理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

詩人に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今詩人の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい詩人に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

詩人に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの詩人適性診断結果

あなたの適性度は45%で、詩人の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。詩人を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

詩人に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.豊かな語彙力がある
2.感受性が鋭い
3.素直な性格
4.自己表現が得意
5.創作意欲が高い
6.人と違う視点を持っている
7.地道な活動が苦でない
8.忍耐力がある
9.情熱がある
10.自分を信じられる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
詩人適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 豊かな語彙力がある 』

十分に兼ね備えている

詩人になるには豊かな語彙力がなくてはいけません。選びぬかれた言葉で美しい詩を作り出し、大勢の人に感動を与えるには、たくさんの言葉を知っていることが武器になります。人と同じ言葉使いでは表現しきれない何かを持っていないと、創作に行き詰まりを感じることもあるかもしれません。常に言葉に対して敏感になり、語彙力を培うようにしましょう。多くの優秀な作品に接することも語彙力を養うよい勉強になります。

『 感受性が鋭い 』

あまり兼ね備えていない

感受性の鋭さは、詩人になるのに必須の条件です。日々の出来事や情景を細かく観察し、それを詩という形に転化させるには感受性というものが必要だからです。詩は言葉というものを素材にした、いわゆる芸術作品。その人の個性がないと作品は輝くことができずに、その他のものに埋もれていってしまいます。自分にだけ備わる感受性を磨くことも詩人には大切なことです。強く心に迫るものを見逃さず、詩作に繋げましょう。

『 素直な性格 』

十分に兼ね備えている

詩人になるには素直な心が備わっていなければいけません。自分の感性から湧き出すものを言葉というものに変え、芸術の域に昇華させるには、見たもの、感じたことを言葉にできる素直な心が必要なのです。美しいものを美しい、と感じる心、嬉しいことを嬉しい、悲しいことを悲しいと思う気持ちを大切に。純粋な目で見たもの、感じたことは、忘れずに心にとどめておくことを習慣にしましょう。

『 自己表現が得意 』

十分に兼ね備えている

豊かな語彙力、感受性、素直な心と、詩人には必要なものがたくさんありますが、それらの力を集約させ詩という芸術に完結させるには、表現する力が必要になります。たとえたくさんの言葉を知っていても、鋭い感受性があっても、詩の形にできなくては何にもなりません。表現力を磨くには、多くの優れた詩に触れることが肝心です。そして自分なりの表現の形を見出すことが重要になります。

『 創作意欲が高い 』

そこそこ兼ね備えている

詩人になるには意欲が必要です。どうしてもそうなりたいという強い願望がなくては創作活動は続きません。詩人になりたいという願いや詩を書かずにはいられない情熱が、新しい作品を生み出し人々を感動させることができるのです。少しのことではへこたれない、突き動かされるような意欲を持ち続けることは詩人になるのに重要な要素になります。

スポンサーリンク

『 人と違う視点を持っている 』

あまり兼ね備えていない

人とは違うものの見方ができるということは、詩人になる人には大切な能力です。詩という芸術作品は平凡な人には生み出すことはできません。人とは違う感性や、人とは違う言葉使いで凡庸を脱却しましょう。あっと驚くような作品ができあがることもあるかもしれません。人と同じという安心の中では、広く世間の人を感動させる詩を書くことは難しいでしょう。

『 地道な活動が苦でない 』

あまり兼ね備えていない

詩人には学歴も経歴も関係なく、ただ自分の心や感性、語彙力だけが武器になります。作品が世間に認められるようになるまで、その活動に終わりはありません。ゴールのない戦いがいつまでも続き、経済的に厳しいことも予測されます。そんなとき、地道に自分の信じる道を進むことのできる人こそが、詩人に向いている人なのです。批判や不遇が続いても自分のペースをまもることが肝心です。

『 忍耐力がある 』

そこそこ兼ね備えている

忍耐力は、どんな職業につく人にも大事な力です。少しの批判や不運などではびくともしない忍耐力をつけるようにしましょう。詩人になるのに特別な資格はいりません。検定試験や修了証のようなものも必要ありません。詩人は芸術家であり自称でも十分名乗ることができます。しかし、自分の芸術が世間に認められるまで長い時間がかかることがあり、それまで安定した生活を送れないことも考えられます。そんなとき頼りになるのが忍耐力なのです。頑固なまでの忍耐力で、不遇な時代を乗り越えましょう。

『 情熱がある 』

兼ね備えていない

詩人になるには、情熱が必要です。この道以外他にないというような燃えるような動機が情熱と呼ばれるものです。その情熱を持ち続けること、いつまでも新しい気持ちで作品作りに没頭できることは、とても大切なことです。常に感性のアンテナを張り巡らせ、作品作りのヒントにするなど詩に対する情熱を持つことを心がけましょう。

『 自分を信じられる 』

兼ね備えていない

詩人になるということに、正解や近道はありません。自分を信じ自分の感性や、人とは違う視点でものを見られる力を信じて進むしかないのです。他の職業につくよりもずっと難しく険しい道です。しかし、自分の思うまま信念のまま地道に作品を作り続けること、語彙力を鍛えること、情熱を切らさないようにすることで、新しい展開が見えてくることもあります。自分だけの芸術を自分だけに書ける詩を追求することが、なによりも大切なことなのです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの詩人適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
詩人適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 詩人に向いているか向いていないか
  • 詩人の職業適性度
  • 詩人に必要な10の資質
  • 解説で詩人に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

詩人とは?

詩人とは、詩を作ったり、作った詩を編集したりする仕事です。

詩とは、自然や人が行う事柄などから感じたことを、言語として表したもの。

詩は自由な文体で作っていきます。

具体的な仕事内容は人によって様々ですが、作った詩が溜まれば、詩集の形にして出版する場合が多いです。

また、インターネット上で、作った詩を公開する人もいます。

詩人としてのキャリアを積み、大勢の人から認められる存在になれば、詩のコンクールで選評を行う仕事ができる可能性もあります。

さらに、書道のスキルを身に付ければ、自ら作った詩を、書の形で販売するという仕事もできるようになります。

詩人になるには?

詩人になるためには、学歴や資格などの条件は特にありません。

自ら作った詩で収入を得ることができれば、詩人を名乗ることができます。

詩で収入を得る主な方法は、詩集の出版です。

大勢の人に詩集を買ってもらえれば、印税として収入を得られます。

基本的には、詩のコンクールで入賞して知名度を高め、その知名度で詩集を売ることになるでしょう。

そして、コンクールに入賞するためには、詩を作る高い技術が必要です。

よって、大学の文学部などで詩を専攻したり、詩について学べる専門学校に進学したりして、詩の作り方や歴史などを学んだ方が良いでしょう。

詩人の給料・年収

複数の調査によると、詩人の平均年収は、およそ100万円から200万円程度です。

詩人は完全に実力主義の仕事で、作った詩が売れれば、それだけ収入が増えていきます。

ただ、詩というものは、それほど簡単には売れません。

そのため、詩人として働き始めの頃は、年収が100万円を下回る可能性も十分あります。

したがって、最初は他の仕事と兼業しながら、詩人として働く人が大勢います。

そして、コンクールに入賞したり、メディアに取り上げられたりして、詩人としての評価や知名度が高くなれば、収入が増える可能性があります。

もし、詩人として成功すれば、300万円以上の年収を実現することも、不可能ではありません。

詩人の就職・転職先(求人)

詩人は原則として、フリーランスとして働きます。

詩人の仕事だけで生活できる収入を得られるのであれば、個人事業主になります。

もし、詩人だけで生活できない場合は、会社員やアルバイトなど、他の仕事を掛け持ちしながら、執筆活動をしていくことになるでしょう。

掛け持ちする仕事の種類は様々ですが、詩に触れる機会が多い出版社や新聞社に就職すれば、詩人としてのスキルを磨きながら、働くことができるはずです。

また、小説家やライターなど、文章を書く仕事と並行しながら、詩を執筆して出版するというのも、ひとつの選択肢です。

その他には、自ら教室を開いて、一般の人に詩の作り方を教えるという働き方もあります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0