理想の就活/転職のための
自己分析サイト

理学療法士適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今理学療法士の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい理学療法士に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたの理学療法士適性診断結果

あなたの適性度は56%で、理学療法士の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。理学療法士を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

理学療法士に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.コミュニケーション能力が高い
2.思いやりがある
3.観察力がある
4.学ぶ気持ちを持ち続ける
5.明るく前向きな性格
6.体を動かすことが好き
7.忍耐力がある
8.明るく健康的
9.笑顔で人と接せられる
10.柔軟に対応できる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 コミュニケーション能力が高い 』

あまり兼ね備えていない

理学療法士は、身体機能が十分でない人を支える仕事なので、対象者と直に接することとなります。そのため、コミュニケーション能力はとても重要な要素です。普段から周りの人と上手く関わりを持てる人は、向いています。また、対象者だけではなく、医療関係者や対象者の家族など、良好な関係を築かないといけない人は多いです。みんなと話してうまくバランスをとれる人も、理学療法士の適性があります。

『 思いやりがある 』

あまり兼ね備えていない

理学療法士には、思いやりの心が求められます。怪我や病気など、様々な形で障がいを抱えている対象者は多いです。リハビリに対して前向きな気持ちになれなかったり、体が動かずにイライラすることだってあります。そんなときには、対象者の心情を理解して寄り添う気持ちが大切です。心に寄り添って共感してあげることで、見違えるほど元気になることもしばしばです。思いやりの気持ちを持って、モチベーションを上げてあげられる心の持ち主が、理学療法士には向いています。

『 観察力がある 』

そこそこ兼ね備えている

どんなに深遠な知識を持っていても、対象者をきちんと見る能力がなければ、宝の持ち腐れです。観察力は、理学療法士にとってとても重要な能力です。例えば対象者の趣味を理解していれば、リハビリの目標に取り入れることもできます。広い視野を持って、あらゆることを観察することで、会話をスムーズに展開したり、モチベーションを上げることも可能です。

『 学ぶ気持ちを持ち続ける 』

だいぶ兼ね備えている

理学療法士は、資格を取得したらそれで終了というわけではありません。資格の取得後も勉強をしていく必要がありますし、日々の仕事の中でも学びがたくさんあります。リハビリや医学の治療技術は、日進月歩です。新しい手法がどんどん開発されますし、その中には対象者により見合ったものもあるかもしれません。選択肢を増やすためにも、学び続ける姿勢が大事です。現状に満足をすることなく、対象者をもっと笑顔にしたいと勉強を続けられる人は、理学療法士に向いています。

『 明るく前向きな性格 』

十分に兼ね備えている

いつも明るく元気のある人は、理学療法士に向いています。ポジティブな言葉で対象者を励ましたり、共に頑張っていきましょうと前を向く人は、人気の理学療法士になれるケースが多いです。真面目に、明るく前を向くパワーは、対象者にも真っ直ぐ伝わります。

スポンサーリンク

『 体を動かすことが好き 』

そこそこ兼ね備えている

体を動かすことが好きな人、また運動をしないと落ち着かないという人は、理学療法士に向いています。対象者にただ指導をするだけではなく、一緒に体を動かすことで伝わることも多いです。実際に自分がお手本を見せてあげたり、隣で一緒に体を動かすことで、頑張る気持ちを対象者に強く持ってもらうことができます。

『 忍耐力がある 』

そこそこ兼ね備えている

忍耐力がある人は、理学療法士に向いています。対象者とのリハビリは1回で終わりではありません。ある程度の時間をかけて、一緒にできることを増やしていく作業です。計画通りにいかないことだってありますし、しばらく変化がないこともしばしばです。そんなときには、根気強く対象者と向き合う忍耐力が求められます。辛抱強く励ましたり、待ってあげたりすることも重要です。

『 明るく健康的 』

だいぶ兼ね備えている

健康的に見える人も、理学療法士の素質があります。元気で健康的な人は、見ているだけでも周りを明るくします。対象者は前向きにリハビリなどに取り組む必要があるので、見ているだけで元気をくれる理学療法士が好まれます。自らが健康に気をつけていなかったり、不摂生をしているような理学療法士では説得力がありません。まずは理学療法士である自分が健康でいることが、大切です。

『 笑顔で人と接せられる 』

そこそこ兼ね備えている

理学療法士は、常に仏頂面では務まりません。笑顔で対象者を励ますような、心の余裕が必要です。笑顔が素敵な理学療法士は、老若男女を問わず人気が高いです。話している時、共にリハビリに励む時、黙ってそばにいる時にも笑顔は武器になります。対象者が見ていて安心するような笑顔を、心がけると良いです。

『 柔軟に対応できる 』

あまり兼ね備えていない

対象者の体の調子は、常に一定ではありません。昨日と今日でも大きく違うことがありますし、1日の中でも調子が良い・悪いといった時間が出てきます。その時々に応じた、臨機応変な対応が求められます。どんな状況にも素早く対応できる柔軟さが大切です。例えば対象者の調子によっては、予定をしていたメニューができないことだってあります。このくらいならできるだろうと計画を見直したり、対象者の気持ちを汲み取りながら変更する対応力があれば、対象者も安心です。仕事を進めながら身に付けていく能力とも言えますが、最初から備わっているに越したことはありません。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの理学療法士適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る