理想の就活/転職のための
自己分析サイト

陶芸家に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今陶芸家の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい陶芸家に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

陶芸家に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの陶芸家適性診断結果

あなたの適性度は34%で、陶芸家の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。陶芸家を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

陶芸家に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.デザインが得意
2.頑固でなく柔軟
3.手先が器用
4.集中力がある
5.オリジナリティがある
6.美術品が好き
7.一人でいるのが苦でない
8.計画性がある
9.伝統工芸に興味がある
10.企画力がある
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 デザインが得意 』

十分に兼ね備えている

陶芸家は、主にろくろを使って土をこね食器を作るのが仕事です。ものづくりが好き、焼き物が好きなどいろいろな人が陶芸家を目指していますが、中でも特に重要だと言われているのがデザイン力です。現在は非常に手頃な値段で食器が手に入ります。そのため、陶芸家が手作業で作った食器を売るには、他にはないデザインが求められることになるのです。作るのは好きだけどデザインは苦手という人は、弟子入り期間が終わって独立するときに躓いてしまうことが多いと言われています。

『 頑固でなく柔軟 』

兼ね備えていない

陶芸家と言えば、こだわりが強く頑固で自分の道をひたすら突き進む芸術家、というイメージがありますが、現実では性格が偏屈な人は陶芸家には向いていません。確かに陶芸は芸術品としての側面も持っているものの、やはり本質は日常品。購入して使ってくれるお客さまの存在があって成り立つものなのです。そのため、お客さまの要望に素直に答え、修正にも対応できる柔軟さが必要になります。「自分のこだわりだから変えたくない」と我を押し通していると頭でっかちな作品になりがちですし、お客さまにも選んでもらえなくなってしまいます。

『 手先が器用 』

あまり兼ね備えていない

手先の器用さも大切です。ろくろを使って食器を作るのは非常に繊細な作業で、指先のちょっとした動き、力の加減で形が大きく変わってしまいます。食器に模様を入れたり色を付けたりするにも細かな作業が必要になります。こうした作業を日常的に行うためには、やはり手先は器用な方が望ましいと言えます。

『 集中力がある 』

だいぶ兼ね備えている

陶芸家は集中力も大切です。ろくろを回すときは、狙った形になるよう集中する必要がありますし、窯で食器を焼くときも、炎の温度や加減を細かく調節しなければなりません。集中して一気に作業しなければならない場面が多いので、フラフラ気が散る人はあまり向いていません。

『 オリジナリティがある 』

そこそこ兼ね備えている

「自分にしか作れない器を」「自分だけの作品を」という思いが強い人は、とても陶芸家に向いています。陶芸家もアーティストの一種、オリジナリティ溢れる作品を作ることは、仕事をする上で大きな動機の一つになるでしょう。オリジナリティは商品価値を高めるという意味でも大切です。他にはない、この人にしか作れないという要素は、お客さまに選んで貰うためにも大切だからです。一方、オリジナリティがある作品作りというのは非常に難しいことでもあります。人間、何の影響も受けずに作品を作ることは不可能です。影響を受けつつ模倣と思われない作品を作る力が、陶芸家に求められる適性の一つと言えるのです。

スポンサーリンク

『 美術品が好き 』

そこそこ兼ね備えている

全くのゼロから作品を作ることはできません。そのため、いろいろな芸術品を見て、それを参考にしつつ自分なりの作品を作るのが楽しい、という人は陶芸家に向いています。いろいろな陶芸作品を見るのはもちろんのこと、絵画や書道など陶芸以外の美術に触れることも自分の感性を磨くことに繋がります。逆に、美術館などに行ってもいつも退屈してしまう、という人は陶芸を好きになれない可能性があります。

『 一人でいるのが苦でない 』

兼ね備えていない

陶芸家は、一人で作業している時間が圧倒的に長い仕事です。ろくろを回すのも、色や模様を入れる作業も基本的に一人で行います。そのため、単独行動が苦でないという人の方が向いていると言えるでしょう。

『 計画性がある 』

兼ね備えていない

一人で仕事をするということは、当然仕事の管理を自分で行う必要があります。通常の会社であれば指示をくれる上司や、仕事を手伝ってくれる同僚や部下がいますが、一人の場合計画から納品、その間の調整も自分で行わなければなりません。大手の窯元に就職する場合は事務仕事をしてくる人がいるかもしれませんが、独立する場合は全ての責任は自分にやってきます。仕事の計画を立てることができ、それに従って仕事ができる。納期に合わせて作品を作ることができる、というのはとても大切な適性となります。

『 伝統工芸に興味がある 』

あまり兼ね備えていない

日本は、各地に伝統的な焼き物が存在します。滋賀県の信楽焼、栃木県の益子焼、愛知県瀬戸焼をはじめ、それぞれに文化や歴史、伝統的な手法などがあり、陶芸家は基礎としてこれらの伝統的手法を身につける必要があります。それにはやはり興味があった方が力も入りやすくなり、覚えもよくなるでしょう。これらの伝統にオリジナリティを加えることで、陶芸家は独自の作品を作り出して行くのです。

『 企画力がある 』

兼ね備えていない

手軽に食器が手に入る時代だからこそ、自分の作った食器に付加価値を付けるようなアイディアや企画を考えることも必要になります。その土地の伝統陶芸を元にした食器、その土地ならではの土を使った焼き物など、時代に合わせた陶芸を考えられるかどうかも、陶芸を仕事とする上では大切な適性と言えるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの陶芸家適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • 陶芸家に向いているか向いていないか
  • 陶芸家の職業適性度
  • 陶芸家に必要な10の資質
  • 解説で陶芸家に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか
アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る