理想の就活/転職のための
自己分析サイト

商品開発に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今商品開発の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい商品開発に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの商品開発適性診断結果

あなたの適性度は42%で、商品開発の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。商品開発を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

商品開発に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.納得いくまで試行錯誤できる
2.人が喜ぶのが何より嬉しい
3.アイデアを出すことが好き
4.自社の商品に強い愛着を持てる
5.分析や改善点を考えるのが得意
6.目標を立てて突き進める
7.プレゼンテーションが上手い
8.大胆な行動を取れる
9.チャレンジすることが好き
10.人と関わるのが好き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 納得いくまで試行錯誤できる 』

そこそこ兼ね備えている

商品開発をする時に、なんとなくだけで販売してしまうと中途半端な商品になってしまいます。実際、商品開発をする際、何回も試行錯誤をして消費者が気に入るものを作ります。生半可な気持ちではダメで、とことん追求をしこだわらなければなりません。普段から物事を考える時にこだわれる人は、商品開発の仕事に向いていると言えるでしょう。すぐに追及することを諦めてしまう人や三日坊主の人には、商品開発の仕事は向いていないので注意が必要です。

『 人が喜ぶのが何より嬉しい 』

だいぶ兼ね備えている

普段から自分の利益ではなく、相手がどうしたら喜ぶのか考えることが好きで、楽しませる気持ちがある人には商品開発の仕事が向いています。商品をなぜ開発して販売するかというと、使ってくれる人が満足して喜んでくれるものを作るためです。何か考える時に自然と相手が喜ぶ姿を想像しながら行動できる人は、商品開発の仕事が向いています。逆に、自分のことを中心に考えがちで、相手がどう思うか喜ぶかなど意識していない人にとっては向いていないでしょう。

『 アイデアを出すことが好き 』

そこそこ兼ね備えている

商品開発では、今までにないお客様が喜んでくれるようなものを一から考える機会も多いものです。何か良いものを作りたいと思っても、なかなかアイデアが浮かびにくい人は苦労します。普段から、「こうしたほうがもっと良いのではないか」とアイデアが出てくる人には、商品開発の仕事がピッタリです。さらに、1つのことに対して1つのアイデアではなく、多角的に見つめながら複数のアイデアが浮かぶ人に商品開発の仕事は合うでしょう。

『 自社の商品に強い愛着を持てる 』

兼ね備えていない

商品開発といっても、どの職場で働くかによって考える商品は変わってきます。普段からスイーツが好きで新しい商品を開発したいと思ったら、関連する企業で働くのがおすすめです。この〇〇会社の商品が好きと熱い気持ちを持っていれば、商品開発への熱の入り方も変わります。自分が興味あるため、より良いものをとことん追求できるでしょう。逆に企業に対してどこまで興味がないのに商品開発しようとしても、中途半端なアイデアになり向きません。

『 分析や改善点を考えるのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

商品開発の仕事では、その時は完璧だと思うものを作っても、人気がずっと続くわけではありません。特に、他社でも同じようなものを作っている場合、陰で改善点を見つけ、さらにより良いものを作ろうと努力しています。何も見直すことなくその時の状況に甘んじていたら、すぐに追い越されます。常に完璧に思える商品に、改善点がないか考えられる人は、商品開発の仕事に向いていると言えるでしょう。改善点にあまり目がいかず考えられない人には向いていません。

スポンサーリンク

『 目標を立てて突き進める 』

そこそこ兼ね備えている

普段から「きれいになる」「勉強ができるようになる」など、具体的に目標を立てて、どうすれば達成できるのか細かく考え、計画して実行できる人は商品開発に向いています。商品開発は簡単に終わる作業ではなく、検証を重ねてじっくりと時間をかけお客様へ販売します。どうするのか普段から目標を立てられる人は、次に何をすべきか判断でき、途中でめげそうになっても達成に向けて進めるでしょう。あまり目標を立てて頑張れない人には向いていないかもしれません。

『 プレゼンテーションが上手い 』

あまり兼ね備えていない

普段から自分の意見を相手へ上手に伝えられる人は、商品開発に向いています。まず自分のアイデアを受け入れてもらうために、商品のプレゼンテーションを行ってほかの人たちにも納得してもらわなければいけません。商品の良さを上手に伝えられれば、自分で考えた商品が販売されます。中には、あまり自分の意見を皆の前で伝えるのが苦手な人もいるかもしれませんが、商品開発の仕事をしてもなかなかプレゼンテーションがうまくいかず合わないかもしれません。

『 大胆な行動を取れる 』

あまり兼ね備えていない

無難に全員に良いと思ってもらえるような意見だけではなく、意外性なども兼ねた大胆さを持っている人は商品開発に向いています。正直ほかの人では考えないようなところに視点を置き、大胆な商品を開発できればヒットする可能性も高まります。競合とあまり変わらないものを作っても、お客様には響きません。ほかにはない大胆さを兼ねた商品は、そこでしか買えないので興味を惹きます。普段から無難な考えばかりの人は向かないでしょう。

『 チャレンジすることが好き 』

だいぶ兼ね備えている

商品開発では、常に新しい商品を開発するためにチャレンジの連続です。今までやったことのないことをして、検証や実験をしながら新しい商品を完成させていきます。そのため、普段から同じようなことを繰り返すほうが合っていて、新しいことへチャレンジするのが億劫という人は商品開発の仕事は合わないでしょう。成功するかどうかわからないものでも、果敢にチャレンジして最後には達成するという意識を持てる人には商品開発がピッタリです。

『 人と関わるのが好き 』

そこそこ兼ね備えている

商品開発を企業の中で行う時、自分一人で最初から最後まで完成させることはありません。ほとんど何人かでチームを組んで、検証なども重ねていきます。人とやりとりする場面も多いので、日頃から人と関わり話すことが好きな人に向いています。さらに、自分の意見ばかりを主張するのではなく、相手の話もしっかりと聞ける姿勢も必要です。あまり日常生活で人と関わるのが好きではなく、合わせたくないという人には向いていません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの商品開発適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る