理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

画商に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今画商の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい画商に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

画商に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの画商適性診断結果

あなたの適性度は44%で、画商の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。画商を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

画商に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.美術品を見る目がある
2.コミュニケーション能力がある
3.プレゼンテーション能力が高い
4.情報収集能力がある
5.語学力がある
6.経営に関する知識がある
7.行動力がある
8.プロジェクトを仕切るのが得意
9.企画力がある
10.人材育成能力がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
画商適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 美術品を見る目がある 』

十分に兼ね備えている

画商は画廊やギャラリーで美術品を販売する仕事であるため、価値のある美術品を見抜く鑑識眼が求められます。価値の高い美術品が本物であるか見抜く力はもちろん、まだ日の目を見ていない美術品に価値を見出し、素晴らしい作品であることを世間に知らせる役割も担っています。美術系の大学や専門学校で学ぶのはもちろん、美術館巡りをしたり、画廊で経験を積んだりして国内外の美術品に多く触れることで、鑑識眼を高めていくことができるでしょう。

『 コミュニケーション能力がある 』

あまり兼ね備えていない

画商は人と関わることが多い仕事であるため、コミュニケーション能力も大切なスキルとなります。話しにくい画商がいる画廊には、お客さんは気軽に美術品を買いに来ることはできません。また、芸術家の作品を画廊に置くためには、芸術家とコミュニケーションをしっかり取り信頼関係を高めていくことが重要なポイントになります。そのため、画商にはコミュニケーション能力とともに人間力も求められるでしょう。

『 プレゼンテーション能力が高い 』

兼ね備えていない

画商は、芸術家の作品を顧客に売ることで利益を出すことができます。購入してもらうためには、美術品の魅力を伝えなければなりません。そのため、画商はプレゼンテーション能力が必要になります。この作品のどの部分が素晴らしいのか、この作品が出来上がるまでにどのような背景があったのかを興味深く伝えることができれば、購入してもらえる可能性は高くなります。

『 情報収集能力がある 』

あまり兼ね備えていない

画商が商売を成り立たせるためには、価値のある美術品を画廊に置くことが最優先事項です。そのため、常に美術品の情報を収集して、魅力的な作品を画廊に集めなければなりません。売れる作品であることが前提となるため、市場ではどのような作品が求められているのか、何がトレンドであるのか、情報をアップデートすることも求められます。好奇心が旺盛で、情報収集能力に長けている人に向いている仕事です。

『 語学力がある 』

そこそこ兼ね備えている

画廊が扱うのは、国内の作品だけではありません。海外の有名な芸術家の作品を購入するために、現地へ赴くこともあります。そのため、一流の画商を目指すのであれば、ある程度の語学力は必要になります。自力で交渉できるだけの語学力があるのがベストですが、どうしても購入したいという熱意を伝えられる程度の語学力は持ち合わせている方が良いでしょう。英語以外の語学が必要になることもあるため、フランス語やスペイン語など、複数の言語が話せるのが理想です。

スポンサーリンク

『 経営に関する知識がある 』

だいぶ兼ね備えている

画商は道楽ではなく、仕事として美術品を販売しています。そのため、ビジネスを継続させるための経営能力も必要です。どのような経営をすれば顧客を増やすことができるのか、どのようなイベントをすれば集客数が増やせるかなど、戦略的に考えなければなりません。良い作品さえ展示しておけば売れるというわけではないため、マーケティングなども積極的に行いビジネスとして成り立たせる能力が求められます。

『 行動力がある 』

そこそこ兼ね備えている

画商は、素晴らしい作品があると聞いたらすぐに現地に飛んで交渉する行動力も必要です。後回しにしていると、他の画商に取られてしまうこともあるからです。コレクターは世界各地に点在しているため、わざわざ現地に飛ぶのは躊躇われることもあります。また、現地に行ったからといって、必ずしも交渉が成立するとは限りません。しかし、行動を起こさなければ始まらないこともあるため、決断力・行動力に優れた人が画商として活躍することができます。

『 プロジェクトを仕切るのが得意 』

あまり兼ね備えていない

画商のビジネスを成り立たせるためには、人々の美術への関心を高めることが必須です。時には、芸術運動を組織しなければならないこともあります。そのため、芸術家を束ねて芸術運動を取り仕切ったりするマネージメント能力も必要になります。マネージメント能力が高いと、芸術家とメディアの窓口になるなどで人脈を構築し、ビジネスに繋げることもできます。

『 企画力がある 』

そこそこ兼ね備えている

画商は作品を売るために、イベントやパーティーを主催することもあります。そのため、企画力が優れている人は画商として成功する確率が高まります。作品の魅力が伝えられるイベント・パーティーであるとともに、集客力も高くなければいけません。自ら色々なイベントに参加して、アイデアやヒントを得る必要もあるでしょう。

『 人材育成能力がある 』

だいぶ兼ね備えている

画商は、芸術家を育てることも仕事の一環となります。そのため、人材育成能力がある人も画商に向いていると言えるでしょう。作品が世間に認められるように作品作りのアドバイスをしたり、プロモーションを行ったりなど、一流芸術家へと育てることができる能力がある人は、画商として大成するでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの画商適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
画商適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 画商に向いているか向いていないか
  • 画商の職業適性度
  • 画商に必要な10の資質
  • 解説で画商に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

画商とは?

画商というのは、絵画を専門とするバイヤーです。

作品を仕入れて販売するのが仕事です。

作品の仕入れ方は様々です。

画家本人から直接仕入れる場合もありますし、コレクターから買い付けする可能性もあります。

また、目当ての作品がオークションに出品された時には落札するのも画商の役割です。

扱う作品は、著名な作家の場合もありますが無名の新人の場合もあります。

作品をチェックし、将来性がある若手画家の作品を売り出す人もいます。

また、ギャラリーを訪れた人に対して作品の良さやテーマについて詳細に説明したり、展覧会を開く事も画商の務めです。

画商になるには?

画商になるためには、学歴も資格も必要ありません。

ですが、芸術や美術についての知識や造詣が深くなければ仕事はできません。

画商として活躍するためには、実務経験が必要です。

ギャラリーや画廊、美術館に勤務し画商としてのノウハウを学ぶ事が大切です。

役立つ資格に、美術検定があります。

取得する事で、美術に関する知識や教養がある事が証明できます。

美術検定は、毎年11月頃に行われます。

受験資格はありませんが、1級を受けるには2級に合格する必要があります。

また、海外の作家や顧客と話す機会も多いため、英語に関する資格を持っておいても損はないでしょう。

画商の給料・年収

画商の平均年収は、約200〜480万円ほどです。

画商の収入は、新人の画商の場合、絵の売上の半分が収入になります。

しかし、報酬の割合は決まっているわけではありません。

事前に報酬を打ち合わせる必要があります。

また、絵が売れない事も想定されるため収入にならない事も。

画廊やギャラリーに勤務し、経験を積んだ場合には顧客が増える可能性もありますが、顧客が増えれば、それだけ収入が増える可能性が高まります。

20代なら月収約18万円。

30代だと約23万、40代は約30万円程度です。

個人で画廊を経営した場合には、平均年収を上回る事もあり得ます。

画商の就職・転職先(求人)

画商の就職先は、絵画を扱う店です。

既存の画廊やアートギャラリー、更には美術商や古美術店などです。

また、自分で画廊を経営するという方法もあります。

自宅を画廊に改造する方法もありますし、貸しギャラリーを経営する事もできます。

画商のなかには、店舗を持っていない人もいます。

この場合、百貨店やアートイベントなどに参加したり、場所を借りて期間限定の展覧会を開きます。

また、実店舗を持たないでオンラインで絵を売る事も可能です。

家にいながら、絵を紹介する事ができて販売も可能です。

画商として働くには、様々な方法があるのです。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0