理想の就活/転職のための
自己分析サイト

絵本作家に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今絵本作家の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい絵本作家に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの絵本作家適性診断結果

あなたの適性度は50%で、絵本作家の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。絵本作家を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

絵本作家に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.好奇心旺盛で色々な事に興味がある
2.絵本作家になりたい気持ちが強い
3.子供心を忘れていない
4.絵を描くことが好き
5.色彩感覚に優れている
6.人に伝わる言葉を選ぶのが上手い
7.長期間の仕事もコツコツ続けられる
8.目立たない作業でも楽しめる
9.交渉力がある
10.仕事や生活を上手くコントロールできる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 好奇心旺盛で色々な事に興味がある 』

兼ね備えていない

絵本作家になるうえで重要なことは、いろいろなことに興味をもって向き合うことができるかどうかです。絵本の題材となることは、特別なこともありますが、日常のちょっとしたことや小さなことの場合もあります。何気ないところにも目を向けて、そこから話を広げていくことがあるので、多くのことに興味を持ち、そこから調査や想像を深められる人が絵本作家に向いているでしょう。

『 絵本作家になりたい気持ちが強い 』

そこそこ兼ね備えている

絵本作家になりたいと思っても、すぐに仕事に結びつくことは稀です。絵やお話を作っても、出版されるまで行く人はわずかでしょう。生活を支えられるだけの収入につながるには、かなりの時間と努力を要することもあります。その間も、ほかの仕事などをしながら絵本の創作をあきらめずに続けられるかが、最終的に絵本作家になれるかどうかを左右します。生活を支える仕事に忙しくなると絵本作りをあきらめがちになるので、そこを乗り切れる気持ちの強さを持てるかどうかがポイントです。

『 子供心を忘れていない 』

だいぶ兼ね備えている

絵本のユーザーは子供が多いです。子供がどのようなものに興味を持つのか、どういったものを好むのかを把握して、それに合わせた作品を作っていくことが求められます。大人の理解力と関心事に慣れきってしまうと、子供のニーズをつかめなくなってしまうので、見てもらえる絵本を作ることは難しくなるのです。大人として生きていく中でも、子供の時の気持ちを忘れずに、不思議なこと、楽しいことなどを見つけていけるようにしましょう。

『 絵を描くことが好き 』

十分に兼ね備えている

絵本は絵が中心となります。そのため、絵を描くことが好きで、伝わる絵を描くことができる人が向いています。お話だけを作る場合もありますが、その場合でもどのような絵を入れるのか、下書きのようなものは自分で描くことが多いでしょう。そのため、どのような形でも絵を描くことが好きであることは必要です。好きなら楽しみながら上達していける可能性もあるでしょう。

『 色彩感覚に優れている 』

あまり兼ね備えていない

絵本はパッと目を引くような絵がポイントとなりますが、その中でも大きな役割を果たすのが色使いです。どのような色を使うか、また色の組み合わせをどうするかによって印象は大きく変わってくることになります。色についての感覚が鋭い方は、上手に訴えかけたり雰囲気を伝える色使いができたりすることが多いものです。感覚が優れていることはもちろんですが、色についての知識も入れておけると役立つでしょう。

スポンサーリンク

『 人に伝わる言葉を選ぶのが上手い 』

あまり兼ね備えていない

子供向けの絵本などでは、使える言葉や言い回しが限られることになります。小さな子供でも理解できるように平易な言葉を使いながら、必要な内容を伝えていくことは意外と難しいものです。絵の力を借りることはもちろんですが、わかりやすく印象的な文を紡いでいけるかどうかは重要なので、そういった点で工夫をしていくことが苦にならない方、言葉への意識が高い方が向いています。

『 長期間の仕事もコツコツ続けられる 』

そこそこ兼ね備えている

絵本を作るときに、始まってから終わるまでにかなりの時間がかかることがあります。テーマを決めて下調べなどを行い、それから企画を出版社などに持ち込んで制作する、となると、数年単位で時間がかかることも珍しくありません。途中であきらめてしまったり、別のことに意識が向いてしまったりすると、本来できるはずだった絵本もできなくなったり、思うような作品にならなかったりするものです。長期間にわたるものでも、自分で自分を律しながらきちんと続けていける精神力が必要になります。

『 目立たない作業でも楽しめる 』

そこそこ兼ね備えている

絵本作家の作業自体は人前で目立ったり、称賛されたりするものではありません。もし評価されるとしても、それは仕事を終えた後のことで、仕事をしている最中は注目されることもなく、手ごたえも感じにくいです。それでも自分の好きな仕事として続けていけるか、それが絵本作家として成功するには必要な資質です。

『 交渉力がある 』

そこそこ兼ね備えている

絵本作家の仕事が向こうから舞い込むことは稀です。自分で売り込んでいくことが多くなるでしょう。その絵本を作ることでどのような良さがあるかきちんと人に伝えられなければ絵本を作るスタートラインにも立てません。いろいろな人と関わって制作していくなら、自分の考えや思いをしっかり伝えていかないとよいものはできないのです。だからこそ、いろいろな人と交渉していく力が求められます。

『 仕事や生活を上手くコントロールできる 』

十分に兼ね備えている

絵本作家として活躍している場合には、自分で自分の仕事の仕方を決めることがほとんどでしょう。会社のように仕事を与えられるものではないので、自由がある半面きちんと自分で管理しなければなりません。仕事がうまく進むように、生活が乱れないように、自己管理をきちんとすることが必要です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの絵本作家適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る