理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

自然保護官に向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今自然保護官の仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらい自然保護官に
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

自然保護官に向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたの自然保護官適性診断結果

あなたの適性度は48%で、自然保護官の仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。自然保護官を目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

自然保護官に必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.自然保護や環境保全に関心がある
2.動植物が好き
3.アウトドアが好き
4.体力に自信がある
5.事務作業を苦なくこなせる
6.強い意思を持って仕事できる
7.忍耐力がある
8.チームワークを大切にできる
9.国家公務員を目指している
10.冷静な判断力を持っている
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
自然保護官適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 自然保護や環境保全に関心がある 』

だいぶ兼ね備えている

自然保護官は、自然保護や環境保全の最前線で働く仕事です。そのため、自然保護や環境保全に興味がない人は、仕事に対するモチベーションを保てないでしょう。自然保護の仕事は大変なので、ただお金を稼ぎたいという気持ちでは長続きしません。自然保護や環境保全に関心がある人なら、誇りを持って仕事ができるでしょう。

『 動植物が好き 』

十分に兼ね備えている

色々な仕事をこなす自然保護官ですが、その目的は主に動植物を守るということにあります。大好きな動植物を守りたいという思いが強ければ、自然保護官の大変な仕事もモチベーションを持ってこなせるでしょう。また、直接動植物に触れ合うケースも多いので、普段から動物と触れ合ったり、植物を育てたりしているような人であれば、やりがいを持って仕事ができます。

『 アウトドアが好き 』

そこそこ兼ね備えている

アウトドアが好きで、普段から自然によく触れているという人は、自然保護官に向いています。あまり外に出ないという人が、広大な自然の中を歩き回り様々な調査をしたり、公園や森林など様々なエリアに出向いたりするのは大変でしょう。アウトドアが趣味で普段から色々な場所に出向いている人なら、苦痛なく仕事をこなせます。また、よく自然に触れ合う人であれば、自然の大切さや素晴らしさを実感できるので、「自然を守りたい」という気持ちが芽生えやすくなります。

『 体力に自信がある 』

あまり兼ね備えていない

自然保護官は、森林などの調査を行う仕事も多いので、ある程度の体力が必要です。一日中森の中を歩き回っても疲れない体力、山の登る足腰の強さなどがあれば、自然保護官の仕事も苦なくこなせるでしょう。登山が趣味でよく山登りをしている、部活でスポーツをやっていて体力に自信がある、そういう人は自然保護官にも向いていると言えるでしょう。

『 事務作業を苦なくこなせる 』

あまり兼ね備えていない

自然保護官というと、毎日外に出かけて自然と触れ合いながら仕事をするというイメージがあるかもしれません。しかし、実際は事務作業も多い仕事です。色々な書類を作成したり、調査や分析を行ったりなど、デスクワークをメインに行う機会も少なくありません。そういった事務作業が嫌いで自然保護官を目指してしまうと、大きなギャップを感じてしまうでしょう。自然保護官になるためには、事務作業も苦なくこなせる必要があります。

スポンサーリンク

『 強い意思を持って仕事できる 』

だいぶ兼ね備えている

自然を守ることは簡単ではありません。自然保護官として働いていると、大好きな自然が失われていく現実や、自然を奪おうとする人達など、嫌な面を目の当たりにする機会も多いです。そういった現実を見て、モチベーションが失われてしまう人もいるでしょう。自然保護官として長く働くためには、どのような状況になっても「自然を守る」という思いを貫き通せる、強い意思が必要です。

『 忍耐力がある 』

そこそこ兼ね備えている

自然保護官の仕事は多岐にわたります、担当者との打ち合わせ、事務作業、森林や国立公園の調査など、自然を守るためには色々な仕事をこなさなければなりません。毎回ルーティーンで仕事をすればよいというわけではないので、色々な苦難に耐えられる忍耐力が必要です。自然を軽んじるような、自分とは考えが合わない人達とも接することになるので、どんな状況でも仕事を全うできる忍耐力を身につけておきましょう。

『 チームワークを大切にできる 』

あまり兼ね備えていない

動植物を守るために働くのが主な仕事となりますが、そのためには多くの人と関わる必要があります。同じ自然保護官として働く同僚はもちろん、動植物を世話している職員、開発を行う作業員など様々な人達とコミュニケーションを取りながら、仕事をすることになります。自然を守るためには、多くの人達を動かさなければなりません。その時、どのような人とでも冷静に話し合い、協力できるコミュニケーション能力が欠かせません。

『 国家公務員を目指している 』

兼ね備えていない

自然保護官は、環境省に所属する国家公務員です。そのため、国家公務員試験に合格しなければなりません。試験の難易度は高いですが、国家公務員になれば安定した収入を得られますし、何より国のために働くことができます。「国家公務員になる」という強い意思を持っている人であれば、厳しい試験勉強にも耐えられるでしょう。

『 冷静な判断力を持っている 』

そこそこ兼ね備えている

自然保護官は、開発などの許認可申請の可否を判断するのも重要な仕事です。申請者と綿密に打ち合わせをし、認可すべきかどうか冷静に判断しなければなりません。ただ自然を守りたいという考えだけではなく、何のために開発をするのか、自然にどういった影響を与えるのかなど、幅広い視野を持って判断する必要があるのです。自然を守りたいという自分本位の意見だけではなく、様々な考えを加味して冷静に判断できる人でなければ、間違った認可をしてしまうでしょう。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたの自然保護官適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
自然保護官適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • 自然保護官に向いているか向いていないか
  • 自然保護官の職業適性度
  • 自然保護官に必要な10の資質
  • 解説で自然保護官に必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

自然保護官とは?

自然保護官とは、国立公園の管理や野生生物の保護、里山の保全など、自然を守る人のことです。

レンジャーとも呼ばれる自然保護官は、自然環境保全地域や世界自然遺産地域の保護管理、国内の生態系に影響を与える外来生物の規制、さらには環境に関する教育なども行います。

建物の開発などでむやみに自然が破壊されないようにするのが、自然保護官の役割です。

許可を得た開発行為が違反をしていないかを確認したり、国立公園内の歩道やトイレ、案内施設などを巡回したりして、来場者が快適に自然と触れ合えるようにするのも仕事です。

また、破壊された自然環境に対して、自然再生事業に携わることもあります。

自然保護官になるには?

自然保護官は国家公務員です。

そのため、国家公務員採用試験に合格しなければなりません。

高校卒業後、自然環境保護について学べる農学部や、環境政策学部などがある大学や短期大学に入学し知識を深め、国家公務員採用試験を受験するのが一般的です。

採用までには「官庁訪問」があります。

官庁訪問では、業務説明のほか面接も兼ねているので、仕事に対する意欲を伝えることが大切です。

国家公務員採用試験は難関と言われています。

対策をしっかり行い、受験に臨むとよいでしょう。

試験に合格後、環境省の自然系職員として採用されれば、自然保護官として働くことができます。

自然保護官の給料・年収

複数の調査によると、自然保護官の年収は配属地域や採用区分によっても異なり、200万~300万円くらいです。

初任給は20万~22万円程度が相場ですが、勤務年数によって昇給があるため、40代では600万円ほどの年収になることもあります。

公務員の給与体系に準じて収入額が決まっているので、数年で何千万円も稼ぐ、ということはできませんが、国家公務員なので収入は安定していると言えます。

自然保護官は扶養手当や通勤手当、住居手当などの手当支給も充実しています。

長く勤務するほど役職に就くこともあり、定年まで安定した収入を得られるでしょう。

自然保護官の就職・転職先(求人)

自然保護官は全国の地方環境事務所の自然保護官事務所、もしくは国立公園管理事務所に勤務します。

勤務地は原則選べないので、要望に合った地域で仕事ができるとは限りません。

総合職と一般職で頻度は異なりますが、通常2~3年で転勤となります。

自然保護官は転勤が多い仕事ですが、日本各地の自然を守る重要な役割を担っています。

自然保護や環境保全については国内だけでなく、世界中が注目していることで、海外で仕事をすることもあります。

赴任先では一般市民向けのイベントなどを行い、自然保護に関して興味を持ってもらう活動なども行います。

転勤先でさまざまな業務を経験することで、キャリアアップができるでしょう。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0