理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

プロレスラーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今プロレスラーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいプロレスラーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

プロレスラーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのプロレスラー適性診断結果

あなたの適性度は42%で、プロレスラーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。プロレスラーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

プロレスラーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.身体能力が高くてスタミナもある
2.理不尽な行動にも耐えられる
3.場を盛り上げる能力が高い
4.たくさんのお金を稼ぎたい
5.アスリートとして長く活動したい
6.語学力が高い
7.忍耐力がある
8.筋トレが大好き
9.幅広い分野の人脈を築きたい
10.誹謗中傷にも耐えられる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
プロレスラー適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 身体能力が高くてスタミナもある 』

兼ね備えていない

プロレスラーとして成功するためには、なんと言ってもまず身体能力の高さが必要です。また1試合あたりの試合時間が長くなりつつある傾向の中、短時間で息切れする事のないスタミナも必要不可欠となってきています。学生時代にアマチュアレスリング部や柔道部・ラグビー部などに所属していて、総合的な身体能力やスタミナには確かな自信があるという人には向いている職業です。

『 理不尽な行動にも耐えられる 』

そこそこ兼ね備えている

プロレスの世界には、どの団体においても正統派レスラー(ベビーフェイス)の対戦相手となる悪役レスラー(ヒール)が存在します。そのプロレス界はエンターテインメント性を大事にする中である程度の反則を認めている傾向にあり、ヒールがベビーフェイスに対して反則攻撃を行う光景がよく見られます。竹刀・イスなどを使ってヒールが反則攻撃をしてきて出血をする事は当たり前という文化がある中、そういった凶行に耐えられるガッツをもっていなければなりません。

『 場を盛り上げる能力が高い 』

十分に兼ね備えている

プロレスの世界においては、話術を活かしてリング上でうまくマイクパフォーマンスをし、会場の雰囲気を盛り上げられる正統派レスラーが成功しやすい傾向にあります。悪役に関しても派手に反則をしたり暴言を吐いたりして徹底的にヒールを演じきり、会場の雰囲気を盛り上げる事が重要な世界で、大勢の人を煽るのが上手な人には絶好の職業です。

『 たくさんのお金を稼ぎたい 』

兼ね備えていない

プロレスラーという職業は、成功すればたくさんのお金を稼げる事も大きな魅力と言えます。例えば日本のメジャー団体であっても、トップレスラーになる事ができれば相当な年収を得られます。さらにプロレス大国・アメリカのメジャー団体で活躍出来た場合は1年で数億円のお金を稼げるほどのため、一生のうちでたくさんのお金を稼ぎたい人にも向いています。

『 アスリートとして長く活動したい 』

十分に兼ね備えている

プロレスラーとは大怪我をしなければ、長く現役生活を続ける事も可能な職業です。大きな団体で主役として活躍できなくなっても、ヒールに転身したり別団体に移籍する事により、40代・50代、さらには60代まで現役を続ける事もできます。そういった意味で、若いうちだけでなく年をとってからも長くアスリートとして生活したい人にも向いていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

『 語学力が高い 』

あまり兼ね備えていない

世界中にはたくさんのプロレス団体があります。そして日本人選手が海外に遠征する事もあれば、海外選手が日本に遠征してくる事もよくあります。各団体に多国籍の選手が集い、リングの上では英語が飛び交うという環境がある中、高い英語力が活かせるのもこの職業の特徴です。なお世界のプロレスシーンではメキシコも大国の一つとなっており、英語だけでなくスペイン語を上手に操れる選手はコミュニケーション面で相当有利な立場にあります。

『 忍耐力がある 』

あまり兼ね備えていない

プロレスとは層が厚くて年配選手も活躍できる世界である中、なかなか若手にチャンスは廻ってきません。大半の選手が3年から5年、長ければ10年近い下積み生活を送る事を余儀なくされます。そんな環境の中、一向にチャンスが回ってくる事がなくても、その時をひたすら待ち続けられる強い忍耐力も必要になってきます。

『 筋トレが大好き 』

兼ね備えていない

プロレスラーになった場合は、生涯を通じて団体の道場やスポーツジムでの筋トレを行い続ける必要があります。常日頃から筋トレをする事が大好きで、体力が明確に落ちてくる世代に突入しても筋トレを苦とせず、むしろ楽しく行えるようなタイプの人にも向いています。

『 幅広い分野の人脈を築きたい 』

十分に兼ね備えている

プロレスとはスポーツとエンターテインメントの中間に位置している世界で、プロレスラーはアスリートとタレント両方の側面をもちます。選手の知名度が観客動員数に大きく影響する中、各団体は所属レスラーをタレントとして積極的に売り出す傾向にあり、国民的知名度を誇るレスラーも数多く存在します。タレントとしても人気が出てバラエティー番組にゲストで呼ばれた際は、リングの上でプロレスをしているだけで決して出会えない一流芸能人や文化人と共演できます。バラエティー番組にたくさん出ていれば、それらの人の中で気が合う人と親しくなる事も可能なため、生きている中で幅広いトップランナーと知り合いになりたい人にも向いた職業です。

『 誹謗中傷にも耐えられる 』

そこそこ兼ね備えている

層が厚いプロレスの中では、有望な若手が団体側の意向でヒール側に回って活動する事もあります。反則攻撃ばかりするヒールという存在はいつの時代もベビーフェイスのファンからすると邪魔な存在でしかなく、時には会場や街で子供から罵倒されるような事も起こります。さらに平成・令和時代においてはインターネットを通じた誹謗中傷も日常的に起こる世界のため、特にヒール側の選手は強靭な心をもっていなければなりません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのプロレスラー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
プロレスラー適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • プロレスラーに向いているか向いていないか
  • プロレスラーの職業適性度
  • プロレスラーに必要な10の資質
  • 解説でプロレスラーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

プロレスラーとは?

プロレスラーとは、リング上でプロレスの技を駆使して対戦相手と戦う競技を行う人のこと、あるいはそれで収入を得る職業のことを言います。

格闘技の一つであり、試合結果によって勝敗は決まりますが、お客さんに競技を魅せるということもプロレスラーの大事な業務です。

各地域を回って興行を開催し、試合以外にもファンやお客さんを対象としたイベントなどを行うこともあり、試合や技を楽しんでもらうためにプロレスラーとしての個性を確立することが求められます。

そのため、得意な技を身に付けてリング上で華麗に披露することや対戦相手とのやり取り、マイクパフォーマンスなども仕事の一つとなります。

プロレスラーになるには?

プロレスラーになるには、プロレス団体の新人オーディションや入団テストを受けて合格をする必要があります。

レスリングや柔道などの格闘技系のスポーツ経験者は有利ですが、初心者や未経験者はプロレスの養成所に入り、様々なトレーニングを受けて入団テストを受けるケースが多いです。

ある程度の知識や経験を持つ学生プロレスの経験者もプロレス団体に加入できる確率は高いですが、プロとしての基礎ができていないケースも少なくないため、デビュー後であっても体作りを継続することがあります。

海外の養成所を経てプロレスラーになる人もいますが、養成所ごとに方針は異なり、プロレス団体によっては身長や年齢に制限を設けていることもあるため注意が必要です。

プロレスラーの給料・年収

プロレスラーの給料は、芸能人がギャラを公開しないのと同じで秘匿とされています。

主な収入源は試合で得た賞金やファイトマネー、所属している団体から支払われる給料となり、試合の数や人気の具合などでプロレスラー個人の収入には幅が生じます。

そのため確定はできませんが、複数のデータでは新人は月に数万円程度の給料で、人気が出て固定ファンが多くなるとその分給与額は増えることとなります。

デビューしてから5年程は年収はおよそ100万円~200万円、人気が出てたくさんのファンが付くと500万円~800万円というデータも存在し、イベントやテレビ番組、CMなどの出演料、個人のグッズの売り上げなども収入に影響します。

プロレスラーの就職・転職先(求人)

プロレスラーは、基本的にプロレス団体に就職することとなります。

日本に存在するおよそ120の団体の中から選び、経験や実力を重ねて人気のプロレスラーになることができれば、他のプロレス団体が開催する試合へのゲスト出演や、自分のプロレス団体を発足して独立することも可能です。

他の団体へ移籍することもでき、契約更新の時期を設けているケースが多い年末年始には、毎年数多くのプロレスラーが入団、退団をしています。

フリーランスでプロレスラーの仕事をする人もいて、フリーでは自分で営業を行う必要がありますが、自分の理想とする興行を行うことができるというメリットが得られます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0