理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

生産技術に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今生産技術の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい生産技術に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

生産技術に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの生産技術適性診断結果

あなたの適性度は57%で、生産技術の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。生産技術を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

生産技術に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.モノづくりが好き
2.忍耐力強くメンタルがタフ
3.多角的に物事を捉えられる
4.コミュニケーション能力が高い
5.豊かな発想力がある
6.ポジティブシンキングができる
7.効率化を考えるのが得意
8.論理的な思考が得意
9.コツコツ地道に取り組むことが得意
10.英語スキルが高い
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
生産技術適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 モノづくりが好き 』

だいぶ兼ね備えている

生産技術は、現場で新しい設備や治具の検証を行うことや既存設備や治具のトラブル対応、量産を開始する前の製品の試作など実際に手を動かして行う仕事もいくつかあります。そのため、モノづくりに関心が高い人が向いていると言えるでしょう。また、生産技術の仕事は、いかにして生産を効率的に行うかを目的とし、生産ラインや設備を整えていかなければなりませんので、モノづくりの流れに興味があると取り組みやすくなるでしょう。

『 忍耐力強くメンタルがタフ 』

だいぶ兼ね備えている

生産技術の仕事は、現場と本社あらゆる部署と密にコミュニケーションを取って関わっていかなければなりません。そのために、部署同士の板挟みになることも多く、現場からの厳しい声を聞き取り、それに応えられるよう努めなくてはならないなど並々ならぬストレスがのしかかってきます。このような職場関係のストレスも耐え得るタフな忍耐力がないとやっていけません。

『 多角的に物事を捉えられる 』

そこそこ兼ね備えている

生産技術の仕事は、会社の経営状況や現場の人員、取引先の動向、安全の確保など工程を設計するにあたってあらゆる要素を同時に検討していく必要があるため、多角的に物事を捉えられる人は大変有利です。現場の声を聞くだけではなく、経営の視点からも課題を抽出して解決していくことが必要ですので、現場と経営双方の視点で物事を見ることができる力が必要になってくるでしょう。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

生産技術の仕事は、現場で実際に作業を行うような職人などではなく、設計を行う本社と製造部門である現場とをつなげるパイプ役としての役割を担っています。そのため、社内のさまざまなスタッフと密にコミュニケーションを図る機会が多い仕事ですから、コミュニケーションが苦手な人は円滑に仕事を進めていくことができません。現場スタッフからの声や要望を聞くことや現場への指導者として一任されることもありますので、コミュニケーションが高い人にとって有利な仕事でしょう。

『 豊かな発想力がある 』

そこそこ兼ね備えている

現場では予想外のトラブルも度々発生するため、現場の生産をリードしていくことが生産技術にとって大切な任務です。この時、目的を達成するために現場やマニュアル、経験などにとらわれずに柔軟に対応できる発想力が必要となります。日頃から斬新なアイデアを生み出すのが得意で、問題を解決するのが得意な人は向いていると言えます。また、生産技術は自分の発想を形にすることが可能な仕事であることから、予算内で質の高い製品さえ生み出せればそれで良いため、特許取得も夢ではありません。

スポンサーリンク

『 ポジティブシンキングができる 』

あまり兼ね備えていない

生産技術の仕事は現場の声を直接聞くことが多いため、現場スタッフからの厳しい声や要望を投げかけられることもあります。このような時、業務改善に成功すれば現場からも信頼を得てやりがいを感じることができますが、一方で要望や現場の声に応えられないと現場スタッフからまた厳しい言葉が飛んでくることや関係がうまくいかなくなることもあります。どのような場合でも前向きに捉えることができる人は、現場と本社とのパイプ役としてうまく取り合い、リーダーシップを取ることができるでしょう。

『 効率化を考えるのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

生産技術の仕事は、設備を導入する際や改善をしていく際にあらゆる部署やメーカーとともに仕事を進めていくことが必要になります。この時、納期の管理や工事に必要な人員の確保、試運転のために必要なワークなど細かな調整をしていかなければなりません。そのため、効率を考えて調整していくのが得意な人は生産技術の仕事に向いていると言えるでしょう。

『 論理的な思考が得意 』

だいぶ兼ね備えている

生産技術の仕事は、生産ラインを整えていくことがメインの仕事であり、高品質かつ効率良く大量生産できる環境を整えていかなければなりません。そのために、品質やコストなどあらゆることを考慮して取り組んでいくことが必要です。予算内に収めて業務を遂行していくためには論理的思考が必要な仕事となりますので、日頃から論理的思考力のある人が向いていると言えるでしょう。また、関係部署へ業務の状況や進捗度を報告することも必要ですので、この際に筋道を立て論理的な説明が求められます。

『 コツコツ地道に取り組むことが得意 』

だいぶ兼ね備えている

生産技術の仕事は、現場をサポートしていく仕事になりますから、現場の声を拾っていったり、生産ラインのテストを幾度となく繰り返し、トライアンドエラーを重ねたり、膨大なデータを資料にまとめたりなど、地道な作業が膨大にあります。そのため、コツコツと地道な作業でも取り組んでいける人こそが生産技術の仕事に向いていると言えるでしょう。

『 英語スキルが高い 』

あまり兼ね備えていない

製造業においては、コスト的な観点から生産工場を国内ではなく国外にも設けているところが多いです。そのため、海外拠点への転勤を命じられることがあることや海外の新規立ち上げの工場へ携わる機会が与えられることもあります。この場合、現地スタッフと密にコミュニケーションを取るには英語などのスキルが重要になります。また、資料を作成する際も英語での表記が求められるので、ある程度のライティング能力は必須です。英語スキルの高い人は重宝されるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの生産技術適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
生産技術適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 生産技術に向いているか向いていないか
  • 生産技術の職業適性度
  • 生産技術に必要な10の資質
  • 解説で生産技術に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

生産技術とは?

生産技術とは、製品の合理的かつ効率的な生産方法を考案して、製造フローの設計や構築、管理などを担当する仕事です。

企業で製品企画を立てて開発を進めていき、本格的に生産をして販売すると決まったときに、生産技術職が工場などで大量生産をする方法を確立する、という流れが一般的になっています。

生産技術は製造するものが決まっている状況で、低コストで効率よく生産を進められる方法を作り上げ、安定して生産を続けられるようにするのが重要な役割です。

製品の年間生産量や販売予定価格も加味して、利益を上げられる生産プロセスを考えることが求められます。

生産技術になるには?

生産技術の仕事を担当するのに特別に必要な資格はありません。

知識や技術がある人なら誰でも生産技術になれる可能性があります。

生産技術になるときには理系の大学や大学院、あるいは工業高校を卒業して就職するのが一般的です。

新卒の場合には生産技術の求人を出しているわけではなく、総合職として募集して適性に応じて配属させる仕組みがほとんどです。

生産技術の担当者になるには、製造に関連する技術についての知識だけでなく、費用に関するビジネス感覚も求められます。

理系の学校で学び、ビジネスの知識も付けると有利になるでしょう。

生産技術の給料・年収

生産技術の平均年収は450万円~550万円程度です。

企業によって生産技術が担当している仕事の幅が違うため、純粋な統計調査をするのは容易ではありません。

人材業界の複数企業による調査結果を踏まえると、およそこの程度の平均年収になっています。

生産技術は経験を積んだ人ほど高い評価を受ける傾向が強く、30代くらいから年収が上がりやすくなるのが一般的です。

実績のある人が転職すると高い給与で採用してもらえることもよくあります。

年収の幅が広いので、早めに生産技術としてキャリアを積み始めて実績を上げると高年収を目指すことが可能です。

生産技術の就職・転職先(求人)

生産技術の就職先・転職先は工場で生産をしている企業です。

業界によらずに工場で大量の製品を生産している企業では生産技術を雇用して効率的な生産プロセスの確立と維持管理を進めています。

自動車や電気電子部品、石油化学や農薬などの工場だけでなく、化粧品や食品などの工場でも生産技術が活躍しています。

生産技術はものづくりを支える重要な職種なので、加工による工業が大きな比重を占めている日本では今後も必要とされるのは確かです。

ビジネスセンスがあって利益を伸ばすのに貢献できる力があると昇進して管理職として働ける可能性を切り開けます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0