理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

調香師(パフューマー)に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今調香師(パフューマー)の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい調香師(パフューマー)に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

調香師(パフューマー)に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの調香師(パフューマー)適性診断結果

あなたの適性度は56%で、調香師(パフューマー)の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。調香師(パフューマー)を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

調香師(パフューマー)に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.香料が好き
2.匂いに敏感
3.実験するのが好き
4.探求心がある
5.向上心がある
6.学ぶことが好き
7.コミュニケーションが得意
8.記憶力に自信がある
9.細かい作業が苦にならない
10.根気がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
調香師を受ける(2分)

診断結果の解説

『 香料が好き 』

そこそこ兼ね備えている

調香師は、香水に対する調香以外にも、化粧品やボディソープ、入浴剤、洗剤など、人々の生活に直結する香りの調香も行います。そのため、香水や入浴剤、洗剤などの香料に興味がある、これらの香りが好きである、ということが調香師(パフューマー)にとっては重要であり、必要な要素の一つになります。

『 匂いに敏感 』

そこそこ兼ね備えている

調香師は、様々な香りをかぎわけ、調合し、最終的に販売する香りを決めていきます。ほんの少しの調合の違いでも匂いが変わってきてしまうので、その微妙な差を自分の鼻でかぎ分けることができるということは、調香師として重要な能力の一つです。ただし、香料自体が苦手な人や、強い匂いが苦手という人は、様々な香料の匂いをかぎ分ける必要がある調香師(パフューマー)には不向きであると言えるでしょう。

『 実験するのが好き 』

だいぶ兼ね備えている

調香師は、ベースとなる香料を調合し、様々な香りを作っていきます。色々なパターンを試す必要があるため、調合して、新しいものを作ることが好きな人が向いています。何でもよいから混ぜていくのではなく、ある程度予想を立ててから調合し、どのような結果になったかという過程が重要であるため、物事を理論立てて考えることができること、調合して新しいものを作ることが好きであるということは、調香師(パフューマー)を目指すうえで重要な要素の一つです。

『 探求心がある 』

だいぶ兼ね備えている

個人のクライアントから、「こんな感じの香りが欲しい」と言われたときに、その要望に応えることも、メーカー側からの依頼で香りを作ることも、調香師の大切な仕事の一つであるため、ベースとなる香りや調合の仕方など、手探りしながら作り上げていくという工程が必要になります。そのため、探求心の強い性格は、調香師(パフューマー)に向いていると言えます。

『 向上心がある 』

そこそこ兼ね備えている

様々な調合を試し、新しい香りを開発するのも調香師の仕事の一つです。既存の香りだけではなく、常に新しいものを作り上げていこうという意思は、調香師にとって必要不可欠なものです。また、合わせる基材によって、同じような香りを作りたくても、調合が変わってくることがあります。色々と試行錯誤をし、思った通りの香料を作り上げるためにも、向上心は必要な要素の一つです。

スポンサーリンク

『 学ぶことが好き 』

兼ね備えていない

調香師は、学ぶことが多くあります。香料のことから使用する基材、場合によっては、完成した商品についての知識が必要になることも少なくないでしょう。そのため、常に新しいことを学び、知識として吸収していくことが必要になります。香料の調合や基材の勉強などは科学の分野が関わってくるため、理系科目が好きで、学ぶことが好きであるという人は調香師(パフューマー)に向いていると言えるでしょう。

『 コミュニケーションが得意 』

だいぶ兼ね備えている

個人向けの調香師であれば、クライアントが望む香りを探す、もしくは調合して提供することがあるでしょうし、企業向けの調香師であれば、様々な日用品に付ける香りをメーカーと協議し、決定していくことになるでしょう。どちらにおいても、コミュニケーション能力は必要になります。個人向けであれば、どのような香りを探しているのか、詳しく聞き出す必要がありますし、企業向けであれば、どのような製品にどのようなイメージの香りを付けたいのか、よく協議する必要があります。どちらにおいても、調香師(パフューマー)として欲しい情報を引き出すためにはコミュニケーション能力が重要です。

『 記憶力に自信がある 』

だいぶ兼ね備えている

調香師は、数千種類の香りをそれぞれかぎわけ、記憶する能力が必要になります。微妙な違いの香りをかぎ分けることができる鼻の良さも必要ですが、それを一つ一つ記憶し、必要な時に思い出すことができることによって、数多くある香りの中からクライアントの思い通りの香りを探すことが可能になります。

『 細かい作業が苦にならない 』

そこそこ兼ね備えている

イメージ通りの香りを調合するために、微調整が必要になるケースがあります。ほんの数滴の差で香りは全然違うものになってしまうので、調整を行うために、細かい作業を繰り返し行うことも少なくありません。そのような作業を、思い通りの香りが出来るまで延々と続けなくてはならないのも調香師の仕事であるため、細かい作業が苦にならないという性格は、調香師(パフューマー)にとって、重要な要素の一つです。

『 根気がある 』

そこそこ兼ね備えている

調香師は、思った通りの香りを作り出すために、細かい作業や、何種類もの香りをかぎ分けるといった、根気が必要な作業が多い仕事です。例え、どんなに香りをかぎ分けられる鼻を持っていようが、よい記憶力を持っていようが、数千種類ある香料を組み合わせて最後まで香りを作り上げることができる根気がなくては、調香師(パフューマー)には不向きであると言えるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの調香師(パフューマー)適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
調香師を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 調香師(パフューマー)に向いているか向いていないか
  • 調香師(パフューマー)の職業適性度
  • 調香師(パフューマー)に必要な10の資質
  • 解説で調香師(パフューマー)に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

調香師(パフューマー)とは?

調香師(パフューマー)は、日常生活のあらゆるところで用いられている「香り」の専門家です。

数千種類もの香料のなかから、組み合わせをおこなって、新たな香りを作り出すのがおもな仕事です。

調香師(パフューマー)はただ良い香りを作り出すだけではなく、トレンドや時代の流れを意識しつつ、人や企業が求める香りを作らなければなりません。

調香師の分野は2種類に分かれ、口に入れる食品に関するものを作る場合は「フレーバリスト」、口に入らない製品の場合には「パフューマー」と呼ばれるのが一般的です。

ただし、口に入らない製品であっても安全性を重視した香りであることが大前提となります。

調香師(パフューマー)になるには?

調香師(パフューマー)になるためには、特別に必要な資格というものはありません。

しかし、香りに関する専門知識と調合技術が求められるため、化学系や薬学系の大学あるいは専門学校などに進学するのが一般的です。

ただ、日本では調香師(パフューマー)になるための知識が学べるところはあまり多くなく、香水の文化が浸透している海外の専門学校に進学して、そのまま現地で仕事に就く人も少なくありません。

加えて、調香師(パフューマー)の仕事には上記のような化学的な知識や調合技術だけではなく、香りに関しての「センス」や「感性」といった能力も必要とされているため、センシティブな感覚を磨いておく必要もあるでしょう。

調香師(パフューマー)の給料・年収

複数の調査にもとづき、調香師(パフューマー)の平均年収は、新入社員のうちは約300万円前後であり、一般企業の大卒と同程度だと言えます。

全国平均で見ると、調香師(パフューマー)自体の平均年収は450万円程度ですが、条件や就職先の規模などにより異なると考えて良いでしょう。

仮に、企業に就職せずフリーランスで働いた場合、年収はその人の実力次第で大きく変動する可能性が高くなります。

例えば、数年キャリアを身に付けたあとに独立して、オリジナルブランドなどを立ち上げて成功すれば、1000万円以上の年収も夢ではありません。

ただし、フリーで成功するには、名前を知られるほどの実績の高さが求められるため、何より経験を多く積むことが不可欠だと言えるでしょう。

調香師(パフューマー)の就職・転職先(求人)

調香師(パフューマー)の就職先として一般的なのは、薬品メーカーや化粧品メーカー、香料製造企業などであり、雇用形態は正社員として採用されるケースがもっとも多いです。

通常は、ラボなどに勤務して香りの研究や調合をおこない、スキルを身に付けていくことになりますが、専門性の高い仕事のため、最低でも5年から10年以上の経験を経て初めて一人前の調香師(パフューマー)として認められることが多いです。

企業に勤務し続けた場合は、勤務年数や経験に応じてチームリーダーや責任者になるなどのキャリアアップが見込めますが、会社に縛られずフリーの調香師(パフューマー)として独立する人もいます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0