理想の就活/転職のための
自己分析サイト

管工事施工管理技士に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今管工事施工管理技士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい管工事施工管理技士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの管工事施工管理技士適性診断結果

あなたの適性度は71%で、管工事施工管理技士の仕事に向いているようです。管工事施工管理技士の仕事内容、年収、やりがいなどを調べて、あなたの希望に合うかどうかチェックしてみましょう。もし希望に沿うようであれば、具体的に動き出すことをオススメします。

管工事施工管理技士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.建築物の内部構造に興味がある
2.体力に自信がある
3.精神的にタフ
4.リーダーシップを取れる
5.コミュニケーション能力が高い
6.素早い判断ができる
7.高い説明能力を持っている
8.マルチタスクが得意
9.スケジュール調整能力が高い
10.トラブル事前回避のために考えられる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 建築物の内部構造に興味がある 』

十分に兼ね備えている

管工事施工管理技士は、建築業界の仕事の1つです。建物内部に張り巡らされている、配管類の施工管理を担います。管工事とひとまとめに分類するのは簡単ですが、実際には空調管・ガス・照明など、やるべき業務は多岐に分かれます。それらが張り巡らされている場所は、主に建物の内部であり、建築物の裏側ともいえる部分です。そのような普段見ない建物の内部構造に興味がある人は、管工事施工管理技士に向いています。配管がどのようなつながりを持って建物の中を巡っているのか、楽しみを覚えながら作業ができるでしょう。

『 体力に自信がある 』

十分に兼ね備えている

管工事施工管理技士は、建物内での仕事が多いとはいえあくまで現場仕事です。その作業の多くは、体力がある人にとって有利といえます。 配管の仕事は、作業途中で中断できない場合や、作業終了までのスケジュールが厳しく設定されているケースが珍しくありません。また、他の施工との兼ね合いから、決められた時間にしか作業ができないこともあります。そのため、どうしても勤務時間が伸びがちになります。そのような場合でも、体力があり、さらに健康管理ができる人は、管工事施工管理技士に向いているといえるでしょう。ただし、体力的に優れてさえいれば、特にスポーツが得意な必要はありません。

『 精神的にタフ 』

そこそこ兼ね備えている

現場仕事は予定通りに進まないことが日常的に起こります。資材が間に合わない、人手が足りない、指定書が間違っているなど、トラブルの種類はさまざまです。そんな場面にであっても、うろたえない強い心を持った人は、管工事施工管理技士の適性があります。

『 リーダーシップを取れる 』

そこそこ兼ね備えている

施工管理の仕事は、現場において技術者や作業員の指揮監督をし、工事全体を管理することにあります。管工事施工管理技士も同じく、管工事の指揮監督をしなければなりません。そのときに問われるのがリーダーシップの有無です。現場において的確な指示ができなければ、管工事はなかなか思うように進まないでしょう。業務全体を見通しながら、技術者や作業員のやる気を引き出す、そのようなリーダーシップが取れる人は管工事施工管理技士に向いています。

『 コミュニケーション能力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

管工事施工管理技士の仕事には、会社の内外を問わず、数多くの人たちが関わってきます。工事を円滑にすすめるためには、作業に関わる人たちと意思疎通をはかり、信頼関係を築き上げることが大切です。そのため、高いコミュニケーション能力は、管工事施工管理技士に必須の能力といえます。

スポンサーリンク

『 素早い判断ができる 』

十分に兼ね備えている

現場仕事はその日の状態によって大きくスケジュールが変わることがあります。例えば、雨や風が強く資材搬入が遅れている場合、どこから作業を開始するべきか、あるいはその日の作業を取りやめにするべきか、素早く判断しなければなりません。判断が後れると工期に影響を与える場合があるからです。このような場合に求められるのは、素早い判断力です。この力を持った人は、優れた管工事施工管理技士になる可能性を秘めています。

『 高い説明能力を持っている 』

十分に兼ね備えている

管工事施工管理技士の仕事は、建物の裏側ともいえる建物内部で作業する場合が多いので、同じ現場仕事をしている人でも、作業内容がわかりにくいものです。ましてや、建物利用者や周辺住民は施工のプロではありません。そのため管工事施工管理技士の仕事に不安を覚えてしまう可能性があります。トラブルを未然に防ぐためにも、作業内容を適切に説明する能力が、管工事施工管理技士には欠かせません。もし、高い説明能力を持っているなら、それはこの仕事への適性があると考えて間違いないでしょう。

『 マルチタスクが得意 』

そこそこ兼ね備えている

管工事の仕事はいくつもの作業が同時進行で行われることが少なくありません。これは、工期期間中に作業を終わらせ、作業コストを下げるためです。そのため、複数の仕事の進捗を管理できる、マルチタスク能力を持った人材は、管工事施工管理技士として常に求められています。

『 スケジュール調整能力が高い 』

そこそこ兼ね備えている

業務のスケジュール管理である工程管理は、現場仕事において最も重要な業務の1つです。適切な工程管理ができなければ、期間内に仕事を安全に終わらせることは難しくなるでしょう。しかし、現場には予想外のトラブルは必須です。天候不良や現場のトラブルで工事が進められないことは珍しくありません。ときには予定していた人材を確保できないこともあるでしょう。そんなときに、柔軟にスケジュールを変更できなければ、納期が遅れるかもしれません。トラブルがあったとしても、スケジュールを調整して適切な工程に習性できる能力に長けた人は、大変この仕事に向いています。

『 トラブル事前回避のために考えられる 』

だいぶ兼ね備えている

管工事の現場において最も避けなければならないことが事故です。作業員の安全を守り、建築物を損壊させないためにも、リスク管理能力は管工事施工管理技士に欠かせません。一度事故が起きると、スケジュールの大幅な変更は避けられません。後の作業にも影響がでるでしょう。「これくらいなら大丈夫」といった甘い見立てで仕事をしないことは、管工事施工管理技士において大切なことです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの管工事施工管理技士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る