理想の就活/転職のための
自己分析サイト

警察犬訓練士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今警察犬訓練士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい警察犬訓練士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの警察犬訓練士適性診断結果

あなたの適性度は51%で、警察犬訓練士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。警察犬訓練士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

警察犬訓練士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.犬に対する愛情が強い
2.根気強い
3.甘さだけでなく厳しく接せられる
4.体力に自信がある
5.社交的で話すのが好き
6.明るい性格でポジティブ
7.犬種による特徴に詳しい
8.犬の性格を見極めるのが上手い
9.犬の食事に詳しい
10.犬の身体に詳しい
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 犬に対する愛情が強い 』

だいぶ兼ね備えている

警察犬訓練士は警察犬の訓練や世話を行うのが仕事の内容になります。そのため一日中犬と接するケースも多いでしょう。しかし、犬が心を開いてくれなければ訓練は難航してしまいます。犬に心を開いてもらうためには犬に愛情を注ぐのが大切です。犬に対する愛情が強い人ほど、警察犬訓練士の仕事に向いていると言えます。毎日愛情を注いでいれば犬も素直に指示を聞き入れてくれるようになるでしょう。

『 根気強い 』

十分に兼ね備えている

警察犬になる犬は賢い犬が多い傾向にありますが、それでも一度の訓練で指示通りに動けるものではありません。何度も訓練を繰り返すことで犬は貴方の指示通りに動いてくれるようになります。犬が警察犬に必要なスキルを覚えてくれるようになるまで、何度も根気強く指導を続けていく必要があるでしょう。諦めずに根気強く訓練を続けられる人ほど、警察犬訓練士の適性が高いです。

『 甘さだけでなく厳しく接せられる 』

だいぶ兼ね備えている

犬をペットとして飼うのであれば、常に甘やかしていても問題はないでしょう。しかし、警察犬として働くことが求められている場合、犬は指示通りに動いてもらわなければなりません。そのためには心を鬼にして厳しく接するシーンも必要です。警察犬に必要なスキルを覚えてもらうために甘やかしすぎずに、ときには叱ることもできる人が警察犬訓練士に向いていると言えます。

『 体力に自信がある 』

そこそこ兼ね備えている

警察犬訓練士は朝早くから働くことが多いです。一日中警察犬の訓練や世話を行う場合、体力の消耗が激しいので体力に自信のある人ほど、この仕事に向いていると言えます。特に見習いの警察犬訓練士は早朝からハードな仕事が続くことも多いので、この仕事に就く前から体力作りを行っておくのが良いと考えられます。警察犬が指示に従ってくれるようになると、徐々に体力面の負担は軽減されるかもしれません。

『 社交的で話すのが好き 』

あまり兼ね備えていない

警察犬訓練士は自分のパートナーとなる警察犬を躾けるケースが多いですが、それ以外にも一般の人が飼っているペットの躾を依頼されることもあります。ペットのトレーニングに関する出張サービスを行う警察犬訓練士もいます。このように自分の警察犬以外とのコミュニケーションも求められるので、社交性の高い人ほど警察犬訓練士に向いていると考えられます。人とのコミュニケーションも上手な人であれば、飼い主からペットの特徴を聞き出しやすいというメリットも得られます。

スポンサーリンク

『 明るい性格でポジティブ 』

そこそこ兼ね備えている

警察犬訓練士は様々な人とコミュニケーションを取ります。明るい性格の警察犬訓練士はお客さんからの評判が良い傾向にあります。このことを考えれば明るい性格である人が警察犬訓練士の適性を持っていると言えます。また明るい性格である人が警察犬訓練士になっていれば、現場に居る被害者を安心させられるという利点も持っています。

『 犬種による特徴に詳しい 』

十分に兼ね備えている

警察犬訓練士はどの犬種の犬を預けられるか分かりません。他者の飼い犬を躾ける場合にもどの犬種を躾けるかは、会ってみないと分からないでしょう。どんな犬種にも対応できるようにするために、様々な犬種の特徴に詳しくなっておく必要があります。あらゆる犬種に詳しくなっていれば、どんな犬種の躾を任されても自信を持って仕事に取り組めます。警察犬訓練士としての適性を高めたいのであれば犬種に詳しくなるところから始めるのが良いかもしれません。

『 犬の性格を見極めるのが上手い 』

あまり兼ね備えていない

警察犬訓練士はスムーズに犬と仲良くなることが求められます。すぐに犬と仲良くなるためには、その犬の特徴だけでなく性格も見極める必要があるでしょう。瞬時に犬の性格を見極められるような人ほど、警察犬訓練士に向いています。犬の性格を見極められるようになれば、犬との距離を縮められるだけでなく犬の躾も行いやすくなります。

『 犬の食事に詳しい 』

兼ね備えていない

警察犬訓練士は厳しい躾を行うだけが仕事ではありません。犬の生活を預かる立場にあるので、常に犬の衛生面や栄養面に気を配っている必要があります。特に栄養面は重要なポイントです。栄養バランスの良い食事を取らせるようにしておかなければ、警察犬としての能力を発揮しにくくなるので注意が必要だと言えます。犬の栄養バランスに詳しくなれば警察犬訓練士に対する適性が高くなると考えられます。

『 犬の身体に詳しい 』

そこそこ兼ね備えている

警察犬訓練士は犬の健康も管理しなければなりません。そのためには犬の身体の構造を理解しているのが大切です。犬の身体の構造を理解していれば、「どのような動作が骨に負担がかかるのか」、「どんな訓練が犬の身体を活かせるか」といったことを考えやすくなります。既に犬の身体に詳しい人は警察犬訓練士の仕事に向いている可能性が高いです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの警察犬訓練士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る