理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

予備校講師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今予備校講師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい予備校講師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

予備校講師に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの予備校講師適性診断結果

あなたの適性度は48%で、予備校講師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。予備校講師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

予備校講師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.勉強が好き
2.受験テクニックに詳しい
3.プレゼンテーション力がある
4.人に教えられるレベルの得意科目がある
5.コミュニケーション力が高い
6.エンターテイメントが好き
7.人の話を聞いて要望を引き出せる
8.論理的思考力がある
9.教えるのが得意
10.ポジティブ思考が強い
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
予備校講師適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 勉強が好き 』

だいぶ兼ね備えている

勉強が好きな人は予備校講師に向いています。予備校講師は主に大学受験の予備校で授業をするのが仕事です。他の資格試験の予備校などもありますが、どの場合にも試験で高得点を取って合格したいと考えている人たちに勉強を教えるのが業務になります。予備校講師自身がきちんと勉強して理解を深めていれば授業の質を高められます。勉強が好きな人は予備校講師として活躍しやすいでしょう。

『 受験テクニックに詳しい 』

だいぶ兼ね備えている

予備校講師は受験テクニックをよく知っている人に適しています。高校受験や大学受験などを通して、問題の解答のテクニックを学んできた人も多いでしょう。予備校では生徒を合格させるのが重要な目標です。受験テクニックで問題を正答できれば生徒も喜び、予備校としても実績ができます。既存のテクニックを知っているだけでなく、自分で受験テクニックを編み出せるくらいの力がある人は有名な予備校講師として成功できるでしょう。

『 プレゼンテーション力がある 』

だいぶ兼ね備えている

予備校講師にはプレゼンテーション力が必要です。授業を通して生徒たちに学習する場を提供するのが予備校講師の仕事だからです。思わず生徒が聞き入ってしまうようなプレゼンテーションができると授業の効果が上がります。生徒が興味を持つように工夫を凝らしたり、眠りそうな生徒がいたときに雑談を挟んだりするテクニックも持っているのが理想的です。プレゼンテーション力があれば生徒の成績を上げられる予備校講師になれます。

『 人に教えられるレベルの得意科目がある 』

そこそこ兼ね備えている

予備校講師は1つの科目の専任になることが多いので、自信を持っている得意科目があることが大切です。国語や英語は苦手でも数学だけは自信がある、理系科目は全然だめだけれど英語には強いといった人は予備校講師に向いています。受験対策をするのに必要な知識があれば十分なので、大学以降で学ぶような高度な知識は必要がありません。得意科目と自分で思っている科目なら自信を持って授業をおこなえます。自信は生徒が予備校講師を信用するかどうかに大きな影響があるため、得意科目があると言い切れる人は予備校講師に適性があります。

『 コミュニケーション力が高い 』

十分に兼ね備えている

コミュニケーション力がある人は予備校講師としての基本的な素養を持っています。生徒とのコミュニケーションも必要ですが、予備校講師同士や予備校の経営者とのコミュニケーションも重要です。予備校の指導方針に則って授業や指導をしなければならないからです。予備校のスタッフとも、生徒ともうまくコミュニケーションを取れるスキルがある人は予備校講師に向いています。

スポンサーリンク

『 エンターテイメントが好き 』

そこそこ兼ね備えている

予備校講師として成功している人の中にはエンターテイメントが好きな人がたくさんいます。生徒を飽きさせない授業をするために重要だからです。授業の合間に小話としてエンターテイメントの話を盛り込むのは重要なテクニックの一つです。授業の内容と有名人の話を結び付けてたとえ話をするスキルがあると生徒の理解度も深くなります。

『 人の話を聞いて要望を引き出せる 』

あまり兼ね備えていない

ヒアリング力があると予備校講師として活躍できます。予備校講師は授業をするだけでなく、予備校の相談室で生徒の質問に答える仕事もあるからです。生徒がわからないことを相談に来たときに、必ずしも何がわからないのかを明確に説明できるわけではありません。予備校講師の方が質問をしてわかっていないことをうまく聞き出し、どうしたら良いのかを説明するのが大切です。ヒアリング力があれば相談室で生徒から信頼されるようになります。

『 論理的思考力がある 』

兼ね備えていない

論理的に物事を考えられる人は予備校講師に向いています。説得力のある授業をするには論理展開が大切だからです。生徒が「なるほど」と納得するような授業をするには正しい論理で話を展開していく必要があります。生徒に深い理解を促すには覚えれば良いという授業ではなく、納得できる授業にしなければならないため、予備校講師には論理的思考力が欠かせません。

『 教えるのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

生徒が好きな人は予備校講師に向いています。予備校によってどのような年齢層の人が生徒になるかは違いますが、大学受験予備校なら高校生や浪人生、資格試験なら大学生や社会人に授業をして教えることになります。特に大学受験の予備校講師は高校生くらいの年齢の生徒が好きな人にうってつけです。

『 ポジティブ思考が強い 』

あまり兼ね備えていない

予備校講師にはポジティブ思考の人が多いのが特徴です。生徒が受験対策をしていて不安になったときにもポジティブな考え方をするように促すことが予備校講師の役割の一つです。もともとポジティブ思考を持っている人は、授業を通して前向きな気持ちを持たせることができるので予備校講師に向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの予備校講師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
予備校講師適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 予備校講師に向いているか向いていないか
  • 予備校講師の職業適性度
  • 予備校講師に必要な10の資質
  • 解説で予備校講師に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

予備校講師とは?

予備校講師とは大学受験や資格試験などの勉強をする予備校で授業をして生徒教育をしている人です。

予備校として最も多いのは大学受験対策ですが、他にも司法試験などの難関資格の試験対策予備校があります。

予備校講師は学校の授業のフォローや受験対策指導を通して、生徒の成績アップや受験合格のサポートをするのが仕事です。

予備校講師は授業計画やカリキュラムの作成をしたり、教材を開発したり、模擬試験の監督や採点をしたりする役割も果たします。

また、質問コーナーで生徒からの相談を受けたり、生徒の保護者にレポートを提出したりする場合もあります。

予備校講師になるには?

予備校講師になるには特に資格は必要がありません。

一般的には大学を卒業してから予備校に就職して講師として働いています。

大学生のうちに予備校講師のアルバイトをしていた人が、卒業後に就職試験や正社員登用試験を受けて正社員になるというのがよくあるパターンです。

また、資格試験の予備校の場合には、該当する資格を自分で取得した後、アルバイトとして予備校講師を始めてダブルワークをしていることが多くなっています。

予備校講師は教育を担う仕事なので、専門の教科だけでなく教育学や教育心理学などを学んでおくと役に立つでしょう。

予備校講師の給料・年収

予備校講師の平均年収は幅が広く、200万円以下の人から1000万円以上の人までいることがわかっています。

予備校講師の年収は求人情報や厚生労働省による統計情報から考えると、大体350万円~450万円です。

予備校講師の給与体系は勤め先によって違うことが多いですが、一般的には完全な固定給ではありません。

基本給に加えて、担当した授業のコマ数に応じて給料が加算される仕組みになっています。

担当する授業によって単価が異なっていて、ハイレベルな内容の授業を担当すると単価が高くなります。

実績によるインセンティブがある現場もあるため、実力を伸ばすのが予備校講師にとって重要と言えるでしょう。

予備校講師の就職・転職先(求人)

予備校講師の就職先・転職先は大学受験や資格試験の予備校です。

大学受験では大手予備校が有名ですが、中小企業の予備校や個人経営をしている予備校もたくさんあります。

ローカルな受験対策を得意としていたり、医学部などの人気学部に特化していたりする予備校は全国的に増えています。

また、資格試験についても司法試験だけでなく他の国家試験に対応している予備校が増加してきました。

大学受験や資格試験の合格を目指して予備校に通うトレンドはずっと続いているため、予備校講師として実績を積み上げていけば安定して働くことができるでしょう。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0