理想の就活/転職のための
自己分析サイト

政策担当秘書に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今政策担当秘書の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい政策担当秘書に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの政策担当秘書適性診断結果

あなたの適性度は51%で、政策担当秘書の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。政策担当秘書を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

政策担当秘書に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.口が固く秘密を守ることができる
2.礼儀正しくマナーを心得ている
3.思考が柔軟で機転が利く
4.良好な人間関係を構築できる
5.脅しに屈しない胆力がある
6.自己犠牲の精神がある
7.自身の体調を適切に管理できる
8.先入観や偏見を持たない
9.はっきりと自己主張できる
10.外国語が堪能
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 口が固く秘密を守ることができる 』

だいぶ兼ね備えている

政策担当秘書は仕事の性質上、様々な情報に接する傾向があります。時には表沙汰にできない、重要な秘密を知ってしまうこともありますが、そのようなことを一切口外しない、口の固さこそが政策担当秘書の必須スキルと言っても過言ではありません。例え家族や親友であっても、秘書の仕事で知り得た情報を口外しない、秘密を守る意思の強さが求められます。自分とは直接の関係がない情報だからとの理由で安易に口外したり、インターネットで公開するなど軽率な行動をとる人はもっとも相応しくないと言えるでしょう。

『 礼儀正しくマナーを心得ている 』

そこそこ兼ね備えている

政策担当秘書は単に秘書としての実務に従事するだけではなく、自身の言動や立ち振舞いにも注意しなければいけません。世間では政策担当秘書の言動はそのまま、雇い主である国会議員の言動と見なされます。そのため、秘書の言動に問題があると、雇い主の国会議員に迷惑がかかってしまうのです。挨拶や言葉遣い、立ち振舞いなど社会人としての正しいマナーを理解し、雇い主に恥をかかせないことを心がけるのが秘書の責務になります。

『 思考が柔軟で機転が利く 』

そこそこ兼ね備えている

日々、目まぐるしく変化する状況に応じた最適な対処法を導き出すのが政治の役目であり、対処法を実践するのが国会議員の仕事と言えます。政策担当秘書は国会議員を政策の立案においてサポートするのが主な仕事であり、質の高い成果を得るには豊富な知識が欠かせません。また、ただ知識を持つのではなく、知識を最適な方法で活用する柔軟な思考が求められます。不測の事態に見舞われても慌てず、機転を利かせる冷静な判断力も優れた政策担当秘書の条件です。

『 良好な人間関係を構築できる 』

あまり兼ね備えていない

政治の仕事は人付き合いの良し悪しで成果の有無が決まるといわれています。どれだけ優れた政策を立案しても、支持者がいなければ話になりません。国会議員のすべてが人付き合いに長けているとは限らないので、サポート係である政策担当秘書が議員に代わって人間関係を構築することになります。優れた秘書の多くは誰に対しても分け隔てなく接する、優れたコミュニケーション能力を有しています。また、単なる八方美人ではなく、議員の政治活動を脅かす存在はしっかりと遠ざける正しい判断力も必須スキルのひとつです。

『 脅しに屈しない胆力がある 』

兼ね備えていない

政治の世界では時に、違法すれすれの脅迫が起こることもあります。大抵は確たる根拠がないデマですが、稀に議員の不祥事など何らかの根拠に基づいて脅されるケースもあるので軽視はできません。一方で脅しに屈すると何度も繰り返し、同じように脅される可能性があります。そうならないよう、脅しには屈しない胆力を持って事態の収拾に臨むのが秘書の務めです。

スポンサーリンク

『 自己犠牲の精神がある 』

あまり兼ね備えていない

政策担当秘書は公私共に、雇い主である国会議員を支えるのが仕事です。政策の立案において情報収集や賛同者集めなどの形でサポートするのはもちろん、議員の政治生命を守るのも重要な仕事になります。時には議員の不祥事を庇い、自身が議員の代わりに責任をとる事態もあり得ない話ではありません。理不尽な扱いを受ける可能性もありますが、政策担当秘書は議員の政策が形になるようサポートするのが仕事です。自身が責められることで議員が政治活動を継続できるのであれば、その選択肢を甘んじて受け入れる姿勢が求められます。

『 自身の体調を適切に管理できる 』

そこそこ兼ね備えている

政策担当秘書は様々な情報を集めたり、多くの人と友好的な関係を持つために奔走します。必然的に疲労やストレスが溜まってしまうことから、心身の具合は良好に保つことが重要です。一流の秘書は己の体調管理をもっとも重視すると言われています。自分自身が健やかでなければ議員を支えることはできないとの理由です。無理をせず、まずは我が身を労ることが優れた秘書の共通点と言えます。

『 先入観や偏見を持たない 』

十分に兼ね備えている

政治の世界はどれだけ多くの人に支持されるかが重要です。政策を形にするためには支持者を増やすことが必須条件ですが、そのためには支持者に対する先入観や偏見を持たないことが何よりも大切と言えるでしょう。血筋や学歴、価値観の違いなど様々な事柄が先入観や偏見の原因になりますが、議員の支持者を増やすことが仕事のひとつである政策担当秘書が先入観や偏見に囚われてはいけません。分け隔てなく接し、公正な視点で付き合うのが正しいあり方と言えます。

『 はっきりと自己主張できる 』

十分に兼ね備えている

政策担当秘書は国会議員をサポートする仕事ですが、場合によっては議員をたしなめることも必要になります。議員も時には間違った言動を取ることがあるので、そのような際は訂正し、二度と同じ過ちはしないよう、上手にコントロールすることが肝心です。政策担当秘書は国会議員に雇われていることから立場が下のように思えますが、実際は議員が政治活動に専念できるよう、様々なサポートを行うことから立場は対等と言えます。雇い主相手でも臆せず、言うべきことは言う意思の強さこそが政策担当秘書に求められる資質です。

『 外国語が堪能 』

そこそこ兼ね備えている

政治に関する仕事では時に、異国の有力者と会談することがあります。その際、双方の意思を正しく伝えるのも政策担当秘書の仕事です。専門職である通訳が常に同行できるわけではありません。外国語での日常会話ができる程度の語学力も政策担当秘書に必要なスキルと言えます。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの政策担当秘書適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る