理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

牧師に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今牧師の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい牧師に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

牧師に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの牧師適性診断結果

あなたの適性度は50%で、牧師の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いている寄りです。牧師を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

牧師に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.信仰心がある
2.研究が好き
3.人の話を聞くことができる
4.人前で上手く話ができる
5.事務作業が得意
6.臨機応変に対応できる
7.どんな土地にも馴染むことができる
8.人が好き
9.福祉に関心がある
10.探究心がある
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
牧師適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 信仰心がある 』

あまり兼ね備えていない

牧師を志すなら、なにより信仰心が篤い人であることが必要です。キリストと向き合い、キリスト教という宗教に一生を捧げることになるので、牧師になるためには自分自身の信仰心をまず確かめましょう。信仰心が篤いと確信できれば、牧師になる一歩となります。キリスト教者として生きていくことについて、あらかじめ深く考えておく必要があります。その上で、牧師になるための学校を選びましょう。

『 研究が好き 』

十分に兼ね備えている

牧師は日々研究が必要です。聖書を読んだり歴史を学んだりするだけでなく、世の中のさまざまな問題に広く関心を持つことが大切です。そのため、毎日の勉強が欠かせません。研究熱心で勉強が好きな人ほど、牧師に向いていると言えるでしょう。また、牧師になると昼夜を問わず多忙な日々が待っています。その中を縫って、研究に励む時間を確保する必要があります。

『 人の話を聞くことができる 』

あまり兼ね備えていない

牧師になると、教区の人たちと協力して教会の運営に携わらなければなりません。また、時として信者の相談にのる必要もあります。様々な人たちとの関係を育むためには、粘り強く話に耳を傾けることが欠かせません。時には、信者の家族関係に入り込んだり、各種の公共機関とコンタクトを取ったりする必要も出てきます。そうした場合にも、相手の話を丁寧に聞くという能力が求められます。

『 人前で上手く話ができる 』

十分に兼ね備えている

牧師の重要な仕事の一つが、礼拝です。信者とともに神に祈りを捧げる一方で、礼拝をきっちり取り仕切り、かつ説教をすることも重要な仕事です。また、牧師になると何かと人前で話す機会が増えます。人前で話すことに慣れる必要があるでしょう。

『 事務作業が得意 』

そこそこ兼ね備えている

牧師は教会や教区の運営を一手に引き受ける、いわば事業主のような役割も担っています。お金の出入りや各種イベントの開催などで、さまざまな事務仕事も必要になります。そのため、細かな事務作業を厭わずやることが大切になってきます。

スポンサーリンク

『 臨機応変に対応できる 』

あまり兼ね備えていない

牧師は冠婚葬祭だけでなく、場合によっては教区の信者の臨終にも立ち会うことがあります。そのため、時間を問わず信者の支えになる柔軟性が必要になります。夜間でも駆けつける機会も出てくるので、臨機応変な対応が出来る人に向いています。場合によっては、思わぬ事態で信者から助けを求められることもあります。人の役に立つためにも、何事にも出来るだけ動じずに冷静に対応する態度が求められます。

『 どんな土地にも馴染むことができる 』

そこそこ兼ね備えている

牧師になると、指定された教会に派遣されることになります。そのため、その土地の信者を始め様々な人たちと積極的に交流を持ち、早く馴染むための努力が必要です。また、すぐに引っ越しができて、どの地域であっても対応できる柔軟性が求められます。また、時に任期に関係なく異動を要請されることもあるので、引っ越しに慣れておく必要があります。自分の家族も含めて、その土地に慣れる心構えと姿勢が必須になります。

『 人が好き 』

そこそこ兼ね備えている

牧師の仕事は、神の教えを人に伝えることにあります。そのためには、聖書や教えに向き合うだけでなく、広く人と接することが好きであることが重要になります。日々の研究だけでなく、人と積極的に交流を持てる人ほど牧師に向いています。 教会には、さまざまな人たちが出入りします。社会的な立場も人間性もバラバラななかで、あらゆる人たちにキリストの教えを基に接していくことが求められます。単に表面的な付き合いではなく、人生そのものに関わりを持つ場面が多くなります。人に対する愛情も、牧師として必須だと言えるでしょう。

『 福祉に関心がある 』

あまり兼ね備えていない

牧師の役割として、教区の病院や養護施設の訪問など各種の福祉に関わるという仕事があります。老人から子どもまで、牧師がケアをする人たちは広くいます。福祉に積極的に携わり、率先して関心を持つことも重要な仕事になります。 また、年末や季節の折々に、教会主催による福祉活動が行われます。率先して場を取り仕切り、福祉活動を運営するリーダーシップも欠かせません。どうしたらより良い福祉活動に携われるのかについても、関心を持つ必要があります。

『 探究心がある 』

そこそこ兼ね備えている

牧師は職業ということだけでなく、自分自身を犠牲にして神に仕えることが求められます。そのなかで、キリスト教の世界や社会のありかたを深く勉強して、体得することが求められます。そのためには、探究心が欠かせません。牧師という仕事に正解はありません。そのため、日々の生活のなかで反省したり、新しい試みをしたりなどの探求心が必要になります。また、信者だけでなく広く人々の悩みや生き方についても、関心を持って接することが重要といえるでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの牧師適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
牧師適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 牧師に向いているか向いていないか
  • 牧師の職業適性度
  • 牧師に必要な10の資質
  • 解説で牧師に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

牧師とは?

牧師はキリスト教プロテスタント派の信者の肩書きであり、他の信者を指導する役目を持っている人です。

キリスト教においては先生のような位置付けであり、信者に向けてキリスト教の理念を教え、実践させることを主な仕事としています。

また、牧師は他の信者に対するお手本となる存在とされていることから、毎日の暮らしはキリスト教の教義に基づいた、己を律する厳しいものになっています。

地域のボランティア活動に参加するなど、キリスト教とは直接の関係がない事柄にも従事するのが普通です。

そのため、牧師は一年365日のすべてが仕事中であると言えるでしょう。

牧師になるには?

牧師になるためには自身が所属する教派が認可する神学校や他の教育機関の神学部で学び、試験に合格しなければいけません。

学校で学ぶには召命と呼ばれる、入学の条件をクリアする必要があります。

キリスト教の教えを真摯に理解し、教会から推薦されることが召命の条件です。

また、試験に合格してもすぐに牧師として活動できるわけではありません。

伝道師として一定のキャリアを積むなど、教義の普及に尽力して初めて牧師の資格を得ることができます。

所属する教派によって牧師になる条件が異なるのも事実なので、人によって牧師になるための期間に差が生じるのは普通のことと言えるでしょう。

牧師の給料・年収

牧師の収入は原則、信者からの寄付で賄われています。

信者の寄付が直接収入になるのではなく、牧師が所属する教派にまとめられ、それぞれの教会ごとに割り当てられます。

複数の調査によると牧師の平均的な年収は約200万円程度と、決して高額ではありません。

しかし電気や水道、ガスなどの光熱費は教会が負担するので、牧師の生活は必ずしも困窮しているわけではありません。

また、牧師は贅沢をせず、質素に暮らすことを前提としていることから金額が少ないことが普通と言えるでしょう。

一方で小説を書いたりタレント活動をするなど、副業によって数百万円の年収を新たに得ている牧師も存在します。

牧師の就職・転職先(求人)

牧師はキリスト教の信者であり、他の信者に教義や理念を教える立場です。

教派に所属して他の信者を指導することが牧師にとっての就職と言えるでしょう。

教派が用意した、住居を兼ねた教会に定住するのが牧師の暮らし方です。

牧師には退職の考え方はないので、キリスト教の信者であるうちは生涯、牧師として働くことになります。

タレントや作家として活動する牧師もあくまで副業としての位置付けであり、再就職とは見なされません。

牧師になるための条件は厳しく、毎日の暮らしも己を律する厳しいものですが、教義を広める使命感の尊さが高く評価されていることから、プロテスタント派の信者にとっては今後も憧れの存在であり続けると言えるでしょう。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0