理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

プロゴルファーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今プロゴルファーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいプロゴルファーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

プロゴルファーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのプロゴルファー適性診断結果

あなたの適性度は50%で、プロゴルファーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。プロゴルファーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

プロゴルファーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.競争心が強い
2.手先が器用
3.集中力がある
4.全体を見る力がある
5.協調性がある
6.パワーがある
7.風や気象に詳しい
8.体力がある
9.リズム感が良い
10.目標達成に強い執着がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
プロゴルファー適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 競争心が強い 』

兼ね備えていない

誰かと競争して勝ってやろうという競争心が強い人は、プロゴルファーに向いています。プロゴルファーは多くの試合・トーナメントで、他の競技者全員に勝たなければ優勝できません。強い競争心がなければ務まらないので、勝ち気な性格の方が適性があります。誰かがバーディーを獲ったら、自分もすぐに獲り返してやるという強い気持ちが必要です。

『 手先が器用 』

そこそこ兼ね備えている

プロゴルファーには、器用さも必要です。ゴルフの世界には、「ドライバーはショーのため、パターはお金のため」という格言があります。プロゴルファーでお金を稼ぐためには、パターに代表される小技が大切という意味です。手先が器用な人は、短い距離のアプローチやパターが上手な人が多いです。細かい作業が得意な人は、プロゴルファーとしてやっていく資質があります。

『 集中力がある 』

そこそこ兼ね備えている

プロゴルファーには、研ぎ澄まされた集中力が必要です。状況に応じて使用するクラブを選び、方向性を決めた後は、集中してスイングすることだけを考えなければいけません。他のことは一切気にせず、目の前の一打に没頭する集中力がなければ、試合で勝つことはできません。もともと集中するのが得意な人や、1つのことにのめり込んで周りが見えなくなる位の性格の人は、プロゴルファーに向いています。

『 全体を見る力がある 』

十分に兼ね備えている

ゴルフの試合では、ただボールを打てば良いというわけではありません。コース全体を見渡して戦略を立ててから、攻めていきます。2打目をどこから打つのかを考えた上で、1打目の狙い所を決めるような戦略性・計画性が求められるスポーツです。全体を俯瞰で見られるような目を持っているのが、プロゴルファー向きの性格です。

『 協調性がある 』

そこそこ兼ね備えている

プロゴルファーは1人で戦っていると見られがちですが、そんなことはありません。キャディーと二人三脚でコースマネージメントをしていくスポーツです。キャディーの意見を聞き、自分の意見と協議しながらゲームを進めていきます。パートナーの意見を聞く耳を持っていなければいけません。自分勝手ではできないスポーツです。ときには、自分の意見よりもキャディーの意見を尊重しなければいけない場面も出てきます。協調性が必要です。

スポンサーリンク

『 パワーがある 』

そこそこ兼ね備えている

ゴルフは、飛ばした者勝ちのスポーツではありません。ただ、ドライバーを振った時、ボールが遠くに飛ぶプレイヤーが有利なことは確かなので、パワーはあった方が良いです。1打目で遠くまで飛ばせた方が、2打目がより短く、簡単なクラブで打つことができるからです。筋力があってパワーがみなぎっている人は、ボールを遠くに飛ばす能力が高く、プロゴルファーに向いています。

『 風や気象に詳しい 』

十分に兼ね備えている

ゴルフは屋外で行われるスポーツです。山や谷の地形を利用してゴルフコースが作られているので、自然を相手にしていると言えます。同じホールでも、風がある時とない時では、選ぶクラブが変わることがあります。どちら向きに風が吹いているのか、どれくらいの強さなのかを正確に読まなければいけません。普段から風を読むのが得意な人は、プロゴルファーに向いています。風を読み切れば、ボールの落下地点を正確に予測できるからです。これは、プロゴルファーにとって大きな武器です。

『 体力がある 』

十分に兼ね備えている

プロゴルファーが参加する試合は、概ね4日間を通して行われます。毎日18ホールもプレイして、それを4日間続ける必要があるので、体力が必要です。もともと体力に自信がある人は、プロゴルファーに向いています。プロゴルファーはコースを歩きながらプレイします。ホールとホールの間を含めると、1日で10キロメートル近く歩くとも言われるので、体力がなければ務まりません。たくさん歩く体力がある人は、プロゴルファーの適性があります。

『 リズム感が良い 』

兼ね備えていない

ゴルフのスイングをするときには、リズムが大切です。良いリズムでスイングしなければ、ボールはまっすぐ飛んでくれません。また、いつも同じリズムでスイングをすることで再現性が高まり、ミスを減らすことができます。リズム感が良い人は、プロゴルファーに向いています。ただクラブを上げて下ろすだけではなく、一定のリズムで常にスイングをすることが大切です。リズムが乱れなければ、スイングも乱れません。

『 目標達成に強い執着がある 』

あまり兼ね備えていない

プロゴルファーは、試合で上位に入って賞金を稼ぐ仕事です。少しでも上の順位に入ってお金を稼がなければ、やっていけません。最終日の最終ホールでは、パターを入れた時と外した時とで、獲得賞金が数百万円変わることもあります。目標達成のために、「何がなんでも入れてやる!」と集中力を増す人が、プロゴルファーに向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのプロゴルファー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
プロゴルファー適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • プロゴルファーに向いているか向いていないか
  • プロゴルファーの職業適性度
  • プロゴルファーに必要な10の資質
  • 解説でプロゴルファーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

プロゴルファーとは?

プロゴルファーは、ツアープロとティーチングプロの2つに分けることができます。

ツアープロとは、ゴルフのトーナメントツアーに出場して、優勝を目指して戦う選手たちになります。

ツアーで良い成績を残すことができれば、高額な賞金やスポンサー料を獲得することができます。

ティーチングプロとは、ゴルフの技術を他の人に教えることでお金を稼ぐ人たちのことです。

レッスンプロやゴルフのインストラクターと呼ばれることもあります。

ティーチングプロは技術力はもちろんのこと、スイングの仕方などを理論的に教えることができる能力が必要になります。

プロゴルファーになるには?

プロゴルファーを目指す場合、学歴は不問です。

プロゴルファーになるためには、プロゴルフ協会の認定が必要になります。

ツアープロとして認定される方法は2種類あります。

1つ目は、男子は16歳以上・女子は18歳以上のアマチュア選手が、ツアートーナメントで優勝をしてツアープロになる方法です。

2つ目はプロテストに合格をする方法です。

男性の場合のプロテストの内容は、プレ予選・第1次プロテスト・第2次プロテスト・最終プロテストの4段階に分かれています。

最終的な合格者は、最終プロテストで50位以内に入った人になり、全体の合格者は1割程度だと言われています。

女子の場合は、第1次予選・第2次予選・最終プロテストの3段階に分かれおり、合格者は最終プロテストの上位20位までに入った人になります。

ティーチングプロになるためには、TCPの資格を取得する必要があります。

プロゴルファーの給料・年収

プロゴルファーの年収は、個人の実力によって異なりますが、複数の調査から平均年収は740万円から950万円程度が相場になります。

賞金ランキング1位のトッププロの場合の年収は、1億円から2億円と言われています。

トッププロは、スポンサーが付くことが多く、ゴルフウェアや用具・CM出演などのスポンサー収入が期待できます。

ツアープロで年収が3000万円を超えているのは、賞金ランキングの上位の30人程度になり、それ以下のツアープロは2000万円を下回る年収になっています。

賞金だけで生活することができる選手は、賞金ランキングの70位くらいまでだと言われています。

ティーチングプロの平均年収は、200万円から300万円程度になります。

プロゴルファーの就職・転職先(求人)

一般的にプロゴルファーは、個人事業主になります。

プロゴルファーの中には企業に所属してプレーをする選手も存在します。

契約内容によっては、プロゴルファーを引退した後に、企業で働くことができるケースもあります。

企業契約をすることができるのは、成績が優秀なプロゴルファーに限ります。

実力が伴わないツアープロの場合は、ティーチングプロやレッスンプロに転職する人もいます。

ティーチングプロの就職先は、ゴルフ場やゴルフ練習場・フィットネスクラブ・ゴルフスクール・スポーツショップなど多岐にわたります。

またプロゴルファーから異業種へ転職する人も多くいます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0