理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

哲学者に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今哲学者の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい哲学者に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

哲学者に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの哲学者適性診断結果

あなたの適性度は45%で、哲学者の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。哲学者を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

哲学者に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.常に「なぜ?」という疑問を持てる
2.孤独を恐れない
3.冷静に相手と議論ができる
4.妥協しない性格
5.多角的に物事を見られる
6.読書が好き
7.思索が得意
8.文章を書くことが好き
9.理想を追求し続けられる
10.謙虚な性格
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
哲学者適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 常に「なぜ?」という疑問を持てる 』

そこそこ兼ね備えている

ある疑問に対して、普通では「それが当たり前だ」と言われているような答えで満足します。しかし、そこで終わりにせずに、その答えについてさらに深く掘り下げて考えようとする人は、哲学者に必要な資質が備わっているといえます。世間一般の意見や答えにそのまま流されることなく、常に「なぜなんだろう?」という疑問を持ち、本質について掘り下げて考えることが好きな方は、哲学者に向いているでしょう。

『 孤独を恐れない 』

兼ね備えていない

哲学者は熟慮するあまり、人が思いもつかないような発想や、他人と違う意見を持つことがあります。周囲と足並みを揃えなければ批判を受けたり、理解をしてもらえずに孤立することも当然あるでしょう。そんなときでも自身の考えを曲げず、多数派になびかない精神的な強さがあるならば、哲学者に向いているといえます。

『 冷静に相手と議論ができる 』

そこそこ兼ね備えている

哲学とは壮大なテーマです。新しい世界への扉を開くためには、多くの人たちと議論を重ねて、共に答えを追求していくという姿勢も必要になります。そこで大切なことは、他人の意見を否定しないということです。自分の意見と他人の意見を重ねながら、新しい答えをつくり出していくことが欠かせません。それができる人なら哲学者になれるでしょう。反対に「自分だけが正しい」と思い、相手を論破したいだけの人は、新たな可能性をつぶしてしまうため、哲学者としては通用しないかもしれません。

『 妥協しない性格 』

だいぶ兼ね備えている

哲学者になるには、相手の意見に耳を傾けることもとても大切ですが、それは自分の考えを曲げるということではありません。「~とは何か?」ということに対しての答えを模索するにあたり、自身の強い思いを持つことは必要です。悩みながらも考えることを決して辞めない強さが必要になります。

『 多角的に物事を見られる 』

兼ね備えていない

一つの疑問について、あらゆる角度から物事を考え、複数の答えを出すことができる人は哲学者の素質があります。答えが煮詰まったり行き詰ったりしても、多角的な視点を持つことができれば、その状態から抜け出すことができます。あるいは、そのような視点を養うことができれば、行き詰まった状態から視点を変えることが可能になり、洞察を重ねながら、新たな打開策が開けるでしょう。

スポンサーリンク

『 読書が好き 』

だいぶ兼ね備えている

哲学を研究するには、膨大な量の書物を読むことが必要です。歴史的に有名な哲学者も、とても多くの本を読んでいるといわれています。たくさんの本を読み、本からの知識を得ることの重要性は、大昔からずっと語り継がれているようです。本から頭に入ってきた知識は、あるとき、何かの判断材料の一つになります。ただし、読んだ本の量よりも「どんな内容の本を読むか」ということの方が大切です。また、ただ読むだけでなく、内容について自分で考えることも必要になります。 また、哲学に関する本を読むには、語学力があると便利です。さまざまな言語で書かれている書物も多いため、英語の他にも、フランス語・ドイツ語などの知識があれば、読書の幅も広がるでしょう。

『 思索が得意 』

だいぶ兼ね備えている

哲学者になるには、やはり徹底的に物事について思索する姿勢が必要です。途中で簡単に諦めてしまうようでは哲学はできません。論理的に筋道を立て、深く考えを巡らせていくことは、哲学者には欠かせないことです。「どのように考えるか」が重要です。

『 文章を書くことが好き 』

兼ね備えていない

ある哲学者は、「読書は充実した人間を作り、会話は気がきく人間を、書くことは正確な人間をつくる」」と述べています。それほど「書く」という作業は大事です。書くことによって自分の思いを再確認することができ、再確認したことを、また書いていくという作業を繰り返すことによって、自分の奥深くにある本当の想いなども見えてくるといいます。書くことは、自分の考えを確認していくためには欠かせないものだといえます。

『 理想を追求し続けられる 』

十分に兼ね備えている

哲学者が理想とする新しいものの考え方や発見は、これからの人生を生きていく上で、とても大切な道標となるようなものです。新しい発見を生み出すためには常に理想を持ち続け、好奇心を失わないことも大切です。理想と現実のギャップに悩みながらも、思考を止めない強さを持ち合わせていれば、哲学者への道を歩んで行けるでしょう。

『 謙虚な性格 』

兼ね備えていない

哲学者になるには、謙虚な姿勢も大事です。自分よりも博識な人から、常に学ぼうとする姿勢が重要になります。自己主張が強かったり、自己中心的な価値観で議論に挑むと、エゴ同士のぶつかり合いに発展し、建設的な結論には至らないことでしょう。周囲の協力を得て、新たな答えを模索するためには、謙虚な姿勢でいることが大切です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの哲学者適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
哲学者適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 哲学者に向いているか向いていないか
  • 哲学者の職業適性度
  • 哲学者に必要な10の資質
  • 解説で哲学者に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

哲学者とは?

哲学とは、原理や人生などを理性的に客観的に理解し追求する学問の事です。

哲学の対象となるのは、研究する人によってそれぞれ違います。

正義や幸福、更には文明やテクノロジーなど様々なジャンルが研究対象となります。

そして、哲学者というのは興味がある分野について研究し、問題が見つかった時には実験などを行い解決します。

その結果わかった事を、論文などで発表するのが主な仕事です。

教育者として大学で講義をしたり、講演活動を行ったりもします。

また、その知識を活かして一般企業に就職したり、メディアに出演する事もあります。

哲学者になるには?

哲学者になるためには、特別な資格は必要ありません。

哲学の研究をしたり、活動を行っている人が哲学者と呼ばれるのです。

ですが、哲学についての知識が皆無では研究する事もなかなかできません。

哲学者になるためには、まずは哲学について基礎から学ぶ事が必要です。

哲学科がある大学に通い、研究を続けていくために大学院へ進みます。

大学教授を目指している場合は、大学院博士課程を終了し博士号を取得するのが必須です。

その後、助手として働きながら教授を目指します。

高校教師として物理学を教えるには、教員免許を取得する事も大切です。

哲学者の給料・年収

哲学者の年収は、働き方によっても違いがあります。

複数の調査によると大学教授の場合は、平均年収は約1,000万円前後です。

准教授では、約800〜830万円になります。

また、講師として働くときは約600〜630万円程です。

研究結果を本にして出版した場合、原稿料と印税が収入として入ります。

原稿料は、出版社によって違いがあるため一律ではありません。

印税は、本の価格×部数×印税率で計算するため本が売れれば売れるほど年収は上がっていきます。

講演会やメディアなどへの出演なども増えてくると、講演料や出演料も入るため収入はアップします。

哲学者の就職・転職先(求人)

哲学者の就職先として挙げられるのは、主に大学の哲学科です。

なかには、中学や高校で物理学を教える哲学者もいます。

また、哲学の知識を活かして一般企業や福祉関係、金融業界に就職する人もいます。

どこにも属せずに、フリーの哲学者として活躍している人もいます。

自身の研究内容を本にまとめたり、講演活動を行う事で報酬を得ています。

また、哲学を取り上げた番組などのコメンテーターや、アドバイザーを任される事もあるため、メディアへの出演する人もいます。

哲学者の力を求めている分野は多くあるため、就職で困る事はないでしょう。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0