。頭が固すぎる方はあまり向いていません。

『 プレゼンが得意 』

兼ね備えていない

プロジェクトを任されるために社内外でプレゼンを行う機会をはじめ、プロジェクトメンバーや関係者にプロジェクトの内容や工程の説明をする機会も多いです。わかりやすい説明、メリハリのついた説明、説得力のある説明などプレゼン力も求められます。人前で話すのが苦手な方、論理立ったわかりやすい説明ができない方、話が冗長すぎる方はプレゼンスキルを磨きましょう。

『 スケジュール管理力に優れている 』

十分に兼ね備えている

プロジェクトを納期までに完遂させるために、スケジュールを作成し、人員を割り振り、作業工程を分割し、計画したスケジュール通りに業務を進めていく必要があります。計画力があり、工程管理や進捗管理ができることも、プロジェクトマネージャーには欠かせないスキルです。計画が立てられない人、スケジュール管理ができない人には向いていません。

『 仕事を最後までやり抜く力を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

計画が立てられても、プロジェクトを最後まで完遂できなくては意味がありません。スケジュールにもとづいた業務進行に加え、トラブルが生じた場合や急な内容変更などが生じて、最初の計画が狂ったとしても、修正を加えて、納期通りに完成させる業務遂行力が必要です。スケジュール表は綿密に書けても実行力がない人、挫折しやすく、最後まで貫徹できない人には向いていません。

『 リーダーシップを発揮できる 』

兼ね備えていない

プロジェクトによっても異なりますが、さまざまな年代や職種の個性の異なるメンバーが集まる場合や自社だけでなく、協力会社や派遣社員、共同事業を営む社外の担当者が加わるなど、幅広いメンバーが集まることも少なくありません。業務を行う場所が、バラバラなケースもあります。幅広い人材、別の場所でそれぞれ作業する人材が、滞りなく業務を完遂できるよう、リーダーシップを発揮できることが必要です。有能なメンバーを集めたから、どうにかしてくれるといった放任主義者には不向きです。

スポンサーリンク

『 人やスケジュールの調整が得意 』

あまり兼ね備えていない

一つのプロジェクトには複数の会社が関係することやさまざまな会社との折衝が必要になります。プロジェクトメンバーを集める際も、社内を横断的に集めるケースも多く、各部署との調整も必要です。プロジェクト遂行中にはメンバー間で意見が合わないことや進捗にズレが生じることも少なくありません。さまざまな立場の人と人の間に立って、うまくいくようコーディネートする力も必要です。それぞれの立場を理解することや調整事が苦手な方には向いていません。

『 交渉力がある 』

だいぶ兼ね備えている

プロジェクトを行ううえでは、クライアントとの交渉や仕入れ先など取引先との交渉をはじめ、プロジェクトメンバーを集めるために社内の各部署と交渉をすることや協力会社や派遣会社などと交渉を行うことも必要です。内容変更を求められ、スケジュールに無理がある時に納期の変更を求めるなど、プロジェクトを無事に完遂させるためにも交渉力は欠かせません。交渉が苦手な人はスキルを磨いていきましょう。

『 問題解決力がある 』

そこそこ兼ね備えている

プロジェクトを遂行していくうえでは、さまざまな問題が発生することが想定されます。想定内、想定外、突然のトラブルなどいろいろありますが、問題の性質に応じて、速やかに解決を図れる問題解決力も必要です。プロジェクトマネージャーは社内外の対応を行ううえ、別の業務も対応するなど、一つのプロジェクトに集中できない方も少なくありません。問題が生じても、多忙ゆえにスルーする人や解決をメンバーに丸投げするような人は要注意です。困った時に解決してくれる人にメンバーはついてきます。

『 コスト意識が高い 』

あまり兼ね備えていない

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトのコスト管理も担当します。与えられた予算の範囲でプロジェクトを完成させないと、会社の利益にも影響を与えます。人件費をはじめ、外注費や消耗品や資材の費用、交通費などコストを抑える部分、コストをしっかりかけて対応する部分を検討して、コスト管理ができる能力が必要です。数字に弱い、計算に弱い、コスト意識がない方には向いていません。

『 臨機応変に柔軟な対応ができる 』

そこそこ兼ね備えている

社内のプロジェクトでも、クライアントから依頼されたプロジェクトでも、急な内容変更や条件変更、コストカットなどさまざまな修正を求められることもあります。また、国内外の政治情勢や経済情勢などが影響を与えることも少なくありません。当初の予定通りでは実行が難しくなった際に、速やかに対応でき、軌道修正ができることも大切です。臨機応変の対応力、軌道修正ができる能力も不可欠です。状況が変わるとパニックになる方は向いていません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのプロジェクトマネージャー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
プロジェクトマネージャー適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • プロジェクトマネージャーに向いているか向いていないか
  • プロジェクトマネージャーの職業適性度
  • プロジェクトマネージャーに必要な10の資質
  • 解説でプロジェクトマネージャーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

プロジェクトマネージャーとは?

プロジェクトマネージャーとは、プロジェクト全体の責任者です。

予算や納期などプロジェクトに関する進行を管理し、成功へと導くのが役割です。

まず、顧客の要望をヒアリングし必要な人材や工数を明確にします。

チームを結成したら、プロジェクトの目的やスケジュールなどの情報を説明し、変更などがあれば速やかにメンバーに報告します。

そして、進行度合いをこまめにチェックし納期が遅れないように管理したり、問題が発生した場合はクライアントと話し合う事も必要です。

そして、完成したプロジェクトを顧客に提供するまでがプロジェクトマネージャーの仕事です。

プロジェクトマネージャーになるには?

プロジェクトマネージャーになるには、経験を積む事が必要です。

IT関連の仕事に携わり、プロジェクトリーダーなど管理職を経験してから目指すと近道になります。

プロジェクトマネージャーになるためには、必ずしも資格が必要というわけではありません。

ですが、持っておくと役立つ資格はあります。

それは、プロジェクトマネージャー試験です。

IPA(情報処理推進機構)が認定する情報処理技術者試験の1つで、システム開発プロジェクトのマネジメントスキルがある事を証明してくれます。

この資格を持っていると、就職や転職の時に有利になります。

プロジェクトマネージャーの給料・年収

プロジェクトマネージャーに関する年収を複数の調査で調べた結果、平均年収が600〜630万円だという事がわかりました。

初年度の場合は、250〜300万円ほどで月給にすると20万円〜23万円です。

実績や経験、スキルによって給与は変わります。

管理職であるため、IT関連の職種のなかでも年収は比較的高めです。

令和3年に国税庁が行った民間給与実態統計調査によると、1年を通じて勤務した給与所得者の年収は、男性は545万円で女性は302万円でした。

プロジェクトマネージャーは、勤務先などでも異なりますが全体的に見ても高水準の給与だとわかります。

プロジェクトマネージャーの就職・転職先(求人)

プロジェクトマネージャーの就職・転職先は、ITやWEBシステムの開発業者です。

また、コンピューターメーカーやソフトウェア開発会社も、プロジェクトマネージャーの力を必要としています。

IT関連の仕事以外でも、自社でシステムを開発・運営している場合には必要な職種です。

ネットを活用する職種は年々増えています。

ですが、IT関連の多くは人手不足で悩んでいます。

IT関連のトレンドによると、プロジェクトマネージャーになる人は少ない傾向にあります。

プロジェクトマネージャーがいなければプロジェクトの成功は難しいため、将来的にかなり注目される職業となるでしょう。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0