理想の就活/転職のための
自己分析サイト

プロダクトデザイナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今プロダクトデザイナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいプロダクトデザイナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

プロダクトデザイナーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのプロダクトデザイナー適性診断結果

あなたの適性度は43%で、プロダクトデザイナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。プロダクトデザイナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

プロダクトデザイナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.物への興味関心が強い
2.デザインセンスがある
3.物を買う人の心理に興味がある
4.長所をPRするのが得意
5.人の話を聴いて要望を引き出せる
6.お金の管理が得意
7.組織を管理するのが得意
8.新製品への関心が強い
9.CADなどのITスキルがある
10.モノ作りが好き
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 物への興味関心が強い 』

あまり兼ね備えていない

プロダクトデザイナーはモノに対して強い関心がある人に向いています。日常生活の中で接しているモノは人の生活を豊かにする上で欠かせないでしょう。しかし、実際に使ってみると不満点があることもよくあります。日常にあるモノに関心があって、もっと良いモノを生み出せるはずだという考え方を持てる人はプロダクトデザイナーとして活躍できる資質があるでしょう。

『 デザインセンスがある 』

あまり兼ね備えていない

プロダクトデザイナーは製品デザインをするのが主な仕事なので、デザインセンスがある人に向いています。製品の見た目のデザインだけでなく、使いやすさや収納しやすさ、運びやすさや管理のしやすさなども総合的に考えてデザインできることが重要です。ユーザーが喜ぶデザインの製品を手掛けるのがプロダクトデザイナーの役割なので、広い意味でのデザインセンスがあるとヒット商品を次々に手掛けられるでしょう。

『 物を買う人の心理に興味がある 』

だいぶ兼ね備えている

プロダクトデザイナーは消費者動向に関心がある人に向いている職種です。プロダクトデザイナーがデザインした製品は売れなければ企業としては意味がありません。売れる製品を作るためにはプロダクトデザイナーが自分だけの考えにこだわっていてはならないのは明らかでしょう。消費者が何を求めているかを調査して、どのような製品にすれば売れるかを考えられる人はプロダクトデザイナーとして重宝されています。

『 長所をPRするのが得意 』

兼ね備えていない

プロダクトデザイナーはマーケティングスキルがある人にとって魅力的な職種です。製品のデザインをするときにはどのような形で売れるビジネスモデルにするかを考える必要があります。ターゲットを考えてどのようなマーケティング戦略を立てるかも重要なポイントです。マーケティングスキルがあると、売れる市場を狙ってプロダクトをデザインできます。マーケティングスキルがないと市場意識が欠けてしまい、センスに頼るデザインをしてしまいがちなので注意しましょう。

『 人の話を聴いて要望を引き出せる 』

そこそこ兼ね備えている

プロダクトデザイナーはヒアリングスキルがあると魅力的な製品を開発できるようになります。製品が売れるかどうかはユーザーが買いたいと判断するかが大きな問題で、ユーザーの声を反映したプロダクトを手掛けられるかどうかによって売れ行きが大きく左右されるからです。ユーザーの声に耳を傾けたいという気持ちが強く、インタビューなどを通して聞こうという気持ちがある人はプロダクトデザイナーに向いています。

スポンサーリンク

『 お金の管理が得意 』

そこそこ兼ね備えている

プロダクトデザイナーは予算管理能力がある人の方が活躍できます。ディレクターやマネージャーではないので予算の厳密管理を求められることはあまりありませんが、プロダクトの製造コストについて考慮してデザインすることは欠かせません。売れそうなデザインでも開発コストや製造コストがかさむと認めてもらえません。予算も加味してコスト意識を持ってデザインできることが重要です。

『 組織を管理するのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

プロダクトデザイナーはチームマネジメントができると活躍の可能性が広がります。プロダクトデザイナーはプロジェクトメンバーの一員になる場合がほとんどですが、他のチームメンバーの仕事は自分の手掛けたデザインに基づいて進められるのが一般的です。そのため、プロダクトデザイナーはあらゆるチームメンバーとコミュニケーションを取り、全体をマネジメントして想定通りのデザインに仕上げることが求められます。

『 新製品への関心が強い 』

そこそこ兼ね備えている

プロダクトデザイナーは他社が開発した新製品に興味関心がある人に向いています。競合他社から新製品が打ち出されたときには、類似性の高い製品を開発しても売れにくくなります。他社製品が登場したときに、どのような製品にすればもっと売れるようになるかを考えることがプロダクトデザイナーにとって大切です。そのためには競合調査を普段からおこなうことが必要なので、新製品への関心が強い人はプロダクトデザイナーに適しています。

『 CADなどのITスキルがある 』

そこそこ兼ね備えている

プロダクトデザイナーはデザインに必要なITスキルがある人に適しています。CADなどのプロダクトデザインにかかわるソフトウェアを使えるスキルがあるのはプロダクトデザイナーにとって欠かせません。ソフトウェアを使用してデザインを可視化することで開発製品の魅力を伝えやすくなるからです。ITスキルを生かして魅力的な製品の提案ができる人はプロダクトデザイナーとして活躍できます。

『 モノ作りが好き 』

あまり兼ね備えていない

自分で何かものづくりをしている人はプロダクトデザイナーにうってつけです。自分自身でものづくりをしているとセンスを磨けます。どのようなデザインなら売れるのかを実体験を通して考えられるので、ものづくりを実践している人はプロダクトデザイナーに合っています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのプロダクトデザイナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • プロダクトデザイナーに向いているか向いていないか
  • プロダクトデザイナーの職業適性度
  • プロダクトデザイナーに必要な10の資質
  • 解説でプロダクトデザイナーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る