理想の就活/転職のための
自己分析サイト

県議会議員に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今県議会議員の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい県議会議員に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの県議会議員適性診断結果

あなたの適性度は40%で、県議会議員の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。県議会議員を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

県議会議員に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.リーダーシップがある
2.地域に対する思いが強い
3.コミュニケーション能力が高い
4.企画立案が得意
5.法律や行政に詳しい
6.精神的な強さがある
7.体力がある
8.柔軟な思考力がある
9.語学スキルを持っている
10.長期的な視点で物事を見られる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 リーダーシップがある 』

兼ね備えていない

県議会議員は県の舵取りを行うのが役割の1つです。この役割を全うするためにもリーダーシップの強さは必要な要素だと言えます。どんな政策を取り決める場合にも反対意見を持つ人は存在します。全ての人を納得させるのは難しいので、反対意見があったとしても自分が進めたい政策を推し進められる意志の強さが大切です。このようなポイントを考えれば、リーダーシップがある人が県議会議員に向いていると言えます。

『 地域に対する思いが強い 』

兼ね備えていない

県議会議員は、その地域の発展に尽力するのが責務の1つだと考えられます。自分が関わる地域が、より良い街になっていくために何を行うのが良いかを真剣に考えられる人が県議会議員としての支持を集められるでしょう。そのため地域に対する思いが強い人ほど、県議会議員に向いています。地域に対する思いが強ければ強いほど、県議会議員としての注目度は高まります。

『 コミュニケーション能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

県議会議員は1人で政策を作り上げることはできません。多くの議員と会話を交わしながら、良い政策を作り上げていくのが仕事となるのでコミュニケーションを取る機会は多いです。また自分の作りたい政策を住民に分かりやすく伝えることも求められます。このシーンでもコミュニケーションは必要となるでしょう。他にも反対意見を持つ者への説得が必要なときにもコミュニケーションは重要なポイントとなります。このようにあらゆる場面でコミュニケーションを取ることになるため、コミュニケーション能力が高い人が県議会議員に向いていると言えます。

『 企画立案が得意 』

兼ね備えていない

県議会議員は地域に貢献できるような政策を立案するのが仕事です。そのため政策立案の能力が高い人ほど、この職業に対する適性が高いと考えられます。政策は現実的なものであることも重要になるため、法律の知識や行政に関する知識をフル活用した政策立案ができる人が県議会議員に向いています。

『 法律や行政に詳しい 』

そこそこ兼ね備えている

県議会議員は法律や行政に触れるような仕事だと言えます。法律に関する違反がないように注意を払いながら、政策を立案します。状況によっては経済に関する専門知識も必要になるでしょう。このように地域の発展に必要な専門知識を有効活用する必要があります。法律に詳しい人や行政に詳しい人、経済に詳しい人などは県議会議員に対する適性が高いです。

スポンサーリンク

『 精神的な強さがある 』

そこそこ兼ね備えている

県議会議員は一年中働き詰めになることも珍しくありません。これは勤務に関する規則が決められていないからです。真面目な人ほど、一年中地域の発展に対することに頭を悩ませている可能性が高いでしょう。それだけでも気力を奪われますが、状況によっては反対意見を持つ人からのバッシングが強くなることもあります。その反対意見を持つ人からの攻撃で精神的なダメージを負うことも考えられます。それでも仕事を全うできるような精神力の強さを持っている人が、県議会議員に向いています。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

県議会議員はデスクワークや議論が仕事のメインだと考えている人もいるかもしれません。しかし、実際にはあらゆる場所に足を運ぶことも多いです。例えばイベントに招待されたときには遠い場所であっても訪問する必要があるでしょう。県内の状況を把握するために県内を歩くこともあります。他県を参考にするために県外を訪問することもあるでしょう。このように様々な場面で自分の足を使うことになるので、体力に自信のある人ほど県議会議員に向いていると言えます。

『 柔軟な思考力がある 』

あまり兼ね備えていない

県議会議員は自分の信念に基づいて行動を取ることになりますが、状況によっては相手の意見の方が地域の発展に役立つ可能性もあります。そんな状況で無理やり自分の意見を押し通してしまうと、地域にとってマイナスの政策を生み出してしまう可能性もあるでしょう。そのようなミスを避けるためにも柔軟な思考力を持っていることが大切だと言えます。ムキにならずに相手の意見を取り入れられるような柔軟な思考を持っている人は、県議会議員に向いている可能性が高いです。

『 語学スキルを持っている 』

だいぶ兼ね備えている

県議会議員は国内の政策を作るのが仕事だから、日本語だけが出来ていれば問題ないと思っている人もいるかもしれません。しかし、地域の発展を考えるのであれば海外との提携も必要になるケースが出てきます。そのような状況で語学が堪能な県議会議員がいれば重宝されるでしょう。そのため語学スキルを持っている人ほど、県議会議員に向いていると考えられます。特に英語が堪能な人は、この職業の適性が高いです。

『 長期的な視点で物事を見られる 』

だいぶ兼ね備えている

県議会議員は目先の成功よりも、数年後や数十年後に訪れる未来での成功を目指す必要があります。目先の成功ばかりを考えていると、将来的には地域がやせ細ってしまうケースも考えられます。そのような事態を招かないためにも県議会議員には長期的な視点が必要になります。先を見据えた政策作りができる人ほど、県議会議員の適性は高いでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの県議会議員適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る