理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

プランナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今プランナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいプランナーに
向いているかわかります。

20問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

プランナーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのプランナー適性診断結果

あなたの適性度は66%で、プランナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。プランナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

プランナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.楽しいことが好き
2.独自の発想力がある
3.人を喜ばせることが好き
4.言葉使いや礼儀を意識している
5.接客の経験がある
6.行動力がある
7.コミュニケーション能力が高い
8.リーダーシップがある
9.明るくて前向き
10.資料作成が得意
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
プランナー適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 楽しいことが好き 』

そこそこ兼ね備えている

イベントなどのワクワクすることが好きで、何か開催されていれば行って楽しむ人はプランナーに向いています。プランナーになったら、逆にお客様を楽しませてあげなければいけません。楽しむ気持ちを持っていない人は、相手の立場になって満足させられるイベントを作ろうと思ってもなかなか発想が出てきにくく向きません。普段から楽しいことが好きで経験している人は、相手を喜ばせるコツを知っているのでプランナーに向いています。

『 独自の発想力がある 』

十分に兼ね備えている

どんな風にしてお客様を楽しませるプランにするか考える時に、なかなかアイデアが出てこない人はプランナーに向いていないでしょう。逆に、「こうしたらもっと楽しくなりそう」など、発想力がある人はプランナーに向いています。その目的に合わせてベストなブランを立てなければならず、いつも一緒ではいけません。実際に仕事を始めてからも、さまざまなイベントなどを任され、その度にアイデアを出していかなければなりません。発想力が豊かな人は向いています。

『 人を喜ばせることが好き 』

だいぶ兼ね備えている

何かをして相手が喜んでくれる顔を見るのが好きという方はプランナーに向いています。プランナーになったら、相手の立場になってどんなことを企画したら楽しめるかを考えなければなりません。自分が満足できるものではなく、相手がいかに満足できるかが重視されます。日頃から人を喜ばせたいと行動している人は、自然とプランナーになってからもできるでしょう。逆に自分が良ければ他人に興味がないという人はプランナーは合っていません。

『 言葉使いや礼儀を意識している 』

十分に兼ね備えている

プランナーはさまざまな人と接する機会が多いです。特にお客様とプランを立てている時に、言葉遣いが汚く不快にさせてしまうと嫌がられてしまいます。日頃から丁寧な言葉を使うように意識していて、礼儀など勉強している人にはプランナーの仕事が向いています。ほかにも、立ち居振る舞いなど、お客様をはじめ関わる人が見ているので意識が必要です。自信がないという方は、事前にビジネスマナーを学んでおくと良いでしょう。

『 接客の経験がある 』

そこそこ兼ね備えている

学生時代でも何かしらの接客業をしてきて、お客様に関わってきた時間が多い方はプランナーの仕事に向いています。プランナーになってからも、さまざまなスタッフやお客様など多くの人と関わるため、接客業での経験を活かせます。中には人と話すのが楽しくて、バイトの中でも接客業が好きだったという方もいるのではないでしょうか。多少大変なことがあっても、好きな気持ちがあれば続きます。逆に接客業は苦手と感じて、バイトを見つける時に避けてきた方は向きません。

スポンサーリンク

『 行動力がある 』

兼ね備えていない

何かを計画した時にそのまま温めているだけでなく、実行して行動に移せる人はプランナーに向いています。理想を掲げてどんなイベントにしたいのか考えても、実行力がなければ意味がありません。立案を形として、実行する力が必要です。イメージを想像し、企画として立案し、形にしていく場面は働いてからも多くあります。考えるのは得意でも、実行力となれば自信がないと感じている人はあまりプランナーに向いていないかもしれません。

『 コミュニケーション能力が高い 』

十分に兼ね備えている

人と普通に話せるだけでなく、相手の気持ちを汲みながらコミュニケーションが図れる人はプランナーに向いています。コミュニケーション能力は、プランナーの仕事を始めてからもさまざまな人と関わる中で発揮しなければならないものです。イベント関係ではスタッフや出演者、ウェディング関係では新郎新婦をはじめその場を盛り上げるスタッフなどとも関わります。逆に相手の気持ちがわからない方はプランナーに向いていません。

『 リーダーシップがある 』

そこそこ兼ね備えている

プランナーになったら、自分が中心になって動かなければなりません。イベントやウェディングなどさまざまなプランナーがありますが、どれも本番では特に大勢の前で指示をして皆をまとめていかなければならないのです。この時、しっかりとした指示ができないと、周りも戸惑ってしまいます。普段からリーダーして活躍している人や学生時代に委員長などの経験がある人にはプランナーが向いています。逆にリーダーは負担が大きいと感じる方は向いていません。

『 明るくて前向き 』

十分に兼ね備えている

普段から笑顔を絶やさず明るく、何事にも全力投球で頑張り屋な人はプランナーに向いています。明るく雰囲気の良さがあれば、プランナーとしてお客様やスタッフなどと接した時に慕われやすくうまくいきます。特にお客様からすると暗くて怖い人より、明るくて素敵な人だったら安心するものです。時には思うようにいかないことがあっても頑張れる人もピッタリです。お客様に笑顔が向けられないタイプの人や努力できない人は向いていません。

『 資料作成が得意 』

十分に兼ね備えている

プランナーの仕事は、立案してクライアントやお客様と打ち合わせし、盛り上げていくイメージです。あまり事務作業のイメージもないのではないでしょうか。実は細かい書類作成など、事務作業もしなければならないのがプランナーです。ある程度パソコンを使えないといけないですし、書類作成も行います。事務作業が嫌だという気持ちがなければプランナーは向いています。逆に書類作成は苦痛だと感じる方は、プランナーに向いていません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのプランナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
プランナー適性診断を受ける(2分)

《 プランナー適性診断の質問一覧 》

  • Q1. イベント事が好きだ
  • Q2. 人とは違う発想ができる
  • Q3. 人を喜ばせることが好きだ
  • Q4. 言葉使いや礼儀を常日頃意識している
  • Q5. アルバイトや仕事で接客の経験がある
  • Q6. 深く考えるよりスピーディーに行動したい
  • Q7. 人と話すのが好きだ
  • Q8. 今まで何度かリーダーを務めてきた
  • Q9. ポジティブ思考だ
  • Q10. プレゼン資料を作るのが得意だ
  • Q11. 人と会うのはあまり好きではない
  • Q12. 問題の良い解決策を考えるのは得意ではない
  • Q13. 他人には興味がないほうだ
  • Q14. 上下関係に対する意識は強い方ではない
  • Q15. 人と話さなくて良い仕事のほうが向いている
  • Q16. 優柔不断でつい考えすぎてしまう
  • Q17. 口下手で人と話すのが苦手だ
  • Q18. リーダーよりサポート役の方が向いている
  • Q19. 打たれ弱く何かあるとすぐに落ち込んでしまう
  • Q20. 文章を書くの苦手だ

この適正診断テストでわかること

  • プランナーに向いているか向いていないか
  • プランナーの職業適性度
  • プランナーに必要な10の資質
  • 解説でプランナーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

プランナーとは?

プランナーはプランを出す人を意味します。

プランは企画のことであり、専門的な知識に基づいて企画立案を行うのがプランナーの仕事です。

単なる思い付きではなく、市場の動向や過去の売り上げ実績などマーケティングに基づいた、現実的な内容を企画する必要があります。

業種によって多少の違いはあるものの、専門性が高くなるほどプランナーの発言力は強くなると言えるでしょう。

プランナーが提示する企画によって会社の方向性が定まり、売り上げが左右する事実は否定できません。

高度な知識だけではなく、市場の動向の変化に対応できる柔軟な発想力も求められる仕事です。

プランナーになるには?

プランナーは特別な資格や免許を必要としない仕事です。

学歴も問いませんが、一方で高度な知識が求められるのも事実です。

特定の分野に関する専門性が高い知識や技能を持つ人がプランナーに適任と言えるでしょう。

そのため、営業や製品開発に携わった人がプランナーになるケースが主です。

新卒でもプランナーとして活躍することは可能ですが、専門学校を卒業するなど当初から高度な知識を有している人が優遇される傾向にあります。

また、異業種からプランナーとして転職するケースも少なくありませんが、これはプランナーが知識や経験を重視する仕事であることが理由です。

プランナーの給料・年収

プランナーは特定の役職ではなく、一般社員と同等の扱いになるのが普通です。

そのため、年収は会社によってはばらつきがあります。

平均的な年収は約300万円から350万円であり、基本的に勤続年数が長いほど金額も増えます。

同じプランナーでも勤続年数が1年程度なら300万円未満、30年以上になれば500万円以上になるなど開きがあるのも特徴です。

また、プランナーは営業など他の業務と兼任することも珍しくありません。

会社の規模を問わず、複数の業務を兼任するのが一般的であり、プランナーを専業とする働き方は稀と言えるでしょう。

外国ではフリーランスのプランナーが活躍していますが、日本では現実的ではありません。

プランナーの就職・転職先(求人)

企画や開発に携わるプランナーは様々な分野で活躍しています。

業種を問わず、多くの会社や団体でプランナーの肩書きが見受けられます。

製造や小売、サービスなどプランナーが活躍する場は多彩です。

会社組織においてプランナーは一般社員と同じ扱いであり、珍しい仕事ではないと言えるでしょう。

専門的な知識があり、的確な表現力を有していれば誰でもプランナーの役割を果たすことが可能です。

プランナーは会社内における営業職と見なすこともできるので、常に一定の需要がある仕事です。

ほとんどの仕事は人同士の繋がりが根底にあるので、営業スキルが重視されるプランナーはどの分野の業種でもなくならないと言えます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0