理想の就活/転職のための
自己分析サイト

プロボクサーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今プロボクサーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいプロボクサーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのプロボクサー適性診断結果

あなたの適性度は55%で、プロボクサーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。プロボクサーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

プロボクサーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.勝利にこだわる強い気持ちがある
2.メンタルが強い
3.我慢強い
4.反射神経が良い
5.常に冷静
6.地道にコツコツと努力ができる
7.身体能力に恵まれている
8.自分に強い自信がある
9.危険に対する恐怖心に打ち勝てる
10.動体視力が優れている
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 勝利にこだわる強い気持ちがある 』

そこそこ兼ね備えている

プロボクサーになるためには、試合に勝利して結果を残すことが大切です。同じくらいの実力の選手と試合したとき、闘争心が弱いと気持ちの面で負けてしまう可能性もあります。常に勝ちたいという気持ちを忘れずに取り組める方なら、気持ちで負けることなく勝利に近づけるかもしれません。闘争心を持ち続けることが、プロボクサーに大切な点だと認識しておきましょう。

『 メンタルが強い 』

だいぶ兼ね備えている

試合に勝つ姿がカッコいいと感じて、プロボクサーを目指す方もいるでしょう。ですが勝利の裏では、ハードな練習や減量、観客からのヤジ、対戦相手からの挑発など、多くのものと戦わなければなりません。リング外で嫌なことがあっても、相手のパンチを食らったとしても、リングの上で戦い続けることができるメンタルの強さが求められる仕事です。1度パンチを食らった、ヤジを言われたというだけで気持ちが折れていたら、プロボクサーを続けるのが難しくなります。

『 我慢強い 』

だいぶ兼ね備えている

プロボクサーとして試合に勝つためには、過酷な練習や辛い減量を乗り越えなければいけません。特に減量は、お腹が空いていても食べたいだけ食べることができず、ストレスを溜めてしまうこともあるでしょう。また空腹だけではなく、パンチが当たったときの痛みなどにも耐えなければいけません。さまざまな困難に耐えて我慢できる方なら、プロボクサーに向いているかもしれません。

『 反射神経が良い 』

だいぶ兼ね備えている

プロボクサーが試合で勝つためには、強いパンチができるかどうかが一番大切な要素と思っていませんか?確かに、相手に強いパンチを当てることができれば、勝利へとつながる一手にはなります。しかし、強力なパンチを繰り出すことができても、当たらなければ意味がありませんし、相手の攻撃を受けてばかりでは自分が先に倒れてしまいます。強いプロボクサーは、反射神経が優れています。反射神経が良く、相手のパンチをかわしたり隙を見て攻撃を当てたりできれば、勝利につなげやすくなります。

『 常に冷静 』

兼ね備えていない

試合中に熱くなりすぎてしまうと、冷静な判断能力を失ってしまうこともあります。プロボクサーが試合で勝つためには、熱さだけではなく、相手の出方を見ながら冷静に戦略を考える判断力も必要です。どのような場面でも冷静に判断できる方は、チャンスを逃さず状況に合わせて戦えるためプロボクサーに向いています。

スポンサーリンク

『 地道にコツコツと努力ができる 』

そこそこ兼ね備えている

プロボクサーとして活躍するためには、地道にコツコツと練習を続けることが必要不可欠です。日々同じような内容のトレーニングの繰り返しになるので、ひたすら練習を繰り返す日々が辛いと感じる方はプロボクサーに向いていません。ですが地道にコツコツと練習を続けられる方であれば、努力が報われてプロボクサーの夢に近づきやすくなります。

『 身体能力に恵まれている 』

十分に兼ね備えている

努力次第である程度補える部分もありますが、恵まれている体型の人ほどプロボクサーとして活躍できる可能性が高くなります。プロボクサーに向いている身体的特徴には、腕が長くて細身、筋肉量に対してパワーが大きい、スタミナがあるなどのポイントがあげられます。例えば腕が長い方であれば、リーチがあるので相手との距離が離れていてもパンチを当てやすくなります。このように身体的特徴に恵まれていると、試合を有利に進めやすくなると押さえておきましょう。

『 自分に強い自信がある 』

あまり兼ね備えていない

プロボクサーとして活躍するためには、自分に自信を持つことも必要です。自分は強い、誰にも負けないと根拠がなくても自信を持ち続けることが、自分を磨いて勝利へとつなげるために必要なことです。実際にプロボクサーを目指すためには、さまざまな試練があります。ですが自信を持ち続けることができる方なら、辛い練習や減量などの試練を乗り越えて一流のボクサーになれるかもしれません。

『 危険に対する恐怖心に打ち勝てる 』

そこそこ兼ね備えている

ボクシングは、常に危険と隣り合わせのスポーツです。試合で恐怖心に負けていたら、自分のスタイルで試合展開ができず、勝てる試合も勝てなくなってしまう可能性があります。また目の前にパンチが迫ってきたとき、目をつむってしまったら避けられる可能性があるパンチも避けることができません。プロボクサーは、目の前にパンチがきたときでも恐怖心に負けて目をつむることなく、立ち向かう強さが必要です。

『 動体視力が優れている 』

だいぶ兼ね備えている

プロボクサーはフットワークやパンチの技術に加えて、動体視力も重要です。動体視力が優れていれば、相手のパンチを躱すもしくは適切にブロックできます。また動体視力が優れていると、相手からの攻撃のタイミングを見極めて、カウンター攻撃につなげやすくなります。動体視力はある程度鍛えることが可能なものなので、プロボクサーを目指したいなら動体視力を鍛えてパンチを見極める力を身につけましょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのプロボクサー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る