理想の就活/転職のための
自己分析サイト

本ページはマイナビ社などの広告が含まれています

パラリーガルに向いている人、向いてない人【適性診断テスト】

あなたは今パラリーガルの仕事に
興味がありますか?

この診断を受けると
あなたがどのぐらいパラリーガルに
向いているかわかります。

10問2分の質問に答えて
適性をチェックしましょう。

スポンサーリンク

パラリーガルに向いている人?向いていない人?
『 適性診断の結果サンプルページ 』

あなたの診断結果

あなたのパラリーガル適性診断結果

あなたの適性度は45%で、パラリーガルの仕事に対して極端な向き不向きはないようですが、どちらかと言えば向いていない寄りです。パラリーガルを目指したい場合は、診断結果の詳細を読み込んで自分に足りている部分と足りていない部分を理解するようにしましょう。大事なことは、仕事を通して「長所を活かせそうか」「短所を許容、克服できそうか」です。両方ともOKであれば是非目指してみてください。

パラリーガルに必要な10の資質と
あなたの適性判定

ID資質判定
1.人をサポートするのが得意
2.書類作成や整理が得意
3.長期間勉強を続けられる
4.コミュニケーション能力がある
5.メンタルが強い
6.責任感がある
7.マルチタスクが得意
8.行動力がある
9.指示待ちより自分で考えるのが得意
10.細かな気遣いができる
スポンサーリンク
\この診断を受けたい方はコチラ/
パラリーガル適性診断を受ける(2分)

診断結果の解説

『 人をサポートするのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

パラリーガルは、弁護士を補助する仕事です。弁護士はやらなければならないことがたくさんで、ひとりでは手一杯になってしまうことが多いです。その負担を軽減するために、法律に関する専門的な知識を持っているパラリーガルがサポートを行います。基本的に、裁判所への出廷や法律の相談など、表立った仕事は弁護士が行います。パラリーガルの仕事は、あくまでも裏方です。そのため、表に出なくても特に問題はない、裏で人をサポートするのが得意という人が、パラリーガルに向いています。

『 書類作成や整理が得意 』

十分に兼ね備えている

パラリーガルの仕事は非常に多いですが、大部分は事務作業です。依頼された案件に関する情報をパソコンに入力したり、必要な書類を作成したりします。また、弁護士のスケジュール管理や電話対応など、秘書のような仕事も、パラリーガルの仕事に含まれていることが多いです。そういった事務仕事が基本なので、事務仕事ができる人がパラリーガルに向いています。場合によっては、1日中書類作成をすることもよくあるので、座りっぱなしで作業をするのが苦痛という人は、パラリーガルには向いていません。

『 長期間勉強を続けられる 』

兼ね備えていない

パラリーガルが弁護士のサポートを行うためには、法律の知識を身に付けなければなりません。そして、法律は毎年改正されるものなので、パラリーガルは常に勉強をし続ける必要があります。よって、勉強が得意で、複雑な法律に関しても、しっかり学び続けられるという意欲がある人が、パラリーガルに向いています。勉強が苦手な人では、弁護士の足を引っ張ることになりかねないので、パラリーガル向きではありません。

『 コミュニケーション能力がある 』

そこそこ兼ね備えている

パラリーガルは、弁護士や他の事務所スタッフと、連携しながら仕事をするのが基本です。そのため、コミュニケーション能力が欠かせません。また、クライアントとの相談を、パラリーガルが担当することもよくあります。クライアントから必要な情報を引き出すためにも、コミュニケーションが必要です。したがって、どのような人が相手でも、言葉でしっかりやり取りができる、コミュニケーション能力がある人が、パラリーガルに向いています。

『 メンタルが強い 』

兼ね備えていない

弁護士のところに入ってくる依頼は、相続問題や離婚調停、債務整理など、法律的なトラブルに発展するものも非常に多いです。パラリーガルもその依頼に携わります。そのため、人の汚い部分や、家族同士で争っている様子などを目にすることになるでしょう。それでも、心が折れることのない強いメンタルを持っている人が、パラリーガルに向いています。また、パラリーガルが電話窓口を担当する場合、依頼者と争っている相手からクレームが入ることもよくあります。そのクレームに冷静に対応するためにも、メンタルの強さが必要です。

スポンサーリンク

『 責任感がある 』

そこそこ兼ね備えている

パラリーガルの仕事は、あくまでも弁護士のサポートですが、責任は伴います。必要な書類を用意できていなかったり、スケジュール管理を間違ったりすれば、弁護士の仕事に支障を来します。その結果、依頼者の人生を狂わせてしまう可能性も十分あります。そのようなことにならないために、責任感を持って働ける人が、パラリーガルに向いています。

『 マルチタスクが得意 』

そこそこ兼ね備えている

パラリーガルの仕事は基本的には事務作業ですが、データ入力や書類作成、電話担当など、種類が非常に多いです。そして、複数の作業を同時進行しなければならない場合も非常に多いです。また、複数の依頼に関する事務処理を、まとめて進めることも少なくありません。そのため、数多くの作業を同時進行させられる、マルチタスク能力がある人が、パラリーガルに向いています。ひとつの作業だけをしていたい、数多くの仕事ではパニックになってしまうという人は、パラリーガル向きではありません。

『 行動力がある 』

だいぶ兼ね備えている

パラリーガルの仕事は、スピードが重要になることが多いです。パラリーガルの仕事が遅れると、弁護士の足を引っ張ることになる恐れがあります。そのため、弁護士から指示されたら、すぐに動ける行動力がある人が、パラリーガルに向いています。仕事を先送りにしたい、中々行動に移せないという人は、パラリーガルには向いていません。

『 指示待ちより自分で考えるのが得意 』

そこそこ兼ね備えている

パラリーガルは基本的に、弁護士からの指示を受けて行動します。ただ、弁護士は多忙なので、常に指示を受けられるとは限りません。また、些細なことを毎回弁護士に確認すると、弁護士の仕事の邪魔になってしまいます。そのため、ある程度自分で考えて行動できるという人が、パラリーガルに向いています。

『 細かな気遣いができる 』

そこそこ兼ね備えている

パラリーガルは、忙しい弁護士の足を引っ張らないよう注意しながら、サポートをしていかなければなりません。そのためには、細かな気遣いが必要です。弁護士がどういったサポートを必要としているか、どのようなタイミングで報連相をすれば良いのかなど、色々と気を遣って考えられる人は、パラリーガルに向いています。また、様々な問題を抱えて相談に来る依頼者を傷付けることなく、適切な対応をするためにも、気遣いが必要です。

スポンサーリンク

結果をシェアできます

判明したあなたの結果を
SNSでみんなにシェアしよう!

※シェアすると下の画像とテキストが投稿されます

あなたのパラリーガル適性診断結果シェア画像

《 評判の良い転職サービス3選 》

転職を考えるなら評判の良い以下3つがオススメです。

1位 マイナビエージェント

└20~30代の若手向け求人が豊富

2位 doda

└転職者満足度1位で業界2位の求人数

3位 リクルートエージェント

└業界最大手で転職支援実績No.1

\この診断を受けたい方はコチラ/
パラリーガル適性診断を受ける(2分)

この適正診断テストでわかること

  • パラリーガルに向いているか向いていないか
  • パラリーガルの職業適性度
  • パラリーガルに必要な10の資質
  • 解説でパラリーガルに必要資質の詳細
  • あなたがそれぞれの資質をどの程度持ち合わせているか

パラリーガルとは?

パラリーガルは、もともとはアメリカで生まれた職業で、日本語では法律事務員などと呼ばれる場合もあります。

その役割は、主に弁護士の指示に基づいて法律関係の事務をサポートするというものです。

主な仕事の内容は、契約書や遺言書などの法的な書類の作成や、過去の判例に関する調査などとなっており、弁護士のように法的なアドバイスをすることはできません。

それ以外にも、法律事務所によっては細々とした事務作業を担うケースも多く、場合によっては事務所にかかってくる電話の対応や弁護士のスケジュール調整などを行うこともあります。

パラリーガルになるには?

パラリーガルとして働くためには、特別な資格は必須ではありません。

ただし、法律文書の作成などを担うことから、司法書士や行政書士などの法曹関係の資格を取っておいて損はないでしょう。

それ以外に法律事務所において秘書的な役割を任されるケースもあるので、そういった業務をスムーズにこなせるように秘書検定を取得しておくというのもおすすめです。

また、事務所によっては海外とのやり取りが頻繁に生じるところもあるので、より仕事の幅を広げたいということであれば、英語力を鍛えるためにTOEICでハイスコアを目指すというのもよいでしょう。

パラリーガルの給料・年収

パラリーガルの年収は、勤務先の事務所によって必ずしも一律ではないものの、あるキャリアエージェントの調査によると概ね370万円前後が平均的な水準であるとされています。

ただし、これはあくまでも平均値であり、法律事務所に就職してから数年間は200万円から300万円程度で、その後、キャリアを積んでいくにつれて少しずつアップしていき最終的には300万円から400万円程度になるというのが一般的です。

なお、一言でパラリーガルといってもその役割は様々であり、例えば司法書士の資格を取得してより高度な法律文書の作成を担えるようになれば、平均よりも高い年収を得ることも可能です。

パラリーガルの就職・転職先(求人)

パラリーガルとして働く場合、最初に就職するのは多くの場合において法律事務所となります。

事務的な仕事を中心にキャリアアップを図っていきたいということであれば、まずは中小の事務所に数年間勤務した上で、より大手の事務所に転職するというのがよいでしょう。

一方、より法律関係の専門的な業務に従事したいという場合には、パラリーガルとして働きながら、弁護士や司法書士といった資格取得を目指すという道もあります。

それらの資格を得ることができれば、パラリーガルから法律の専門家へとキャリアアップすることができるのです。

アプリインストール

Questi公式アプリ 就活/転職の自己分析

株式会社Questi
バージョン 1.0.0