理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

企画営業に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今企画営業の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい企画営業に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

企画営業に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの企画営業適性診断結果

あなたの適性度は57%で、企画営業の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。企画営業を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

企画営業に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.企画力がある
2.人や商品の魅力を見つけるのが得意
3.アイデア力がある
4.情報収集が好き
5.話を聞いて人の要望を引き出せる
6.相手の視点で物事を考えられる
7.度胸がある
8.プレゼンテーションスキルが高い
9.良い質問をするのが得意
10.目標達成意欲が強い
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
企画営業適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 企画力がある 』

だいぶ兼ね備えている

企画力があるのは企画営業として活躍している人に共通する特徴です。通常の営業職と企画営業が異なるのは、自社の商品やサービスをただ売り込むのではなく、クライアントが活用して利益を出したり、課題を解決したりするための企画を立てることだからです。企画力があるのは企画営業として活躍するための素養とも言えます。わかりやすく企画をまとめて、やりたいと思ってもらえるようにする力がある人は企画営業として成功するでしょう。

『 人や商品の魅力を見つけるのが得意 』

あまり兼ね備えていない

企画営業は魅力を見つけるのが得意な人に向いています。企画営業は自社の商品やサービスの魅力を理解しつつ、クライアントの事業の魅力も見つけて企画を提案することが求められるからです。魅力を掛け合わせることにより相乗効果が生まれるという提案は受け入れられやすいでしょう。クライアントの視点で商品やサービスの魅力を見出したり、クライアントが気づいていない魅力を発掘して伝えられたりすると信頼されます。

『 アイデア力がある 』

そこそこ兼ね備えている

企画営業はアイデア力があると活躍できます。誰でも考えられるような企画を提案しても受け入れてもらえないからです。アイデアを出す力があって、それならやりたいと思ってもらうことができると契約を勝ち取れるようになります。他にはないアイデアを出すのが得意と思っている人が企画営業に抜擢されていることがよくあります。奇抜な発想が企画の魅力を生み出すことが多いからです。

『 情報収集が好き 』

だいぶ兼ね備えている

情報収集が好きな人は企画営業に向いています。企画営業をするには競合他社についての調査をしたり、ターゲットの顧客情報について理解したりすることが欠かせません。情報収集をしてどのような企画を立てれば顧客を獲得できるのかを考えることが求められます。知識欲があって好きなことなら情報収集に積極的に取り組める人は企画営業として成功できるでしょう。

『 話を聞いて人の要望を引き出せる 』

そこそこ兼ね備えている

ヒアリングスキルに自信がある人は企画営業に適性があります。クライアントに対してヒアリングをして課題を見出し、解決策として企画を提案するのが企画営業の仕事だからです。ヒアリングスキルがあれば何が問題なのか、どんなニーズがあるのかを明確にできます。具体的な要望がわかると企画提案もしやすくなるので、ヒアリングを通じて必要なことを聞き出せる人は企画営業に向いています。

スポンサーリンク

『 相手の視点で物事を考えられる 』

そこそこ兼ね備えている

相手の視点で物事を考えられる人は企画営業として成功するための素養を持っています。企画営業は自社の商品やサービスを売るという視点で営業をするわけではありません。あくまでクライアントが解決したいこと、やりたいことを実現するために企画を立てて提案するのが仕事です。その企画の中に自社の商品やサービスを盛り込めば営業としての目的を達成できます。相手の視点で物事を考える力があるのは必須とも言えるでしょう。

『 度胸がある 』

十分に兼ね備えている

度胸があるのは企画営業として成功している人に共通している特徴です。企画営業では失敗するかもしれないという不安がつきまといます。提案しても拒否されることもあれば、企画が採用されても失敗することもあるでしょう。それでも自信を持って企画を提案できる度胸は企画営業にとって欠かせません。物怖じしない性格を持っている人は企画営業に向いています。

『 プレゼンテーションスキルが高い 』

十分に兼ね備えている

プレゼンテーションスキルがある人は企画営業として活躍しています。企画営業では企画をプレゼンテーションすることが必須だからです。企画は見せ方によってクライアントの印象が大きく変わります。視覚的にわかりやすくするスキルを持っていたり、ストーリー作りをしてプレゼンテーションできる力があったりするとクライアントを魅了できるでしょう。企画営業ではプレゼンテーションスキルがあると有利になります。

『 良い質問をするのが得意 』

あまり兼ね備えていない

質問力がある人は企画営業に適しています。企画営業はクライアントが求めていることを実現する企画を作り、自社の商品やサービスを売るのが重要な役割です。質問力があるとクライアントが何を求めているのかを具体化できます。クライアントは説明が得意だとは限らないので、質問を通してどのような企画を立てるべきかを明確にできるのは企画営業にとって重要なスキルです。

『 目標達成意欲が強い 』

兼ね備えていない

達成欲が強い人は企画営業に向いています。企画営業で企画を提案したときには、クライアントに寄り添って企画を成功させるために邁進することが求められます。クライアントと共に達成するという意識を持って取り組める人は信頼されるでしょう。その原動力になるのは自分で立てた企画を達成したいという気持ちなので、達成欲が強い人は企画営業に適しています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの企画営業適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
企画営業適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 企画営業に向いているか向いていないか
  • 企画営業の職業適性度
  • 企画営業に必要な10の資質
  • 解説で企画営業に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

企画営業とは?

企画営業とは商品やサービスの開発や販売をしている企業で、自社商材の営業を担当している職種の一つです。

企画営業では商品やサービスを直接顧客に売り込むのではなく、クライアントが購入や導入をしたときにどのような使い方ができるかを提案するのが特徴です。

どんなに有用なサービスを持っていたとしても、クライアントはベネフィットがわからなければ契約をすることはありません。

企画営業はクライアントの立場になって具体的な使い方を提案し、サービスとセットにして提供するという営業方法でアプローチして契約の獲得を目指します。

企画営業になるには?

企画営業になるには大学や短大、高校などを卒業して企業に就職するという流れが一般的です。

特定の学部学科なら有利ということはなく、文系の人も理系の人も採用されています。

総合職として採用されてから、適性を判断して企画営業に割り当てるということも多くなっています。

企画営業には資格は必要ありませんが、ヒアリング力と企画力が欠かせません。

経営視点で利益を得るという角度から考える力があると、クライアントの期待に応えられる提案を考えやすくなります。

企画営業になりたいなら経営学やビジネスについて学んでおくと良いでしょう。

企画営業の給料・年収

企画営業の平均年収はさまざまな求人サイトや転職サイトによって公表されているデータに基づくと、およそ350万円~450万円です。

企画営業は営業職の一つとして、新卒くらいの若手の人材が勤め先の商品やサービスとクライアントについて深く理解するために任される傾向があります。

全体として年齢が低い影響があって平均年収はあまり高くありませんが、成果を上げれば大きく年収が上がることも多いのが特徴です。

企画営業は歩合制が敷かれている企業が多く、売上を出したり、契約を勝ち取ったりするとインセンティブを手に入れられるからです。

企画営業の就職・転職先(求人)

企画営業は自社で商品やサービスを開発して販売している企業を幅広く就職先・転職先にできます。

新しい商品やサービスを紹介してクライアントに興味を持ってもらうためには、多かれ少なかれ企画をすることが必要です。

単純に営業職という名前で募集しているケースでも、採用した人材に求めているのは企画営業のスキルという場合もよくあります。

企画提案力がある営業職は、自社独自の商材を開発している企業にとって欠かせない存在です。

企画営業として現場経験とノウハウを積み上げていくと、さまざまな企業で活躍できるようになります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0