理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

警察官に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今警察官の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい警察官に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

警察官に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの警察官適性診断結果

あなたの適性度は31%で、今の時点では警察官の仕事に向いているとは言えないようです。警察官を目指したい場合は、まず診断結果の詳細を読み込んで必要な資質を理解するようにしましょう。自分に足りない部分がわかったら、あとは一つづつ克服していけるよう努力あるのみです。

警察官に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.正義感が強い
2.協調性がある
3.忍耐力がある
4.体力に自信がある
5.責任感がある
6.フットワークが軽い
7.人の話をしっかりと聞ける
8.洞察力がある
9.何事にも動じず常に冷静
10.礼儀正しい性格
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
警察官適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 正義感が強い 』

兼ね備えていない

人々の安全や平和を守るために活躍する警察官の仕事は、強い正義感を持って業務に当たることが重要になります。警察官の仕事は、犯罪者に立ち向かったりと危険な現場に遭遇することもあります。また、事故処理や事務対応に追われて長時間労働になる場合もあります。一般市民や社会を守るためとはいえ、仕事内容がハードなため強い正義感がなければなかなか続けることが難しい仕事といえます。

『 協調性がある 』

あまり兼ね備えていない

警察官の仕事は、単独で行うのではなく二人一組でパトロールをしたり、チームで捜査をしながら事件解決を目指すことが多くなります。そのため警察官は、一人一人が協調性を持ち、チームワークを大切にしながら取り組まなければいけません。組織の一員であるということを忘れずに、協調性を持って人間関係を大切にできる人が警察官に向いているといえます。

『 忍耐力がある 』

あまり兼ね備えていない

警察官の仕事は、事故や事件などさまざまな現場に立ち会うことも多く衝撃を受けることも多くなります。また、勤務時間も不規則なうえに、忙しいときは食事の時間も取れないというほどハードです。それだけでなく、一般の会社に比べて職場環境も特徴的で、階級社会の警察官は上下関係も厳しくなっています。そのため、ストレスに感じることも多くなりがちで、強い忍耐力を持っていなければ、なかなか続けていくことが難しくなります。

『 体力に自信がある 』

兼ね備えていない

犯罪や事件など警察官が活躍する場面はいつ訪れるかわかりません。事件などが重なった場合対応に追われてしまい、長時間休憩なしで動くこともあります。また、現場では、一刻を争うこともあるため常に緊張感を持って行動しなければいけません。体力的にだけでなく、精神的にも負担が大きい職場といえます。そんなハードな状況に対応するためにも、警察官にとって体力は必要不可欠となります。

『 責任感がある 』

あまり兼ね備えていない

警察官の仕事は、法律の下に社会の安全を守る重大な仕事で、些細なミスが後々重大な問題に発展してしまう可能性もあります。そのため、常に警察官としての強い責任感を持って仕事に取り組むことはもちろん、私生活でも警察官であるということを忘れずに行動することが大切になります。ですが、いつでも完璧でいるというのは難しく、気を付けていても仕事上でミスを犯してしまうことは誰にでもあります。その際は、すぐに上司に報告し対応できるようにすることも忘れてはいけません。

スポンサーリンク

『 フットワークが軽い 』

だいぶ兼ね備えている

事件や事故というのはいつ起こるか予測できません。警察官は、たとえ休日でも応援を頼まれることがあります。また、地域の頼れる存在である警察官は、どんな小さなトラブルにもすぐに対応しなければいけません。トラブルを解決し、安全を守るためにもフットワークの軽さを持つことが警察官には必要になります。フットワークの軽さは、上司や地域の方たちの信頼へも繋がるため、積極的な姿勢で仕事に取り組むと良いでしょう。

『 人の話をしっかりと聞ける 』

だいぶ兼ね備えている

一般市民のトラブルなどの相談に乗ることも警察官の大切な仕事です。それだけでなく、喧嘩の仲裁などに入る場合は、先入観を持つことなく公平な立場で対応しなければいけません。何が正しいのか判断するためには、当事者はもちろん、周りの目撃者などの話もしっかりと聞くことが大切になります。話を聞く際は相手を落ち着かせるためにも、気持ちに寄り添いながら聞くことを忘れてはいけません。

『 洞察力がある 』

そこそこ兼ね備えている

警察官は、地域の安全を守るために定期的にパトロールを行います。パトロールは困っている人はいないか、何か異変はないかなどを移動しながら確認し、トラブルに遭遇した際は瞬時に対応しなければいけません。また、事件現場などでは、小さなヒントが事件解決に繋がることもあります。そのため、警察官は高い洞察力を持って判断することも大切になります。

『 何事にも動じず常に冷静 』

兼ね備えていない

事件現場などでは、警察官が動揺してしまうと市民の安全を守ることはできません。周囲が動揺していると、新たなトラブルを引き起こしてしまったり上手く解決に繋げることができない可能性もあります。被害を広げないことはもちろん、一般市民を動揺させず安心させるためにも、警察官には常に冷静に判断し対応することが求められます。

『 礼儀正しい性格 』

あまり兼ね備えていない

警察官の仕事は、上下関係に厳しい縦社会です。職場では、挨拶はもちろん礼儀正しく行動することが必要不可欠になります。また、地域の人たちと接する機会も多い警察官は、信頼関係を築くためにも丁寧な対応を心掛けなければいけません。そのためには、常に礼儀正しく接することを忘れずに対応していくことも重要になります。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの警察官適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
警察官適性診断を受ける(2分)

\刑事のなり方を詳しく解説/

刑事のなり方

この適正診断テストでわかること

  • 警察官に向いているか向いていないか
  • 警察官の職業適性度
  • 警察官に必要な10の資質
  • 解説で警察官に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

警察官とは?

警察官とは様々な犯罪から住民を守り、かつ住民が安心安全に生活が送れるよう地域の保安に努める公安職公務員です。

配属先によって業務内容や役割は様々で、地域課なら管轄地域のパトロールや遺失物・拾得物届出の受理、交通案内など地域住民と接する業務が多くなります。

その他、殺人や強盗などの強行犯、詐欺や脱税などお金に関する犯罪を捜査する刑事課、DV被害・ストーカー被害、ひったくり被害などに対応する生活安全課、交通違反の取締りや交通事故の捜査を行う交通課、テロやデモの抑止や警備、イベントの際の雑踏警備を担当する警備課などがあります。

警察官になるには?

警察官は地方公務員となるため、まずは公務員試験に合格しなければいけません。

1次試験は筆記試験で、2次試験には面接や身体検査、体力検査などが課せられます。

そして最終合格して内定を得た後は警察学校へ入校し、警察官に必要な知識や技能、体力を身に付けていくことになります。

大卒は6か月、高卒は10か月程度と学歴によって期間は異なりますが、無事研修を終えた後は交番に配属され、警察官としての一歩をスタートします。

特別必要な資格はないものの、剣道や柔道などの段位、英語検定や中国語検定、簿記、情報処理系の資格は試験の点数に加点となるため合格に有利となります。

警察官の給料・年収

複数の調査をまとめると、警察官の年収は約600万円〜700万円程度になります。

経験年数と階級によって年収は増えていき、1~5年目の平均年収は510万円であるのに対して、15年~20年目には約720万円、25年~30年目になると約820万円となります。

また初任給こそ大卒が月収21万円、高校卒が18万円と少し差がありますが、学歴が後々の昇進に影響することはなく、長期的にみると大卒と高校卒の年収差はほとんどありません。

ちなみに令和3年分の国税庁による調査結果では、民間企業に勤務している給与所得者の平均年収は443万円となっており、この数字と比較すると、警察官の給与は比較的高水準であることがわかります。

警察官の就職・転職先(求人)

警察官は都道府県で採用されるので、試験を受けた都道府県内の交番、警察署で勤務します。

最初は巡査からのキャリアスタートですが、昇任試験を経て巡査長、巡査部長と階級を上げていくことが出来ます。

基本的に離職率が低い職業ではありますが、警察官として得た知識やスキルは他の業界でも生かせるため、転職はそう難しくありません。

新たな活躍の場として、特に人気が高いのが警備会社や自動車教習所です。

警備員は何より強い信頼が求められる仕事であり、元警察官という経歴は大きな武器となります。

また交通課で勤務していた警察官なら、交通に関わる自動車教習所の指導員は天職になるかもしれません。

もちろん受け入れる企業によって考え方は違いますが、元警察官の経歴や実績を評価し、最初から役職付きで採用する所もあります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0