理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

競輪選手に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今競輪選手の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい競輪選手に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

競輪選手に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの競輪選手適性診断結果

あなたの適性度は54%で、競輪選手の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。競輪選手を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

競輪選手に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.脚力が優れている
2.体力に自信がある
3.背筋力が優れている
4.身体を鍛えることが好き
5.仲間を大切にできる
6.厳しい制限の生活に耐えられる
7.一獲千金が狙える仕事がしたい
8.長く現役で活躍できるスポーツがしたい
9.厳しい学校生活に耐えられる
10.難関試験を突破する自信がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
競輪選手適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 脚力が優れている 』

そこそこ兼ね備えている

競輪選手には様々な能力が必要になりますが、特に重要になるのが脚力です。誰よりも速く自転車を漕ぐためには脚力が欠かせません。学生時代に下半身を使うスポーツをしていて、脚力に自信がある人なら競輪選手の素質があるかもしれません。競輪選手として活躍できる程の脚力を身につけるのは、かなりのトレーニングと時間が必要です。元々脚力がある人なら、競輪学校に入学する際や試験を受ける時に有利になるでしょう。

『 体力に自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

競輪選手は、レース中だけではなく普段のトレーニングなど、かなり体力を使う職種です。どのようなトレーニングでも、体力は必要になります。運動が苦手でまったく体力がなく、身体を動かすのが嫌いという人では、日々の厳しいトレーニングについていけないでしょう。自転車競技をした経験がない人でも、体力に自信がある人ならトレーニングを積み、競輪選手を目指せるチャンスは十分あります。

『 背筋力が優れている 』

十分に兼ね備えている

脚力と同じように必要になるのが背筋力です。一般男性の背筋力の平均値は、20代で160kg程度となっています。第一線で活躍する競輪選手の中には、背筋力が400kgを超える選手がいる程です。自転車のペダルを全力で漕ぐためには、脚力と合わせてかなりの背筋力が必要になるということです。競輪選手を目指すのであれば、バックエクステンション(背筋)やダンベルデッドリフトなど、背筋を鍛えるトレーニングが欠かせません。

『 身体を鍛えることが好き 』

あまり兼ね備えていない

競輪選手は、日々想像を絶するようなトレーニングを行っています。一般の人のようにダイエットや健康のためにするのではなく、誰よりも自転車を速く走らせるために身体を鍛えているのです。身体を鍛えるのが仕事といっても過言ではないので、身体を動かしたりトレーニングしたりするのが嫌いという人では、競輪選手になることはできません。普段からジムに通って筋力トレーニングをしている、筋肉をつけるのが楽しい、そういう人が競輪選手に向いています。

『 仲間を大切にできる 』

だいぶ兼ね備えている

競輪は個人競技ですが、選手として長く活躍するためには、人間関係が非常に重要な要素になります。競輪選手は師匠についてトレーニングするのが一般的です。同じ師匠を持つ仲間達と共に指導を受けながら、トレーニングに励むことになります。師匠や周りの仲間とよい関係を築くことができれば、色々なアドバイスを貰えたり、トレーニングする時に協力してもらえたりします。レース自体は個人競技ですが、仲間を大切にする心は持っておかなければなりません。

スポンサーリンク

『 厳しい制限の生活に耐えられる 』

十分に兼ね備えている

競輪選手は、シリーズ開催中に宿舎で過ごすことが決められています。その時には厳しいルールが設けられています。代表的なものが、スマホなどの電子機器は持ち込み禁止というルールです。スマホやタブレットは生活に欠かせないものとなっていますが、宿舎には持ち込むことができません。これは、外部との連絡を断つためです。競輪は公営競技ということで、公平さを保つために徹底的に情報漏洩を防いでいます。また食べ物の持込みは禁止、身体検査や自転車の組み立て検査など、様々なことが管理されます。こういった生活に耐えられないようであれば、競輪選手にはなれません。

『 一獲千金が狙える仕事がしたい 』

兼ね備えていない

競輪選手は、一獲千金が狙える夢のある仕事です。競輪選手は、成績によってA級3班からS級S班まで6階級に分けられます。階級によって年収は変わりますが、最高ランクのS級S班になれば平均年収は1億円にもなります。さらに目玉レースになると、優勝賞金だけでも1億円以上になるので、成績次第でかなり稼ぐことも可能です。

『 長く現役で活躍できるスポーツがしたい 』

十分に兼ね備えている

競輪はスポーツということで、若い間しか活躍できないと思っている人がいるかもしれませんが、そんなことはありません。競輪選手の平均的な引退年齢は45歳程度です。中には60歳以上で活躍している選手もいるので、頑張り次第では長く活躍することができます。

『 厳しい学校生活に耐えられる 』

だいぶ兼ね備えている

競輪選手を目指す場合、競輪学校(日本競輪選手養成所)に入学するのが一般的です。競輪学校に入ると10ヶ月間は寮で生活することになるのですが、かなり厳しいと有名です。トレーニングが厳しいのはもちろんですが、精神面や人としてのマナーなど、様々なことを教育されることになります。起床時間や授業、入浴、就寝などすべてが厳格にスケジュールされており、その通りに生活しなければなりません。この厳しい学校生活に耐えられなければ、競輪選手になるのは難しいです。

『 難関試験を突破する自信がある 』

兼ね備えていない

競輪選手資格検定を受けて合格しなければ、競輪選手になることはできません。試験の合格率は20%程度となっていますが、競輪学校を卒業できた人の中での合格率となっているため、狭き門といえるでしょう。資格取得にはかなりの努力と時間が必要になるため、自信がある人でなければ目指すのは難しいです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの競輪選手適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
競輪選手適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 競輪選手に向いているか向いていないか
  • 競輪選手の職業適性度
  • 競輪選手に必要な10の資質
  • 解説で競輪選手に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

競輪選手とは?

競輪選手はプロスポーツ選手の一種で、公営競技の競輪で賞金を獲得する仕事に従事する人です。

着順によって賞金が異なり、それによって得られる収入も変わります。

競輪は経済産業省の管轄にある公営ギャンブルであり、競輪選手は同省の国家資格所持者です。

レースに出ることが主な仕事ですが、体作りのために毎日のトレーニングが欠かせない事実は否定できません。

収入は発生しないものの、競輪選手は引退するその時まで、年中無休で仕事に従事していると言えるでしょう。

また、競輪選手は自身の身分の性質上、競輪の着順を予想する車券が購入できないなど、生活において一定の制限が設けられています。

競輪選手になるには?

競輪選手になるには日本競輪学校に入学し、一年間の在学期間で知識や技術を学ぶ必要があります。

卒業後に国家試験である選手資格試験に合格して初めて、競輪選手として登録されるのです。

競輪学校への入学は高卒以上の学歴を持つ17歳以上の人であれば、性別や現在の年齢などは問われません。

競輪は体への負担が大きいハードなスポーツなので、体力がある人ほど向いていると言えます。

また、体作りは時間がかかることから根気強いことも選手になるための資質です。

学校で学ぶ間は寮生活であり、安易に外界と接することができません。

そのため、節制ができる忍耐力も必要になります。

競輪選手の給料・年収

競輪選手の年収はレースの成績や選手としてのキャリアで大きく変わります。

日本を代表する競輪選手の中野浩一は選手時代に総額で約13億円の賞金を獲得したと言われています。

競輪選手はキャリアを長く積むことができるので、50歳になっても現役で活躍するケースは少なくありません。

キャリアを積み、レースへの出場回数が多いほどより多額の賞金を獲得できると言えるでしょう。

反面、デビュー直後の新人は周りのベテランに圧倒されることが珍しくないことから、賞金の獲得が難しいのも事実です。

人によっては年収が100万円未満になることもあります。

選手全体の年収が約500万円ほどと算出されるのは、ベテランと新人の年収に極端な開きがあるためです。

競輪選手の就職・転職先(求人)

競輪選手は一般社団法人日本競輪選手会に所属する個人事業主です。

選手会は選手のスケジュール管理を行い、レースへの出場を依頼します。

そのため、競輪選手として活動するには選手会への所属は必須条件と言えるでしょう。

レースがない日は選手自ら競輪の宣伝活動に従事することもあります。

競輪選手は引退後、競輪場の職員や選手会の役員など、競輪関係の仕事に従事するイメージがありますが、実際にそのような働き方をする人は多くありません。

ごく少数の、高額の賞金を稼いだベテラン選手が実現できるセカンドキャリアであり、他の多くの引退選手は競輪とは無関係の仕事に就いています。

競輪選手は大成すれば高額の年収を得られますが、そうなるのは非常に難しいと言わざるを得ません。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0