理想の就活/転職のための
自己分析サイト

カメラマン適性診断|あなたは向いている人?向いてない人?

あなたは今カメラマンの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいカメラマンに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのカメラマン適性診断結果

あなたの適性度は56%で、カメラマンの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。カメラマンを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

カメラマンに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.とにかくカメラが好き
2.明るくコミュニケーションが取れる
3.体力がある
4.約束や時間を守ることができる
5.リーダーシップが取れる
6.集中力がある
7.忍耐力や根気強さがある
8.細かい作業が苦にならない
9.撮影に対して研究熱心
10.オリジナリティを追求したい
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 とにかくカメラが好き 』

あまり兼ね備えていない

当たり前ですが、カメラマンにはカメラが必要です。そのカメラを使って写真を撮るという行為自体が好きでなければ、カメラマンの仕事を続けていくことは難しくなります。下積み時代では自分の撮りたい写真の仕事に出会うことも少なく、先輩にも叱られることが多いかもしれませんが、それでもなおカメラに携わることが好きな人はカメラマンに向いています。また、様々な種類のカメラのそれぞれの特徴などを理解し、使いこなせるようになったりカメラに対する好奇心を抱いたりすることも大切です。

『 明るくコミュニケーションが取れる 』

あまり兼ね備えていない

カメラマンは一人で仕事をすることもありますが、スタジオ撮影や人物を撮影する時などは周りのスタッフとの連携や、その場の雰囲気を大事にする姿勢が求められます。チームワークやコミュニケーションを取り、被写体が緊張しないように配慮をするなど、場合によってはカメラマンには被写体を笑わせるという作業が必要になることもあります。例えば相手が子供で、言うことをまったく聞いてくれないからといってカメラマンのテンションが下がれば、周りの空気もどんよりとしてしまいます。どんな時も明るく笑顔で接することができる忍耐力や、自然な笑顔や表情を引き出せる力がカメラマンには必要です。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

カメラマンの仕事は立ち仕事となり、機材も重いため撮影現場での作業や運搬が苦にならない体力が必要となります。撮影現場もスタジオだけではなく、外で行われることも多いので夏の暑さや冬の寒さ、雨や雪など厳しい自然環境の下で撮影をしなければならないケースもあります。そんな時にばてることなく、しっかりと仕事をこなす体や体力はカメラマンにとっては大切です。また、日々の健康管理や体力維持も大切ですので、自己管理も重要となります。

『 約束や時間を守ることができる 』

だいぶ兼ね備えている

撮影スケジュールや締め切りなど、カメラマンはクライアントとの約束をすることが多いです。契約という社会人にとって守らなければならない時間や納期などに送れると、それはそのままカメラマンへの信用の失墜となり、次の仕事に繋げることも難しくなってしまいます。撮影現場にカメラマンが遅刻をすることも厳禁ですので、時間やスケジュールの管理ができる能力は人として重要なことですが、カメラマンにとっても大切なことです。

『 リーダーシップが取れる 』

十分に兼ね備えている

ある程度カメラマンとしての技術が身に付くと、自分が周りのスタッフに指示を出すこともあります。天気が突然急変する、機材の調子が悪いなど様々なトラブルに対して冷静な判断を下し、適切な指示を出せるリーダーシップが取れる人はカメラマンに向いています。また、被写体を含め大勢のスタッフをまとめることができる力も必要となります。

スポンサーリンク

『 集中力がある 』

そこそこ兼ね備えている

人や自然は、撮影の流れの中でこれぞ、という一瞬を醸し出すことがあります。その一瞬を見逃すことなく、シャッターを切ることができる集中力はカメラマンにとって大切な力です。ぼんやりとしていては、せっかくのシャッターチャンスを逃してしまいますが、集中力があれば自分が撮りたい一瞬を見極めて撮影をすることもできます。

『 忍耐力や根気強さがある 』

そこそこ兼ね備えている

写真撮影は時には待つという忍耐が求められます。泣いていた子供がやっと笑った時や、望んでいた自然現象が現れた瞬間など、撮りたくても簡単には撮れないシーンが撮影現場にはたくさんあります。そんな時にじっと待つ忍耐力と根気強さは、カメラマンにとっては大切な要素です。

『 細かい作業が苦にならない 』

だいぶ兼ね備えている

カメラマンの仕事は写真を撮るだけではなく、現像をしたり調整をしたりと他の作業も業務の一つとなっていますが、パソコンで行うレタッチ作業は微細な修正などをするため、細かい作業ができる人はカメラマンに向いています。また、カメラなどの機材のメンテナンスや撮影した写真の管理や整理など、日常的に行う細かな作業も必要です。

『 撮影に対して研究熱心 』

そこそこ兼ね備えている

スマホが普及してからは誰もが簡単に写真撮影ができるようになりましたが、同じスマホでもカメラマンが撮影するとクオリティーの高い写真を撮ることができます。それは、被写体の一番美しい姿勢や自然が織りなす絶妙な光や色、それらをどのように撮影をすれば良いかを日々研究し、経験を積み重ねて得られた技術を駆使しているからです。そのように、現状に甘んじることなく、日々進化していくカメラの性能を学んだり自身の技術を磨いたりと、カメラマンとして成長することを怠らず、クオリティーの高い作品を目指しているかという、カメラマンとしての姿勢も重要です。

『 オリジナリティを追求したい 』

あまり兼ね備えていない

カメラは撮り方のコツや技術などを習得すれば、プロではなくても上手く写真を撮ることはできます。ですが、カメラマンとしてはやはり、そこにオリジナリティーが欲しいところです。誰にでも撮れる写真ではなく、あなたにしか撮れない写真、そんな風にクライアントに言ってもらえる、自分らしい写真を撮ることができる人、そんな人はカメラマンに向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのカメラマン適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0

おすすめコンテンツ

おすすめコンテンツ

  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る