理想の就活/転職のための
自己分析サイト

プレス工に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今プレス工の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいプレス工に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのプレス工適性診断結果

あなたの適性度は45%で、プレス工の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。プレス工を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

プレス工に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.モノ作りが好き
2.体力がある
3.同じ作業を続けられる
4.注意深く危機管理能力が高い
5.長時間集中力を持続できる
6.機械が好き
7.職人になりたい願望がある
8.向上心がある
9.細かい計算ができる
10.大胆さと繊細さを兼ね備えている
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 モノ作りが好き 』

そこそこ兼ね備えている

プレス工はモノ作りに携わる職業の1つです。そのためモノ作りが好きな人が、この職業に向いていると考えられます。基本的には金属加工を行う業種がプレス工の活躍できる場所だと言えるので、金属を加工することに興味がある人もプレス工に向いているでしょう。特に自動車を作るときには欠かせない分野なので、自動車を作りたい人に向いている職業です。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

プレス工は地味な作業が多いので体力は消耗しにくいと考えている人もいるかもしれませんが、実際には身体を動かす場面も多く、体力も消耗しやすいです。そのため体力に自信のある人ほど、プレス工に向いていると言えます。金属を持ち運びするシーンでは特に体力を消耗しやすいので、普段から筋肉トレーニングを行っている人もプレス工に向いているかもしれません。

『 同じ作業を続けられる 』

そこそこ兼ね備えている

プレス工は単純作業の多い職業だと考えられます。同じ作業の繰り返しを行う場合が多く、その作業も地味なものが多いのでプレス工の仕事は飽きやすいという難点を持っています。何度も同じ作業を繰り返すのが飽きないという人はプレス工に向いている可能性が高いです。仕事に限らず、どんなことでも単純作業が好きだという人はプレス工の仕事を続けられるかもしれません。

『 注意深く危機管理能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

プレス工の仕事は地味な上に単純作業の繰り返しなので、慣れてくると気を抜きやすい職業でもあります。しかし、金属を加工する仕事はどんなものでも大怪我を負うリスクを持っています。少し気を抜いただけで大きな怪我を負うことも考えられるため、常にリスクを回避できるような行動を心がける必要があります。リスクマネージメントができる人はプレス工に向いていると言えるでしょう。

『 長時間集中力を持続できる 』

だいぶ兼ね備えている

プレス工は何時間も同じような作業を繰り返す職業であるため、集中力が切れやすいと言えます。しかし、一度集中力を切ってしまうと怪我を負うリスクも上がります。そのことを考えれば集中力を持続できるような人がプレス工に向いているでしょう。プレス工として働きたいのであれば、集中力を持続する訓練を積んでおくのが大切です。

スポンサーリンク

『 機械が好き 』

そこそこ兼ね備えている

プレス工は機械を取り扱う仕事でもあるため、機械に関する愛情を持っている人が向いている職業だと言えます。機械に詳しい人がプレス工として働いていれば、機械が故障した場合にも自分で修理できる可能性もあるでしょう。日常生活でも機械に関する情報収集を行っている人もプレス工の仕事に向いている可能性はあります。細かい計算を行うこともあるので、パソコン作業の経験があるような人もプレス工に向いているかもしれません。

『 職人になりたい願望がある 』

あまり兼ね備えていない

プレス工は専門的な知識や技術、経験を学べる職業でもあります。プレス工の仕事を極めていけば「職人」と読んでもらえるケースも多いです。そのため職人と呼ばれたい人やモノ作りに関する職人になりたい人は、プレス工に向いています。プレス工の経験を積んでいけば、手に職がつくというメリットもあります。職に困ったときに役立つ技術が欲しい人もプレス工には向いているかもしれません。

『 向上心がある 』

兼ね備えていない

プレス工は単純作業ではありますが、自分の加工の仕方によって金属の仕上がりは変わります。その金属加工に関する向上心が高ければ、より良い製品を生み出せる確率も上がっていくでしょう。より良い製品を生み出せれば収入アップも期待できます。このことを考えれば向上心の高い人ほど、プレス工に向いていると言えます。

『 細かい計算ができる 』

そこそこ兼ね備えている

プレス工は単純作業ではありますが、自分の計算が間違っていると金属を削りすぎることもあります。計算ミスの影響で金属の削りが甘いこともあるでしょう。特に金属を削りすぎた場合は取り返しのつかないミスになってしまうことも珍しくありません。そのため細かい計算ができる人がプレス工に向いていると考えられます。金属の削りが甘いのも仕事効率が悪くなる要因の1つです。その削りの甘さを修正できるセンスを持った人もプレス工に向いていると言えます。

『 大胆さと繊細さを兼ね備えている 』

そこそこ兼ね備えている

プレス工は金属を加工するのが仕事です。そのため金属を削りすぎると会社には大きな損失となります。しかし、金属を削るのが遅いと次は仕事効率の悪さに繋がります。両方を上手くクリアしていくためには、大胆さと繊細さが必要になるでしょう。「大まかな削りが必要な部分は大胆に」、「細かい削りが必要な部分は繊細に」といった使い分けが求められます。このように大胆さと繊細さの両面を兼ね備えている人ほど、プレス工の仕事に向いているでしょう。特に繊細さを持っている人はプレス工の仕事で成功する可能性が高いです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのプレス工適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る