理想の就活/転職のための
自己分析サイト

物理学者に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今物理学者の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい物理学者に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの物理学者適性診断結果

あなたの適性度は67%で、物理学者の仕事に向いているようです。物理学者の仕事内容、年収、やりがいなどを調べて、あなたの希望に合うかどうかチェックしてみましょう。もし希望に沿うようであれば、具体的に動き出すことをオススメします。

物理学者に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.多様な解釈や意見を持てる
2.独自の方法で問題を解ける
3.数学が得意
4.想像力が豊か
5.自発的に行動できる
6.失敗を恐れない
7.立ち直りが早い
8.すぐ結果が出なくても耐えられる
9.好奇心が旺盛
10.固定観念に縛られない
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 多様な解釈や意見を持てる 』

十分に兼ね備えている

物理学者が研究するものには、複数の解釈が存在するものもあります。解釈だけでなく複数の意見が出てきてしまう事象もあるでしょう。1つの物事に対して1つの解釈しか持っていない人もいますが、物理学者はあらゆる可能性を考慮する必要があるので複数の解釈や意見を持つケースも出てきます。複数の解釈や意見を認められる人や自ら複数の解釈や意見を導き出せる人は、物理学者への適性が高いです。

『 独自の方法で問題を解ける 』

十分に兼ね備えている

学校での授業では教科書に沿って問題を解いていきます。そのため教科書通りの問題の解き方しか知らない人も多いかもしれません。しかし、物理学者の仕事では、まだ実証されていない事柄に対する計算が必要になります。そのような場合には教科書は存在しないので、教科書通りの問題の解き方はありません。物理学者には独自の方法で問題を解く能力が求められます。学生の頃から独自の方法で問題を解いてみるのが好きだったという人は物理学者に向いています。

『 数学が得意 』

そこそこ兼ね備えている

物理学者の仕事では数学が必須になってきます。様々な事象に対する証明を行う場合には数学を使った計算は避けられません。複雑な数式を解いていくことが求められるケースもあるので、基本的には数学が得意である人が物理学者に向いていると言えます。数学が得意であれば、物理学に関する事柄を数学的な視点から分析することも可能でしょう。

『 想像力が豊か 』

だいぶ兼ね備えている

物理学者は、出来事がどのような経緯で成り立っているか仮説を立てて研究を進めるケースが多いです。中には目に見えないものを証明するための研究をすることもあります。全ては「こうかもしれない」といった想像や妄想から始まるものであるため、物理学者は想像力が豊かな人が向いている職業だと考えられます。想像していたものに対する結果が判明したときに物理学者は喜びを感じられるでしょう。

『 自発的に行動できる 』

そこそこ兼ね備えている

物理学者は誰かに命令されて研究を進めていくわけではありません。自分が気になったものを研究していくことになるため、自発的に行動できる人が物理学者に向いていると考えられます。それも消極的な姿勢ではなく積極的な姿勢での行動が求められます。研究に対する意見も誰かの受け売りではなく、自分で考えて発言したものが好まれるでしょう。

スポンサーリンク

『 失敗を恐れない 』

十分に兼ね備えている

物理学者の研究は必ずしも成功するとは限りません。失敗してしまう日の方が多いと考えておいた方が良いかもしれません。それでも失敗を恐れずに何度も挑戦し続けることが物理学者には必要な要素だと考えられます。失敗したことを無視するのではなく、失敗した経験から何か得られないかといった考え方を持っている人は物理学者に対する適性が高いです。トライ&エラーを繰り返していった先で得られる成功が物理学者にとっての幸福だと言えます。

『 立ち直りが早い 』

十分に兼ね備えている

物理学者はあらゆる研究で失敗を続けてしまうこともあります。失敗が続いてしまうと酷く落ち込んでしまう人も珍しくありません。落ち込んでしまうのは悪いことではありませんが、そこからの対応が重要になります。すぐに立ち直れるような人ほど、物理学者に向いています。限られた時間の中で何度も挑戦し続けたいのであれば、落ち込んでいる時間が無駄だと考えておくのが良いかもしれません。

『 すぐ結果が出なくても耐えられる 』

あまり兼ね備えていない

明確な成果が出てきにくいのも物理学者の仕事の特徴です。今日取り組んだことが明日すぐに結果として出てくるというわけではないと言えます。耐え忍ぶ期間も長くなりやすいのが物理学者の仕事でしょう。そのような状況でも焦って結果を求めるのではなく、じっくりと研究を続けていける人が物理学者に向いていると考えられます。焦らずに1つずつ問題を解決していくことで、物理学者としての成功に近づいていきます。

『 好奇心が旺盛 』

あまり兼ね備えていない

物理学者は自分が興味を持てるものに対して研究を進めていきます。興味のないものでは研究が滞ったときに挫折して諦めてしまうこともあるので、興味のあるものを見つけるところから始めるのが物理学者の仕事と言えるでしょう。そもそも好奇心が強くなければ興味のあるものを見つけられない可能性も高いので、好奇心が旺盛な人ほど物理学者に向いていると考えられます。

『 固定観念に縛られない 』

十分に兼ね備えている

物理学者はあらゆる方向から物事を疑っていく姿勢も必要になります。固定観念に縛られない人ほど、物理学者には向いています。常識では考えられないような方法で研究を進めてみたら、自分でも驚くような結果にたどり着いたといったケースもあります。そのような大発見を目指しているのであれば、固定観念は捨てるくらいの方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの物理学者適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る