理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

調剤薬局事務に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今調剤薬局事務の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい調剤薬局事務に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

調剤薬局事務に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの調剤薬局事務適性診断結果

あなたの適性度は35%で、調剤薬局事務の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。調剤薬局事務を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

調剤薬局事務に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人と話すのが好き
2.人への気遣いが得意
3.薬や医療に興味がある
4.デスクワークが得意
5.複数のことを同時並行で進められる
6.真面目に物事に取り組む
7.整理整頓が得意
8.立ち仕事が苦ではない
9.人の好き嫌いがない
10.指示待ちではなく自発的に行動できる
↓事務職の転職ならマイナビがオススメ↓
\この診断を受けたい方はコチラ/
調剤薬局事務適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 人と話すのが好き 』

兼ね備えていない

調剤薬局事務は人と話すのが好きな人に向いています。調剤薬局の受付を担当することがほとんどで、患者がやってきたときに最初に話をすることになります。最後に会計をするときにも対応するのが調剤薬局事務というのが一般的です。患者とのコミュニケーションを楽しめる人にとって働きやすい環境があります。また、薬剤師とのコミュニケーションも重要になるので、話をするのが好きな人に適性があります。

『 人への気遣いが得意 』

そこそこ兼ね備えている

調剤薬局事務は人に気遣いができると活躍できます。調剤薬局事務はコミュニケーションの際に相手の気持ちを汲み取ることが必要になるからです。患者とのコミュニケーションでは処方箋を出してもらうために気配りをしながら「処方箋をお持ちですか?」と聞き、薬剤師との接するときには忙しさに配慮して対応する必要があります。このように人付き合いの中でちょっとした気遣いをいつも求められるのが調剤薬局事務の特徴です。

『 薬や医療に興味がある 』

兼ね備えていない

調剤薬局事務は薬を取り扱う現場で働くので、薬や医療に興味がある人に向いています。周りの人と話をするときにも薬の名前や薬効、病気の症状などが話題になることがよくあります。患者やその家族も薬について調剤薬局事務に質問することもあるので、誠意をもって答えられると喜ばれるでしょう。また、医療保険の知識も必要になるため、医療全般についての興味があると働きやすくなります。

『 デスクワークが得意 』

そこそこ兼ね備えている

調剤薬局事務はレセプトの作成などの事務作業も担当します。デスクワークが得意な人にとって働きやすいでしょう。門前薬局のように多数の患者が処方箋を持ってくる調剤薬局では、毎日大量のデータ入力とレセプトの作成が必要になります。パソコンでの入力を中心としたデスクワークをスピーディーにこなせる人は敏腕な調剤薬局事務として現場から重宝されるでしょう。

『 複数のことを同時並行で進められる 』

あまり兼ね備えていない

調剤薬局事務には複数の仕事を同時にこなしていける人に向いています。調剤薬局事務は事務的な作業に専念するものだと思うかもしれませんが、業務は多岐にわたっています。薬剤師の業務の補助をしたり、電話対応をしたり、納品の受付をしたりすることもあるのが実情です。臨機応変にいろいろな仕事を的確にこなしていく必要があるため、複数のことを同時並行できる人に適しています。

スポンサーリンク

『 真面目に物事に取り組む 』

兼ね備えていない

調剤薬局事務は物事に対して真面目に取り組めることがとても重要です。正確さが求められるのが調剤薬局事務の専門業務の書類作成だからです。レセプトに誤りがあったり、調剤報酬の金額を間違えたり、カルテの入力内容をタイプミスしたりしてしまうと一大事になります。一つ一つの作業を丁寧に確認しながら、責任を持って真面目に進められる人が調剤薬局事務に合っています。

『 整理整頓が得意 』

だいぶ兼ね備えている

調剤薬局事務は整理整頓が得意な人にとって活躍できる職種です。たくさんの作業を抱えている中で、薬剤師から突然「これをお願いします」と言われて新しい仕事が出てくることがよくあります。一つずつ丁寧に仕事を仕上げていく必要があるので、物事を上手く整理して働ける人が向いています。状況を把握して何からやるべきかを客観的に考える力がある人も調剤薬局事務として活躍できるでしょう。

『 立ち仕事が苦ではない 』

だいぶ兼ね備えている

調剤薬局事務は足腰がしっかりしている人にも適性があります。デスクワークが中心の場合が多いですが、調剤薬局事務は意外に立ち仕事も多いからです。調剤薬局では受付が座らずに立って対応していることもあります。さらに調剤薬局事務は倉庫に行って納品の対応をしたり、デスクに戻って電子カルテを確認したりといった形で移動が多いのが特徴です。足腰がしっかりしていると働きやすいでしょう。

『 人の好き嫌いがない 』

そこそこ兼ね備えている

調剤薬局事務になるには人付き合いが得意で好き嫌いがないことが重要です。調剤薬局事務は接客業と言われることもあります。受付業務で患者の接客をするのも確かですが、薬剤師に対しても顧客と接するような形でコミュニケーションを取る必要がある現場がほとんどです。どのような人とでも真摯な態度で自然に付き合える人は調剤薬局事務に合っています。

『 指示待ちではなく自発的に行動できる 』

あまり兼ね備えていない

調剤薬局事務は指示を受けて働くタイプの仕事ではなく、率先して自分のスキルを発揮する仕事です。主体性があって率先して行動できる人に向いています。今日やらなければならないことは何かを考えて、自分から仕事を見つけてこなしていくことが大切です。患者が大勢来ていると対応に追われるので、合間を縫って次々に自分がやるべき専門業務を進めていく必要があります。主体的に仕事を進められるのは調剤薬局事務にとって重要なポイントです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの調剤薬局事務適性診断結果シェア画像

《 事務職で評判の良い転職サービス3選 》

事務職での転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
調剤薬局事務適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 調剤薬局事務に向いているか向いていないか
  • 調剤薬局事務の職業適性度
  • 調剤薬局事務に必要な10の資質
  • 解説で調剤薬局事務に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

調剤薬局事務とは?

調剤薬局事務の仕事は、受付・レセコンへの入力・会計・調剤報酬の請求など多岐にわたります。

医師が処方した処方箋や、お薬手帳・保険証などを患者から預かって受付をおこないます。

レセコンの入力業務では、調剤報酬明細書を作成するために、処方箋の情報をレセコンに入力します。

最近では処方箋に付いているバーコードを読み取るだけで、入力することができるものもあるのですが、目視で最終チェックをおこなう必要があります。

会計業務は、患者が負担する薬代を計算して患者に請求をおこないます。

受付でお金を受け取り、領収書を発行します。

調剤報酬の請求業務は、患者が負担した1割から3割分を除いた、9割から7割分を保険証を交付する健康保険組合や市区町村へ作成したレセプトをもとに請求します。

調剤薬局事務になるには?

調剤薬局事務は、特別な資格がなくても働くことができます。

しかしレセプト作成などの専門性の高い業務もあるので、資格があれば就職する際に有利に働きます。

関連する資格は、調剤事務管理士®・医療保険調剤報酬事務士などになり、それぞれ難易度が異なります。

調剤薬局事務のお仕事は、即戦力になる経験者が優遇される傾向にあるので、未経験の方などは特に資格を取得しておいた方が良いでしょう。

調剤薬局事務は、医療事務のように検査や処置・投薬などの知識は必要なく、調剤の知識をもっておくだけで良いことから、調剤薬局事務関連の資格は、医療事務資格よりも難易度が低く独学で資格の取得を目指す方も多いです。

調剤薬局事務の給料・年収

調剤薬局事務の年収はいったいどのくらいになるのでしょうか。

複数の調査から、全国的な平均年収は250万円から300万円程度になります。

(資格があると給与面で優遇されることもあります)月収にするとフルタイムで働いて約18万前後になりますが、残業代などを含めると20万円を超える場合もあります。

年齢別にみると就職したての20代の場合の平均年収は170万円程度になり、他の業種に比べても低い傾向にあります。

調剤薬局事務のお仕事は、勤続年数が長いほど基本給が上がることが多いので、50代は300万円から400万円程度まで年収がアップすることもあります。

調剤薬局事務の就職・転職先(求人)

調剤薬局事務の就職先は、個人経営の調剤薬局や大手調剤薬局・調剤薬局が併設されているドラックストアなどになります。

個人経営の調剤薬局の場合、店舗数が少ないことから、人材の入れ替わりが少ないといった特徴があります。

大手調剤薬局の場合は、研修制度や業務マニュアルがしっかりと整えられているので、未経験者の方でも働きやすい環境が整っています。

調剤薬局が併設されているドラックストアは、増えつつあり、求人募集も多くあります。

以前は院内処方が主流だったのですが、現在では病院で診療や治療をおこない、調剤薬局で薬の調剤をおこなうという医療分業が定着しつつあります。

このため調剤薬局の数は増え続けおり、求人募集も多くあります。

医療関係は経済に左右されないので、調剤薬局事務は安定している職種になります。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0