理想の就活/転職のための
自己分析サイト

パーソナルトレーナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今パーソナルトレーナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいパーソナルトレーナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク
『 診断結果のサンプル 』

あなたの診断結果

あなたのパーソナルトレーナー適性診断結果

あなたの適性度は43%で、パーソナルトレーナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。パーソナルトレーナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

パーソナルトレーナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.トレーニングが好き
2.コミュニケーション能力がある
3.筋力に自信がある
4.体力がある
5.自己管理ができる
6.データの管理や分析が得意
7.向上心がある
8.忍耐力がある
9.相手の立場に立って考えられる
10.説明をするのが得意
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 トレーニングが好き 』

兼ね備えていない

パーソナルトレーナーは、人にトレーニングの指導をするのが主な仕事です。そして、トレーニングを受ける人の中には、運動が嫌いだけれども、筋肉を増やしたりダイエットをしたりするために、パーソナルトレーニングを受けるという人も少なくありません。パーソナルトレーナーは、そういった人に、トレーニングのメリットや魅力を教える必要があります。そのため、トレーニングが好きで、トレーニングの良さがわかっている人が、パーソナルトレーナーに向いています。

『 コミュニケーション能力がある 』

だいぶ兼ね備えている

パーソナルトレーナーは基本的に、マンツーマンでトレーニングの指導を行っていきます。そのため、1対1でも問題なく会話を続けることができる、コミュニケーション能力が必要となります。また、ジムによっては、自ら営業をかけて、トレーニングを受けるお客さんを獲得しなければならない場合もあります。その営業のためにも、コミュニケーション能力が求められます。よって、どのような人が相手でも、自ら話しかけることができる、高いコミュニケーション能力を持っている人が、パーソナルトレーナーに向いています。

『 筋力に自信がある 』

十分に兼ね備えている

パーソナルトレーナーは、色々な人のトレーニングをサポートします。そして、どういったトレーニングをするのか、例としてやって見せることが多いです。そのため、ひと通りのトレーニングをこなせる筋力が必要です。また、トレーニングでは、器具の負荷を調整するために、パーソナルトレーナーが補助をすることも少なくありません。その補助にも、筋力が求められます。よって、パーソナルトレーナーは、筋力に自信がある人向けの仕事です。

『 体力がある 』

そこそこ兼ね備えている

パーソナルトレーナーは、1日に複数の人のトレーニングを担当するのが基本です。人気のあるパーソナルトレーナーであれば、1日に5人から10人程度の相手をします。そして、どのような人が相手であっても、仕事に手を抜くことは許されません。さらに、トレーニングの仕事が終わってからは、事務作業をしなければなりません。そのため、1日の終わりまで、疲れ切ってしまうことなく、安定して働い続けられる体力のある人が、パーソナルトレーナーに向いています。

『 自己管理ができる 』

兼ね備えていない

パーソナルトレーナーは、自らの身体が宣伝材料となります。パーソナルトレーナーがしっかり身体を作り上げていることで、トレーニングを受ける人が信頼してくれるようになります。もし、パーソナルトレーナーがだらしのない身体をしていれば、利用する人からの信頼は得られないでしょう。そのため、常に理想的な身体を維持できるよう、食事に気を遣い、トレーニングを続けられる人が、パーソナルトレーナーに向いています。

スポンサーリンク

『 データの管理や分析が得意 』

そこそこ兼ね備えている

パーソナルトレーナーを利用する人は、効率的なトレーニングを求めていることが多いです。その効率的なトレーニングのためには、利用する人の体重や筋肉量、体脂肪といったデータを分析して、トレーニングメニューを決める必要があります。また、実際に行ったトレーニングが、本当に効果があったのかどうかも、データによって確認しなければなりません。そのため、データの管理や分析が得意という人が、パーソナルトレーナーに向いています。

『 向上心がある 』

兼ね備えていない

トレーニングに関する理論は、常に研究されていて、日々新しいトレーニング技術や設備が登場します。パーソナルトレーナーとして、より質の高いトレーニングを提供するためには、その技術や設備をいち早く取り入れることが大切です。そのため、常にトレーニングに関する最新情報を得ようと心掛けている、強い向上心を持っている人が、パーソナルトレーナー向きです。

『 忍耐力がある 』

そこそこ兼ね備えている

トレーニングというものは、すぐに効果が出るものではありません。継続することで、少しずつ効果が出始めます。そのため、すぐに効果が実感できなくても、根気よく指導を続けられる、忍耐力のある人がパーソナルトレーナーに向いています。また、パーソナルトレーナーを利用する人の中には、指導内容を無視する人が少なくありません。そのような人を相手に指導を続けるためにも、忍耐力が必要です。

『 相手の立場に立って考えられる 』

そこそこ兼ね備えている

パーソナルトレーナーを利用する人は、体質や性格などがそれぞれ異なります。また、トレーニングの目的も、人によって違います。パーソナルトレーナーは、そういった違いを把握した上で、その人に合ったトレーニングメニューを決めなければなりません。そのため、相手の立場に立って、ものごとを考えられる人がパーソナルトレーナーに向いています。相手の希望を無視したり、無理にトレーニングメニューを押し付けたりするなど、相手のことを考えられない人は、パーソナルトレーナー向きではありません。

『 説明をするのが得意 』

だいぶ兼ね備えている

パーソナルトレーナーの仕事は、ただトレーニングの方法を教えれば良いというわけではありません。何のためにそのトレーニングを行うのか、行ったトレーニングによってどういった変化が生じたのかなどを、トレーニングをした人にしっかり説明する必要があります。説明の内容が充実していれば、トレーニングをする人も納得しやすく、継続するモチベーションを維持できる可能性が高くなります。そのため、説明が得意という人が、パーソナルトレーナーに向いています。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのパーソナルトレーナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る