理想の就活/転職のための
自己分析サイト

POPクリエイターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今POPクリエイターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいPOPクリエイターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのPOPクリエイター適性診断結果

あなたの適性度は37%で、POPクリエイターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。POPクリエイターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

POPクリエイターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.言葉選びにセンスがある
2.文章を書くのが上手い
3.課題を解決するのが得意
4.最新の流行に敏感
5.デザインが得意
6.色彩感覚に優れている
7.コミュニケーション能力が高い
8.交渉術に長けている
9.笑いのセンスがある
10.決められたルールを守れる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 言葉選びにセンスがある 』

兼ね備えていない

POPクリエイターは文章で人の心を惹きつける能力が必要になります。目を引くような文章や心が動かされるような文章を書ける人が優秀なPOPクリエイターだと言われます。そのため言葉を選ぶのが上手な人がPOPクリエイターに向いていると考えられます。誰もが意味を理解できるような分かりやすい言葉を選べる人は、商品の売り上げに貢献できるようなPOPを作れるでしょう。

『 文章を書くのが上手い 』

兼ね備えていない

POPの場合、文章を記入できる範囲が決まっています。決められた範囲内で商品の魅力を伝えなければならないため、文章を纏められる能力が必要になるでしょう。短文や一言コメントが得意な人ほど、POPクリエイターに向いています。キャッチコピーの作成経験がある人はPOPクリエイターとしても成功しやすいかもしれません。

『 課題を解決するのが得意 』

だいぶ兼ね備えている

商品によってターゲット層は異なります。その商品が誰をターゲットにしているのかを考えた上でPOPの言葉を選んでいく必要があるでしょう。そのためマーケティング能力の高い人ほど、POPクリエイターに向いている傾向にあります。丁寧なマーケティングで得た情報をもとにターゲットに刺さる言葉を選ぶことができれば、商品の売り上げにも貢献できる可能性が高まります。例えば高齢者向けの商品のPOPを作るのであれば、ことわざを書いてみるのも効果的でしょう。

『 最新の流行に敏感 』

十分に兼ね備えている

商品によっては流行りの言葉が刺さることもあります。特に若年層をターゲットにしている商品を売り出したい場合には流行りの言葉を織り交ぜたPOPが効果的だと考えられます。そのため流行に敏感である人がPOPクリエイターに向いています。常に流行りの言葉を仕入れている人は、その時期にピッタリのPOPを作れるでしょう。若者言葉やアニメの名セリフを織り込めば、若年層に刺さるようなPOPを作りやすいかもしれません。

『 デザインが得意 』

兼ね備えていない

POPにはイラストを描き入れることも珍しくありません。言葉では伝えきれない部分を補うときにはイラストは有効活用できるでしょう。またイラストが描かれていることでPOPに注目してもらいやすくなるという側面も持っています。このことを考えればPOPクリエイターは画力が高い人が向いていると言えます。可愛いイラストや美麗なイラストを描けるような人はPOPクリエイターとして成功する可能性が高いでしょう。

スポンサーリンク

『 色彩感覚に優れている 』

兼ね備えていない

POPクリエイターはカラーリングのチョイスが重要になります。白黒のPOPでは目を引くようなPOPには仕上がりにくいので、様々な色を駆使して鮮やかなPOPを作ることになるでしょう。その鮮やかなPOPは綺麗な色合いであるだけが重要なポイントというわけではありません。人に興味を持ってもらえるようなPOPである必要があるので、人に気に入ってもらえるような色使いが求められます。そのため色彩感覚に優れている人がPOPクリエイターに向いていると考えられます。

『 コミュニケーション能力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

POPクリエイターという職業は文章力や画力が重要になる仕事ですが、誰とも会話をしないわけではありません。例えばクライアントとの会話は避けて通れないポイントです。クライアントと上手くコミュニケーションを取ることができれば、具体的な注文内容を引き出せるのでクライアントの理想とするPOPを作りやすいでしょう。このことを考えればコミュニケーションが高い人もPOPクリエイターには向いていると言えます。

『 交渉術に長けている 』

あまり兼ね備えていない

POPクリエイターには必要なさそうだと思っている人もいるかもしれませんが、交渉術に長けている人がPOPクリエイターに向いています。POPクリエイターはクライアントとの交渉によって収入が変わります。そのため交渉術に長けていると高収入を得やすくなるというメリットが得られます。また交渉術を駆使すればPOPのサイズを少し大きくしてもらえることもあるので、POPが作りやすい状況を自分で生み出しやすくなるでしょう。

『 笑いのセンスがある 』

兼ね備えていない

お笑い芸人に必須だと考えられる笑いのセンスは、実はPOPクリエイターにも役立ちます。クスッと笑えるような言葉がPOPに書き込まれていると、その商品にポジティブな印象を持ってもらいやすいので商品の購買意欲が高まりやすいと言えます。そのため笑いのセンスを持っている人はPOPクリエイターに向いています。

『 決められたルールを守れる 』

そこそこ兼ね備えている

POPに商品のネタバレを書き込むのは禁止事項に含まれているケースもあります。特に小説や漫画のようなPOPを書く場合にはネタバレは避けた方がいいでしょう。そのようなことを考えればネタバレをしない文章を書ける人がPOPクリエイターに向いていると言えます。ネタバレをしないように注意しながら、興味を持ってもらえるような粗筋を紹介できれば購買意欲が上がるようなPOPになるかもしれません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのPOPクリエイター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る