理想の就活/転職のための
自己分析サイト

パタンナーに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今パタンナーの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいパタンナーに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

パタンナーに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのパタンナー適性診断結果

あなたの適性度は53%で、パタンナーの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。パタンナーを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

パタンナーに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.洋服作りが大好き
2.空間認識力が高い
3.手先が器用で細かい作業が苦でない
4.服作りに関する知識が豊富にある
5.協調性がある
6.打たれ強い
7.一人で黙々と作業できる
8.知識習得に積極的
9.コミュニケーション能力がある
10.裏方作業が苦でない
スポンサーリンク

診断結果の解説

『 洋服作りが大好き 』

あまり兼ね備えていない

デザイナーが書いたデザイン画を元に、それを裁断や縫製ができる状態まで落とし込むのがパタンナーの仕事。仕事としてしっかりこなしていくためには、やはり服が好きで服の構造に興味がある人が向いているでしょう。単に洋服が好きなだけではなく、作ることに興味関心があることが重要な条件です。また、デザイン画を正確に理解するためには、パターンだけではなくデザインに関する知識も必要になります。そうした知識を貪欲に取り込むためにも、やはり服作りが好きであることは重要な素質と言えるでしょう。

『 空間認識力が高い 』

だいぶ兼ね備えている

パタンナーは平面のデザイン画を立体にしていく仕事です。そのため、平面図を見た段階である程度立体的な完成形を頭に思い浮かべることができると、仕事をスムーズに進められるでしょう。

『 手先が器用で細かい作業が苦でない 』

十分に兼ね備えている

自分の頭の中にある服を書き起こすデザイナーと違い、パタンナーの仕事は正解があります。いくつものパーツを組み合わせて服にしていくので、時にはミリ単位のズレが洋服の出来上がりを大きく損ねてしまうこともあります。正確なパターンを書くためには、やはり器用さが不可欠です。更に細かい作業が続く仕事なので、集中力を維持できる人はパタンナーに向いていると言えるでしょう。

『 服作りに関する知識が豊富にある 』

そこそこ兼ね備えている

いくら平面から立体を思い描くことができても、服飾に関する知識がなければ正確なパターンは起こせません。パターンに関する知識だけでは不十分で、色彩や素材、縫製といった知識がなければ仕上がりを計算に入れたパターンが起こせないからです。

『 協調性がある 』

あまり兼ね備えていない

パタンナーはデザイン画からパターンを起こすのが仕事。ただひたすらデザイン画とにらめっこするのではなく、デザイナーと密にコミュニケーションを取りながら仕事を進めていくことになります。デザイナーの要望や意見を聞き取り仕事を進めるためには、やはり協調性が必要になります。自分の意見だけを押し付けるのではなく、人の話を聞き受け入れることが重要なのです。

スポンサーリンク

『 打たれ強い 』

そこそこ兼ね備えている

パターンの元となるのはデザイナーが書いたデザイン画です。そのため、デザイナーからダメ出しを貰うことも少なくありません。ベテランになれば頭ごなしに言われることも減るでしょうが、新人のうちはダメ出しを辛いと感じることも多いでしょう。強く言われても凹まない、打たれ強さも必要になります。

『 一人で黙々と作業できる 』

そこそこ兼ね備えている

華やかなファッション業界にあって、パタンナーの仕事はとにかく精密さと技術力の高さが評価に繋がります。正解がある仕事なので、そこに向かって黙々と、とことんやり込んで行ける人はパタンナーの適正があります。パタンナーの仕事に、人との共同作業はほとんどありません。とにかく一人で、自分が納得いくまで作業をすすめ、デザイナーの修正などを受けてまた黙々と魂をつめる。そんなタイプの人が多い仕事です。

『 知識習得に積極的 』

だいぶ兼ね備えている

ファッションが好きであることはパタンナーの仕事をする上でとても大切なことですが、更に好きであり続けるための努力も怠ってはなりません。インターネットや雑誌などからこまめに情報を読み取り、実際にアパレルショップに足を運ぶなどして流行に対しアンテナを張る必要があります。また、そうした行動を続けていると、様々なデザインの縫製方法や生地の種類に興味が出てくるでしょう。ファッションに対して行動でき、積極的に学ぶことができるかどうかは、服を仕事にする上で大切な適正と言えます。

『 コミュニケーション能力がある 』

あまり兼ね備えていない

パタンナーの仕事は一人でコツコツ進めるものであり、どちらかというと職人的な色合いが強いと言えます。とはいえ、コミュニケーション能力が不要な訳ではありません。パタンナーだけでは服は作れません。デザイナーや縫製担当、販売担当などいろいろな人が協力することで一着の服が出来上ります。デザイナーから意見や要望を聞き出すためにも、生産チームにこちらの要望を伝えるためにも、コミュニケーション能力は欠かせません。他部門との連携を怠ると最終的な洋服の出来にも影響するため、注意が必要です。

『 裏方作業が苦でない 』

十分に兼ね備えている

服飾業界は、やはりファッションデザイナーに注目が集まることが多いです。数多の世界的デザイナーの名前からもそれを窺い知ることができます。対してパタンナーは裏方仕事、服作りに欠かせない仕事であることは間違いありませんが、外部から注目されたり賞賛されることはほとんどありません。そのため、注目を浴びることが好きな人、自分が目立ちたい人には向いていないかもしれません。逆に裏方に徹することに誇りを持てる人は、パタンナー向きの性格と言えるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのパタンナー適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

ミイダス

└自分の市場価値がわかる診断が秀逸

この適正診断テストでわかること

  • パタンナーに向いているか向いていないか
  • パタンナーの職業適性度
  • パタンナーに必要な10の資質
  • 解説でパタンナーに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

パタンナーとは?

パタンナーとは、服を作るにあたっての型紙やデザイン数を作成する仕事です。

言うなれば服のための設計士とも言えるでしょう。

人体に生地をピンで造形していくやり方もあれば、平面図に描く方法もあります。

コンピューターを用いて図面を作成してグレーティングしていくこともあります。

精密な作業なので、細かく几帳面であることが適性です。

トレンドに敏感でありセンスがあることも大切になってきます。

時にはパターンの修正を求められることもあり、柔軟に対応できるスキルも必要です。

特にアパレル業界においてパタンナーは欠かせない仕事です。

パタンナーになるには?

パタンナーになるには、服飾やファッション関連の専門学校で学ぶ人が多いです。

大学の服飾科出身の人も見られます。

そのほか通信教育で裁縫やパタンメイキングを身に付けることもできます。

しかしテキストだけの勉強で知識ばかりが増えても、仕事として活躍するまでには至りません。

実践の場がある学校に通うことが大切です。

平面と立体、CADも身に付けておく必要があります。

専門的な道具や機材を使う経験も重要です。

「パターン検定」や「洋裁技術検定」といった資格を習得しておけば、企業のパタンナーとして採用されやすいかもしれません。

パタンナーの給料・年収

複数の調査によると、パタンナーの年収は、ファッションやアパレル業界に就職して働く場合は約300~600万円です。

専門性の高い仕事であり、実力や勤務年数、手を掛ける商品数などによっても年収は変わってきます。

企業の規模や知名度、売上などにも左右されるでしょう。

ファッション業界に就職して5年勤務で300~400万円程度です。

ベテランになると400~500万円、売れっ子パタンナーで600万円くらいになります。

フリーランスとして大手アパレル会社と契約して働く場合も、売れ行きによって収入額が変わってくるでしょう。

腕とセンスを磨いて顧客が増えれば、フリーランスで1000万円を目指すことも不可能ではない世界です。

パタンナーの就職・転職先(求人)

パタンナーはアパレルやファッション業界の求人に応募して就職する形が一般的です。

主に女性の仕事なので、家事育児をしながらのパートやアルバイト雇用も人気があります。

在宅パタンナーとして活躍したいと起業する人も少なくありません。

パタンナーの仕事はキャリアアップすることで給与が高くなる傾向にあります。

パタンナーチームをまとめるチーフになるか、上位職であるモデリストを目指すのもひとつです。

アパレル業界ではシーズンごとに新作発表があり、パタンナーにとっても繁忙期となります。

その時期に短期のパタンナーの募集がかかる企業もあるので、それを狙い目にして短期契約で働くこともできます。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0
  • Twitterシェア
  • Facebookシェア
  • LINEで送る