理想の就活/転職のための
自己分析サイト

ペットシッターに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今ペットシッターの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいペットシッターに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのペットシッター適性診断結果

あなたの適性度は50%で、ペットシッターの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。ペットシッターを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

ペットシッターに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.とにかく動物が好き
2.責任感が強い
3.綺麗好き
4.話をするのが上手い
5.動物に好かれやすい
6.細かいことに気が付く
7.体力がある
8.学ぶことが好き
9.臨機応変に柔軟な対応ができる
10.人に信頼される振る舞いができる
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 とにかく動物が好き 』

だいぶ兼ね備えている

ペットシッターをするうえでまず大切なのが、対象となる動物を好きかどうかです。好きであればその動物について知ろうとしたり、かかわりを持つことを楽しめるので仕事にも前向きに取り組めます。仕事の中でペットと関わるうえで様々な工夫を考えて実施することもあるでしょうが、それも好きであれば楽しみになるはずです。好きという気持ちがあることは働くうえでの大きな助けとなってくれるのです。

『 責任感が強い 』

そこそこ兼ね備えている

ペットシッターはほかの人の大切なペットをお預かりする仕事です。そのため、責任感の強さが求められることになります。お預かりするおうちの方はもちろんですが、散歩などで行きかう人、近隣の人などに迷惑をかけないことも大切です。また、ペットの思わぬ異変などにもすぐに対応をしなければなりません。軽い気持ちではなく、言葉の通じない動物とのかかわりをしっかり作り、危険から人とペットを守っていく責任感を持つことが必要になるので、普段から責任感の強さを感じる方に向いています。

『 綺麗好き 』

そこそこ兼ね備えている

ペットシッターはお客様の家を訪れて、そこでペットのお世話をすることになるので、その際に不快に感じさせないようにする身だしなみは欠かせないものとなります。また、ペットを扱っているとどうしても汚れがちになるものです。ペットや室内が汚いままでは、不快な印象を与えてしまうこともあります。きちんとシッターの仕事はしつつ、その中でさっと汚れをきれいにしたり片付けたりできるような仕事が求められます。綺麗好きの方ならそういったことがしやすくなるでしょう。

『 話をするのが上手い 』

そこそこ兼ね備えている

ペットシッターはペットとのかかわりが主だと思われがちですが、実は飼い主さんとのコミュニケーションが非常に重要な仕事でもあります。預かるペットの特徴や状態を知るには飼い主さんからの情報は欠かせません。また、預かっている中で気が付いたことやどういった過ごし方をしたのかなどについても伝えていく必要があります。いろいろな情報を聞き出していくには話術が欠かせません。話をすることが好きな方はそういったことがスムーズにできて仕事がしやすくなるでしょう。

『 動物に好かれやすい 』

そこそこ兼ね備えている

ペットシッターは動物にかかわる仕事ですから、対象となるペットと仲良くできるかどうかで仕事ができるかどうかが決まります。時間をかけてなじむことができるなら良いですが、短時間のお預かりで対応する場合はそうはいきません。そのため、動物に好かれやすい方は比較的仕事がしやすく、ペットシッターに向いているといえます。自分が好きかどうかだけではなく、動物側からも好かれるかどうかを見てみましょう。

スポンサーリンク

『 細かいことに気が付く 』

そこそこ兼ね備えている

ペットシッターは細かいことに気が付くことも大切です。動物は言葉を持たないので、ちょっとした行動の変化などから状態を見ていくことになります。その場合、細かいことに気が付く性格だと違いをすぐにつかみ取り、適切な対応につなげられます。普段から動物やほかのことに対して細かくみられているかどうかがポイントです。

『 体力がある 』

兼ね備えていない

動物とのかかわりは体力勝負でもあります。特に大型のペットを扱うとなると、大きな力が必要になりますし、対応するために体力を消耗します。何件も仕事をこなしていく場合にはそれに対応できる体力が求められます。そのため、もともと力や体力がある方は良いですが、そうでない場合には体力づくりが課題となっていくでしょう。

『 学ぶことが好き 』

そこそこ兼ね備えている

ペットシッターは一度仕事についても、常に学び続けていくことが必要な仕事です。ペットとして飼われる動物の種類は年々増えていますから、仕事の範囲もそれだけ広がっていきます。思っていたものとは別の種類の動物も扱う必要が出てくるかもしれません。また、新しい病気や治療法などが出れば、関わるシッターもそれについての知識をもって対応していくことが求められることもあります。長く必要とされるペットシッターになるには学び続ける気持ちが欠かせないのです。

『 臨機応変に柔軟な対応ができる 』

十分に兼ね備えている

ペットやその家庭の状況はそれぞれ異なります。一つのやり方では合わないことも多く、それぞれの事情や求めることに対して必要なサービスを行わなければなりません。自分の決めたやりかたに固執せず、必要なことを行えるかどうか、その柔軟さがペットシッターには求められます。

『 人に信頼される振る舞いができる 』

あまり兼ね備えていない

ペットシッターは、室内で飼うペットの場合家に入り込むことになるので、飼い主さんに信頼されることも重要なポイントになります。それほどよく知らない人を信頼してもらうのは難しいですが、だからこそちょっとした対応をする際に信頼される言動や振る舞いができるかは大きなポイントとなってくるのです。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのペットシッター適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る